たびこふれ

【2018年版】エジプトの治安状況とおすすめ観光スポットをご紹介!ピラミッドや遺跡だけではありません!

記事投稿日:2018/11/21最終更新日:2018/11/21

Views:

2018年11月に久しぶりにエジプトに行ってきましたので、気になる現地の治安状況と最近のおすすめスポットをご紹介します。

目次

エジプトってどんな国?

「エジプト」の国名は皆さん聞いたことがあるかと思いますが、どんな国なのか分からないことが多いかもしれません。そこでまずは、エジプトがどんな国なのか簡単にご説明したいと思います。

  • 人口:約9,300万人
  • 面積:約100万平方キロメートル(日本の約2.7倍)
  • 首都:カイロ
  • 民族:主にアラブ人
  • 言語:アラビア語、都市部では英語も通用
  • 宗教:イスラム教、キリスト教(コプト派)

※いずれも外務省サイトより引用

人口が9,000万人以上と、アフリカの中ではかなり人口が多い国のひとつです。都市部では英語も通じるところは、観光客には助かりますね。

また、年間を通してほとんど雨は降らず、夏は大変暑いです。海外旅行での服装選びは重要なポイント。エジプトの詳しい気候はこちらのサイトをご参照ください。

空港、ホテル、バスなど治安対策の現状は?

空港

カイロ空港.jpg
<カイロ国際空港>

エジプトの首都カイロにあるカイロ国際空港内では、通常のセキュリティチェックはもちろん行われますが、空港の建物に入れるのはチケットを持った人だけだったり、建物から出るときは警察に申告が必要だったりと、大変厳重に警備されています。さらに、空港敷地内では警察車両に先導されたりと、なかなかものものしい感じです。

観光地、ホテル、博物館など

各観光地、ホテル、博物館などの施設に入場する際は、空港などでよく見る手荷物検査をうけます。荷物は機械に通して、ポケットの中のものは全部出して、、、など入るたびにあるので結構面倒ですが、それだけ安全には気を使っているということ。やはり安心感があります。

ホテルセキュリティ.jpg
<ホテル入口>

ホテルの入口はこんな感じです。

ホテルセキュリティ2.jpg
<ホテル入口>

観光バス

また観光バスを利用するときは、場所によっては観光警察が同行してくれます。

バス外観.jpg
<メルセデス製バス外観>

バス自体も最新のメルセデス製バスもあり、ゆったりくつろげそうです。

バス車内.jpg
<バス車内>

最近、道路交通法も改正されて、より交通安全への意識も高まっているようです。でもカイロ市内はまだまだ渋滞がひどく、移動が大変です。

関連記事:
エジプトの首都カイロで地下鉄に乗ってみました。

地中海沿岸の町「アレキサンドリア」

アレキサンドリア町並み.jpg
<アレキサンドリアの町並み>

沿岸部に位置する町「アレキサンドリア」。エジプトのイメージというと「ピラミッド」や「巨大な遺跡群」、そして「砂漠」などと思っている方も多いのでは。そんな皆さんのイメージとはチョット違った雰囲気の町がこのアレキサンドリアです。

2アレキサンドリア町並み.jpg
<アレキサンドリアの町並み>

こんな素敵な町並みかと思えば、、、

アレキサンドリア馬車.jpg
<馬車>

馬車があったり、

アレキサンドリア三輪タクシー.jpg
<三輪タクシー>

三輪タクシーがあったりと、なかなか楽しませてくれます。

アレキサンドリアタクシー.jpg
<黒と黄色が目印。アレキサンドリアの町中を走るタクシー>

またこんな、クラシカル?と言うか、風情のある?と言うか、何とも言えないタクシーもアレキサンドリアの町中を走っていました。

ちなみにエジプトでは、都市ごとにタクシーの色が決まっており、アレキサンドリアは黒と黄色が目印。これなら目立ちますよね。カイロは白だったりと、違いがあって面白いです。

思わず写真を撮りたくなる!おすすめスポット「ヌビア村」

ヌビア村夕景.jpg

今回の旅でオススメしたいのが、ここ「ヌビア村」。エジプト南部の都市「アスワン」から船で30分ほどで到着します。

この辺りはヌビア地方と呼ばれており、その中にあるヌビア村が、最近ヨーロッパの方に非常に人気のあるスポットとなっているそうです。

青い街並みが美しい

ヌビア村夕景2.jpg

ヌビア村民家.jpg

ヌビア村2.jpg

こんな感じで、村の家々の壁が青く塗られていたり、

ヌビア村夕景3.jpg

民芸品店が立ち並んでいたり、ラクダがお出迎えしてくれたりと、歩いているだけでも楽しめそうですね。

ヌビア村の魔よけ「ワニ」があちこちに!!

