たびこふれ

フィレンツェの下町。サント・スピリト地区は路地裏にも注目!

記事投稿日:2014/12/15最終更新日:2019/05/24

Views:

フィレンツェのサント・スピリト広場周辺の地区は下町となっています。このサント・スピリト地区は職人の工房や地元の人が集うバールやショップが多く、観光客が集まるエリアとはまた違う趣。

路地裏散策をしながら、フィレンツェの歴史や地元の雰囲気を感じてみませんか?

目次:クリックで見出しに移動します

アルノ川を超えた先にあるサント・スピリト地区とは

アルノ川左岸に位置する「オルトラルノ(Oltrarno)」と呼ばれるエリアの一つ。オルトラルノとは、「アルノの向こう」と言う意味です。

この地区で最も有名なのが、サント・スピリト広場(Piazza Santo Spirito)です。周辺は地元の人が集まるお店が多く。バールやアンティークショップ、「アンジェラ・カプーティ」などのジュエリー店があります。

関連記事:アンジェラ・カプーティのオシャレな樹脂アクセサリーは、自分へのお土産にピッタリ!

また、意外に思うかもしれませんがサント・スピリト地区周辺には、美味しいシーフードが楽しめるレストランも。フィレンツェと言えばTボーンステーキのビステッカが名物ですが、お魚が恋しいときに大活躍するお店もあります。

関連記事:トスカーナ地方でも美味しい魚が食べられる?しかも夜遅くまで営業!おすすめのレストラン2軒

参考:Googleマップ

サント・スピリト地区の歴史を感じながら散策しよう

サント-スピリト-地区-フィレンツェ-01.jpg
<趣のある裏路地。奥にはトラットリアの看板が見えます>

サント・スピリト地区は職人の工房が多いエリア。マーブル紙や本の装丁、銅版画と言った繊細なものを扱う工房が中心。現在はフィレンツェ各地や海外に出店している文具店「Il Papiro」も、この地区で行われているマーブル紙作りの技術を受け継いでいます。

関連記事:世界に二つとないお土産はいかが?フィレンツェの「イル・パピロ(IL PAPIRO)」でマーブル紙づくりを見学!

サント-スピリト-地区-フィレンツェ-02.jpg
<アルノ川を眺めつつカフェでのんびり>

サント・スピリト地区の治安について

サント-スピリト-地区-フィレンツェ-03.jpg
<素敵な建築に囲まれた路地裏。上部のアーチは「ヴァザーリの回廊」です!>

地元の人で賑わう下町エリアと言うことで、観光客は近づきづらいエリアに思われるかもしれません。

でも、日中に関しては治安が悪いというクチコミも少なく(※)、旅行者でも比較的安心して移動できます。「路地裏」と聞くと日本でもアングラな印象を受けますが、サント・スピリト地区は比較的歩きやすいエリアと言えるでしょう。

ヴェッキオ橋の上を通る「ヴァザーリの回廊」の道筋を辿り、ピッティ宮殿に着いてからサント・スピリト広場へ向かいつつ路地裏散策......という体験もできます。

※編集部註:もちろん、日本とは違うのでスリ対策など基本的な備えは大切です。夜間は避けるなど、安全を一番に考えて散策しましょう。

サント・スピリト地区を散策するときに知っておきたいこと

サント-スピリト-地区-フィレンツェ-04.jpg
<路地に差し込む夕日。ドラマティックな風景です>

日本人の方で初めてサント・スピリト地区を歩くときは、次の2点について知っておきたいところです。

まずは言葉。地元に根差したお店が多く、英語が通じないこともあるので積極的にコミュニケーションを取りながら散策するのは、少しハードルが高いかもしれません。

しかしながら現代は翻訳サービスもある時代。事前に翻訳・辞書アプリをスマートフォンなどに入れて、観光エリアではないフィレンツェの一面を知るのも良いでしょう。

続いて道。石畳で覆われており、コンクリートのように平らではなくボコボコとしています。一部の道は石が取れていることもあるため、ヒールは控えましょう。スニーカーなど、履き慣れた歩きやすい靴がベターです。

フィレンツェを訪ねたとき、もし時間がある場合はのんびり路地裏散策をしてみては?観光名所を中心に巡るルートとは、一味異なるフィレンツェの雰囲気を味わえるはずです。

写真:Italyii(イタリィ)編集部

この記事と一緒に読みたい関連記事

【モデルコースつき】お財布にやさしい!学生向けフィレンツェ観光プランと買い物のコツ

肉好きさん必見、フィレンツェでおすすめのビステッカを食べ比べ!

フィレンツェの「ポンテ・ヴェッキオ(ヴェッキオ橋)」は、逸話だらけの奇跡の橋

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2014/12/15最終更新日:2019/05/24

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.