たびこふれ

ベネルクス三国とドイツを8日間で観光!街、食べ物、建物全てが「カワイイ」で埋め尽くされた旅でした♪

記事投稿日:2019/12/13最終更新日:2019/12/13

Views:

2019年のお盆は、ヨーロッパに行ってまいりました!

今回訪れた国は「ドイツ」と、ベネルクス三国と呼ばれる「ルクセンブルク」、「ベルギー」、「オランダ」の4か国です。ほとんどが初めて訪れる国なのでとてもワクワク!

8日間で4か国という大忙しの行程ですが、後悔のないように色んな場所を動き回りました♪♪ 私が撮影した街中の『カワイイ』写真と共にご紹介したいと思います。

まずKLMオランダ航空で日本から直行でオランダへ。やはり乗り継ぎのない直行便はとても楽チンでした♪

▼関連記事:
KLMオランダ航空搭乗レポート!座席や機内食など気になるポイントを詳しくご紹介します♪

目次

1.1 【ドイツ】ケルン

IMG_5910.jpg

まず、ドイツの「ケルン」にあるケルン大聖堂に訪れました!

外観は厳か(おごそか)ですが、下から見たら1番上が見えないほど大きいです。

IMG_5918.JPG

そしていざ中に入ると、ステンドグラスがとても綺麗...

1.2 【ドイツ】ザンクト・ゴアー

IMG_5939.JPG

近くのお土産屋さんをぶらぶら見た後は、ライン川ランチクルーズに乗りに「ザンクト・ゴアー」へ。

IMG_5944.JPG

中で食べるランチはいつものごはんより美味しく感じました♪

ライン川ランチクルーズは約2時間あり充分楽しむことができました。

1.3 【ドイツ】ベルンカステル・クース

IMG_5952.JPG

続いて、「ベルンカステル・クース」へ。

ここはとっても可愛い街!これまで訪れたどの街よりも可愛くてすごく気に入りました♪

IMG_5963.JPG

カフェもたくさんあってゆっくり何時間でもお散歩できそうです☆

2. 【ルクセンブルク

IMG_5989.JPG

早速国境を越え、ドイツからヨーロッパの小さな国「ルクセンブルク」へ。

3日目はルクセンブルクの観光から始まりました!

IMG_6008.JPG

ふらっと散歩してると朝市のようなものが。

このように道でお花を売っているのも、ヨーロッパっぽくてとても可愛いなあと思いました。

▼関連記事:
世界の平均月収ランキング1位!世界一リッチな小国ルクセンブルクってどんな国?

3.1 【ベルギーデュルビュイ

そしてまたまた国境を越え、チョコレート大国「ベルギー」へ!

ベルギー1つ目の都市は世界一小さな街と言われる「デュルビュイ」。

IMG_6014.JPG

着いたらまずランチ!

とっても大きな生ハムを頂きました。美味しかったです。

IMG_6025.JPG

そしてデュルビュイの街を散策♪

石畳の小道や石造りの家が建ち並び、歩いてるだけでもワクワクしてしまいました☆

IMG_6033.JPG

石畳の家の中にも小さなカフェや、アンティークショップ、お土産屋さん、キャンディー屋さんなど、たくさんのお店がありとっても楽しめました♪

▼関連記事:
まるで絵本の中♪世界一小さな都市!ベルギーの「デュルビュイ」散策

3.2 【ベルギー】ブルージュ

続いて「ブルージュ」へ。

IMG_6042.JPG

ブルージュは散策するとチョコレート屋さんがたっくさん!!!

チョコレート好きのわたしにはたまらない、、、♡ たくさん買ってしまいました♪♪

IMG_6049.JPG

IMG_6051.JPG

マルクト広場の1つ1つの建物、どこを見ても全部『カワイイ』〜♡

IMG_6064.JPG

4日目は朝からブルージュの街の散策♪

街並みはやっぱりザ・ヨーロッパという感じでどこを見ても『カワイイ』。

IMG_6071.JPG

特に気に入ったのがこちら「愛の湖」!

夫を亡くした時の涙でできた湖と言われている場所。とてもロマンチックです。。

運河クルーズにも乗り、素敵なブルージュの街を堪能しちゃいました。

3.3 【ベルギー】ゲント

続いて、「ゲント(ヘント)」へ足を運びました。

IMG_6106.JPG

こちらもこちらでザ・ヨーロッパ!石畳がすごく素敵な街並みでした♪

3.4 【ベルギー】ブリュッセル

IMG_6115.JPG

そしてついに、ベルギーの首都「ブリュッセル」へ!