ヌビア村民家ないのわに.jpg

そしてなんといってもワニ!!

ヌビア村わにのお土産.jpg

ヌビア村民家のわに.jpg

ヌビア村わに2.jpg

ヌビア村では、ワニが「魔よけ」と考えられていて、村のあちこちで見かけることができます。

美しい街並みに、そこかしこに現れるワニと、思わず写真の枚数が増えてしまいます。

訪れたのは夕刻でしたが、それもエキゾチックな雰囲気が増して良かったです。昼はまた違う賑わいで楽しませてくれそうです。

※Googleマップ上にヌビア村が見当たりませんでしたので、上記地図ではヌビア村にあるゲストハウスを指しています。この辺り一帯がヌビア村です。

世界遺産「アブシンベル神殿」を湖の上から船で見学!

アブシンベル船上2.jpg
<船上からのアブシンベル>

エジプトを代表する世界遺産のひとつ「アブシンベル神殿」。今回はちょっと変わって、湖の上から船で見学です。

近くのホテルから船が出ていて、2つの神殿を同時に見れるおすすめ観光です。

アブシンベル大神殿.jpg
<アブシンベル大神殿>

この大神殿の写真を見たら、ピンと来る方も多いのではないでしょうか?

エジプトの定番「ピラミッド」の一味違った風景

言わずと知れた「ピラミッド」。エジプト旅行に来たら外せないスポットです。

イメージ3大ピラミッド.jpg
<ギザの三大ピラミッド>

ギザの三大ピラミッドって有名ですよね。「クフ王」、「カフラー王」、「メンカウラー王」の3つのピラミッドのことですが、今回はいつもとは一味違うピラミッドの景色を2つご紹介します。

その1. 逆さピラミッド

逆さピラミッド.jpg

ひとつ目は、ピラミッドの見えるホテルとして有名な「マリオット メナ ハウス カイロ ホテル(Marriott Mena House, Cairo)」。ピラミッドビューの部屋があったりと大人気のホテルです。

そのホテルのオープンカフェから、こんな景色が見られます!池に映る「逆さピラミッド」です。こんな景色、なかなかお目にかかれませんよね。

>「マリオット メナ ハウス カイロ ホテル(Marriott Mena House, Cairo)」公式サイトはこちらから

関連記事:
今エジプトが空前の観光ブーム!一生に一度のエジプト旅行なら、ピラミッドの見えるホテルはいかがですか?

その2. ピラミッドが同時に9つも見られるスポット

そしてもう一つ、なんとこのピラミッド展望台からは、ピラミッドが一度に9つも見れてしまうんです!

ピラミッド9つサッカラ方面.jpg

ごめんなさい。ワイドすぎて写真に納まりきれないので、分割してお届けします。

ピラミッド9つ裏側.jpg

実際は是非現地で楽しんでみてください。

おまけ面白写真顔加工希望 - コピー.jpg

こんな面白写真も撮れますよ!

このピラミッド展望台の位置は、上記地図が示す「ラクダ乗り場(Panorama - Giza/Camel Riding)」から少し下の、二又の道の辺りです(分かりますかね?)。

関連記事:
世界七不思議エジプトのピラミッド。ケンタッキーのフライドチキンをスフィンクスが狙っているって本当?

【おまけ】蜃気楼が見れました!

蜃気楼.jpg

砂漠道路を移動中、蜃気楼を見ることができました。初めて見たのですが、遠くにまるで実際にあるかのような景色は、ちょっと感動的であり不思議な感覚でした。

これからがベストシーズンのエジプトへ!

ピラミッドラクダ.jpg

エジプトは10月~4月がベストシーズンと言われています。今回ご紹介したおすすめスポットも是非体験してみてください!

関連記事

観光編

グルメ編

ホテル編

プロフィール画像
この記事を書いた人
はしご@8450
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/11/21最終更新日:2018/11/21

Views:

エジプトのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.