たびこふれ

【アイルランド旅行】コネマラ山地(3)カイルモア修道院とお城を紹介!秘密の花園のようなビクトリア朝のガーデンも必見!

記事投稿日:2021/10/13最終更新日:2021/10/13

Views:

カイルモア城

アイルランド西部を旅行するならコネマラ山地のカイルモア修道院とお城は、ぜひおすすめです。現地バスツアーも組まれており毎年多くの観光客がヨーロッパ中から訪れます。まるで秘密の花園のようなビクトリア朝のガーデンは高い塀でかこまれており、大西洋の潮風と険しい山々の吹きおろしから花と野菜を守っています。カイルモア修道院とカイルモア城は愛情と深い悲しみの歴史を持っていますが、今は長い時を経て優しく静かに佇んでいます。

この記事では、コネマラ山地のカイルモア修道院とお城、そしてビクトリア朝のガーデンをご紹介します。

>>コネマラ山地(1) アイルランド西部の秘境マスク湖をドライブで周る方法 釣り・トレッキング・宿泊情報なども紹介!
>>コネマラ山地(2) 本当は教えたくない!秘境の氷河湖「Loch Na Fooey」

目次

ビクトリア朝のフラワーガーデン

フラワーガーデン

まずご紹介するのは、カイルモアのお城から敷地内をバスで5分ほど行ったところにある広大なビクトリア朝のフラワーガーデンです。時間がある場合は、先にお城と修道院をまわってからゆっくりとガーデンをまわることをおすすめします。バスはシーズン中は2本運行しており、5分~10分の待ち時間で乗れます。

フラワーガーデン

バスの停留所から徒歩5分ほどの場所にフラワーガーデンの入口があります。アイルランドでは良く見かけるお花から珍しい品種までさまざまなお花が色とりどりに咲き乱れる様子はまるで秘密の花園のよう。険しい山々と高い塀に囲まれているせいか、人が少ないときはとても静かな気分で過ごせます。ベンチもあるので休憩するのにもおすすめですよ。

バス停のすぐ目の前にはカフェもあるので、こちらで休憩することも可能です。

ガーデンやお城の様子は私のYouTubeチャンネル「アイルランド田舎暮らし」でも紹介する予定なので、動画で見たい方はぜひチェックして見てください。

>>YouTube「アイルランド田舎暮らし」はこちら

豪華なお城の内部と編みかけのクロシェ

カイルモア城

とても運が良いことに私がこのお城を訪れたときは閉館40分前で誰もいませんでした。窓はすべて解放され、優しいそよ風と太陽の光が城内の至る所に入ってきます。まるで何世紀も時が止まっているかのような静けさでした。

カイルモア城は別名コネマラ城とも呼ばれています。建てられた当時から新聞の記事で紹介されたりと、コネマラの人たちの注目の的であったことが分かります。

カイルモア城は、1868年に医師ミッチェル・ヘンリーによって建てられました。ミッチェルはロンドンのアイルランド系の裕福な家庭に生まれました。事業で成功したミッチェルの父が亡くなると莫大な遺産を相続しイギリスでも指折りのお金持ちになります。

カイルモア城 ダイニング

その後、カイルモア城は最愛の妻であったマーガレットに影響されて建てられました。イタリアの職人も建設に携わったそうです。当初はお城というよりは家族で住むための豪華な邸宅として建てられましたが、後にゴールウェイの国会議員になったミッチェルは、このお城の建設によって貧困や病気に苦しむコネマラの人々に雇用と経済成長をもたらしました。

後にミッチェルからイギリス貴族に譲渡され、オーナーも変わり何度か改装されて今に至ります。現在も、訪れる人が当時の生活を感じられるよう工夫されて個人の所有物が展示されてあります。

カイルモア城 居間

エントランスルームからダイニングにいたるまで豪華絢爛で目を見張るような高級品ばかりですが、私が一番おすすめしたいのは居間です。20畳ぐらいの部屋にソファーやピアノ、ゆりかごや赤ちゃん用の編みかけのクロシェなどが置かれており、当時ここで過ごしたヘンリー一家の幸せなひと時を感じることができるはずです。

静寂と愛情に包まれたカイルモア修道院

カイルモア修道院

ヘンリー一家の幸せなときは長くはつづきませんでした。お城が建てられて間もない1874年、マーガレットは家族とエジプト旅行中に病気に倒れ、45歳の若さで命を落としました。マーガレットの一番下の娘は当時まだ2歳でした。だから赤ちゃんの編みかけのクロシェが居間にあったのですね。その時から時が止まっているかのように感じさせ、胸が痛みます。

カイルモア修道院

ミッチェルは最愛の妻を亡くして悲しみの淵に沈んでいたそうですが、妻のためにゴシック様式の修道院を建設しました。至る所に大理石の柱が施され、彫刻からステンドグラスにいたるまで妥協することなく丁寧に作られています。比較的小さな修道院ですが、これほど豪華で愛情に包まれた修道院はイタリアでもアイルランドでも見つけることはできませんでした。この霊廟地下墓室には、今でもヘンリー夫妻が眠っているそうです。

カイルモア修道院

オーナーが変わったのちの1920年にアイルランドのベネディクト会修道女たちは、第一次世界大戦の戦火を逃れるためにベルギーを脱出。カイルモア修道院と城、そしてガーデンを含む広大な敷地を購入し、2010年に閉鎖されるまで地元の女子たちに教育の機会を提供しながら自立した生活を営んできたそうです。今でも多くの野菜が育てられており当時の様子を垣間見ることができます。

カイルモア修道院とお城へのアクセスや料金

カイルモア修道院とお城へは、車またはバスツアーでのアクセスが可能です。私は車でノック空港近くの自宅からマスク湖経由で行きましたが、2時間弱で着きました。バスツアーはゴールウェイやダブリンの中心地から発着しています。こちらも使ったことがありますが、ツアー料金には入場料金が含まれていないことがあるので、気を付けるようにしましょう。

入場料金は、2021年現在大人15ユーロ、学生は12ユーロです。

カイルモア修道院とビクトリア朝のガーデン (Kylemore Abbey & Victorian Walled Garden)

  • 住所:Kylemore Abbey, Pollacappul, Connemara Co. Galway
  • 営業時間:10〜18時(シーズン中)
  • HP

まとめ

コネマラ山地

この記事では、コネマラ山地の北部にあるカイルモア修道院とお城、そしてビクトリア朝ガーデンをご紹介しました。ガーデンの外には貴重なオークの木の植林地もあり、修道女たちがいかにこの土地の自立生態系を保とうとしてきたのかが分かります。アイルランドを訪れる機会がある方にはぜひおすすめです。参考にしてみてくださいね。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
Maroon
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/10/13最終更新日:2021/10/13

Views:

アイルランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.