IMG_6111.JPG

こちらは有名な「小便小僧」。初めて見ましたがやはり小さい!けれどかわいい(笑)

小便小僧さん、世界中から服が送られてくるみたいで毎日違う服を着ています。

IMG_6120.JPG

ベルギーといえばワッフル!ということで、焼きたてワッフルを頂きました♪ サイズも大きくて一枚で満足しました。

アイスクリームやチョコレートソースなど色んなトッピングのものもあるので、次はそれに挑戦したいです☆

ブリュッセルは、日本でも人気の高級チョコレート「GODIVA(ゴディバ)」の本店があるということでも有名です。

ブリュッセルでもたくさんチョコレートを買えて大満足♪

▼関連記事:

3.5 【ベルギー】アントワープ

ベルギーで最後に訪れたのが、港湾都市の「アントワープ(アントウェルペン)」。

IMG_6134.JPG

まずは、「ノートルダム大聖堂」。

ただ今工事中ということで貼り紙をしていたのが少し残念、、、ですが、また工事が終わった時に来たいと思います♪

IMG_6136.JPG

中に入ると、キリストの降架、キリストの昇架、聖母被昇天など、有名な絵がたくさんありました。

IMG_6152.JPG

アントワープは「フランダースの犬」の舞台としても有名です。

▼関連記事:
【ベルギー】ミシュラン2つ星レストランのシェフがアントワープにフリッツ屋をオープン!

4.1 【オランダキンデルダイク

アントワープの観光後、国境を越え、この旅の最終地点「オランダ」へ。

まずオランダ1つ目の都市は、風車で有名な「キンデルダイク」です。

IMG_6155.jpg

風車は近くで見るとすごい迫力で、中に入ることもでき、意外と広くて驚きました!

是非訪れたら入ってみていただきたいです!

4.2 【オランダ】ハーグ

続いて「ハーグ」へ。

IMG_6176.JPG

「マウリッツハイス美術館」を訪れました。

こちらでは有名な真珠の耳飾りの少女の絵などが飾られており、こじんまりしていますが密度は濃くて楽しむことができました♪

IMG_6189.JPG

そしてオランダは、自転車が多い国として知られています。

本当に自転車が多い!

自転車専用道路がどこにでもあり、そこを横断する時は歩く人が気をつけなければならないという文化です。

また驚いたことに、ほとんどの自転車にはブレーキが付いていないのです。

日本ではありえないことですね。

4.3 【オランダ】フォーレンダム

オランダの北に位置する「フォーレンダム」へ。

IMG_6212.JPG

アイセル湖に面した古い漁村ですが、街並みはやっぱりとってもかわいい!

IMG_6218.JPG

お土産やさんがズラっと並んでおり、チーズ屋さんやストロープワッフル屋さんもありました。

チーズ屋さんの商品は、大体オランダで有名なゴーダチーズ。

お店が工場と繋がっており、作っているところも見学できます。また、嬉しいことにチーズの試食もさせてもらえます♪

IMG_6208.JPG

ストロープワッフル屋さんでは、焼きたてのストロープワッフルが楽しめます。

ストロープワッフルとは、格子状の模様のついた丸く薄い2枚のワッフルの間にキャラメルなどを挟んだお菓子です。

スーパーで売っているのはお土産用にして、こちらで一枚焼きたてを自分用に食べてみるのはいかがでしょうか☆

そしてフォーレンダムで買い物を楽しみ、「アムステルダム」へ向かいました!

4.4 【オランダ】アムステルダム

オランダの首都「アムステルダム」に到着しました。

IMG_6229.JPG

まずはアムステルダムの「国立美術館」を訪ねました。

こちらは昨日訪れたハーグのマウリッツハイス美術館と違ってとっても広い!

オランダの絵画は宗教画が少なく、初心者にはとっつきやすい作品が多いそうです。

IMG_6233.JPG

中でも気に入ったのはこちらの図書館。

まるでハリーポッターの世界。こんな所で本を読んで過ごす休日も素敵ですよね。

IMG_6251.JPG

ひと通り作品を楽しんだ後は、アムステルダムの市内観光を楽しみました♪

IMG_6266.JPG

かわいい街並みにかわいい自転車が映り込み、どこを撮ってもオランダらしい素敵な写真を撮ることができます。

IMG_6268.JPG

そして有名な「アンネ・フランクの家」の前を通りました。

中に入るには完全事前予約制で、当日受付はないようです。次に行った時は事前に予約してぜひ中にも入ってみたいです♪

▼関連記事:

歩いているだけでも楽しいヨーロッパの街並みを大満喫出来ました!

ついに帰国の日。。。。

後ろ髪を引かれる思いで空港へと向かいましたが、アムステルダムのスキポール空港、とっても広い!!!最後までお買い物を楽しんで帰国しました!

移動が多い旅行でしたが、とっっっっても満喫しました♪ 街が可愛いヨーロッパは歩いているだけでも楽しい!また行きたいなぁ、、、と思える旅行でした。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました☆☆

関連記事

ドイツ

ベルギー

オランダ

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/12/13最終更新日:2019/12/13

Views:

ルクセンブルクのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.