たびこふれ

アイルランドの可愛いと真心がたくさん詰まったお土産&テイクアウトのお店「RUA DELI & SIOPA」を紹介!

記事投稿日:2022/08/09最終更新日:2022/08/09

Views:

cafe Rua

アイルランドを訪れるとき、「アイルランドらしさ」を求めてお土産や食べ物を探す人も少なくないでしょう。

そんな方にぜひおすすめしたい場所がメイヨー県です。メイヨー県は、アイルランド特有の美しい自然を満喫できるだけでなく、地元産の新鮮な食材が手に入る魅力が!今回は、そんなメイヨー県でヘルシーで真心のこもった自家製料理を30年近く提供するカフェ「CAFE RUA」の2号店でテイクアウトのお店「RUA DELI;SIOPA」をご紹介します。店内には可愛いくてセンスの良い雑貨コーナーもあり、Made in アイルランドのお土産を探している人にもぜひおすすめです。

目次

「RUA DELI;SIOPA」があるカスルバーとはどんな場所?

RUA DELI;SIOPA

今回、「CAFE RUA」と「RUA DELI;SIOPA」オーナーであるカレンさんからたくさんお話を聞くことができました。

カスルバー(Castlebar)は今でこそメイヨー県で一番大きな街になりましたが、およそ20年前まではそこまで大きくはありませんでした。しかし次第に整備され、今では有名な大手スーパーや地元の個人商店が立ち並ぶマーケットタウンとして栄えています。また、大学病院や大学などもあり、地方都市としての重要な役割も担っています。

カスルバー

雨の日には、ショッピングをするために周辺のウェストポートから観光客がやってくるそうです。実は、元首相のレオ・バラッカー(Leo Vadker)氏もプライベートでよく訪れるそうです。

「CAFE RUA」と「RUA DELI;SIOPA」の歴史

CAFE RUA

1号店「CAFE RUA」は、1995年に誕生しました。もともとホテルで働いておられたカレンさんのお母さまが、新鮮な地元産の食材を活かして、クオリティーの高い自家製料理を提供するカフェを立ち上げたそうです。

当時はまだ「Wholesome food(ヘルシーで美味しい食べ物)」の概念はなく、すべて自家製で、一から調理し、提供するという概念もなかったそうです。そんな先駆的なスタイルのカフェは次第に人々に受け入れられ、リピーターが増えていったそうです。

私は実際にカフェの方でも食事をとりましたが、とても美味しくて感動しました。そして、開店当時まだ子供で、もう30年近く毎週通っているという常連客にも会うことができました。店内はいつ行っても満員で行列ができており、地元の人にいかに愛されているのかが分かります。

CAFE RUA

立ち上げ当時からお母さまを支えていた娘のカレンさんがお店を引き継ぐ頃には、2号店も出店するまでに成長したそうです。15年前にオープンした2号店「RUA DELI;SIOPA」は、テイクアウトを中心に展開しており、カフェで長い時間待たなくても家に持ち帰って「CAFE RUA」の味を楽しめることで人気です。

店内

自家製のアップルパイやチーズ、ブラウンブレッド、サラダパスタ、季節を代表するお花などが売られています。すべてメイヨー県内から届けられた新鮮な食材を使用。コロナの影響があったこの2年間も2号店はとても人気で、お客が後を絶たなかったそうです。

テイクアウト可能なヘルシーな自家製料理

店内

店内に入るとまず目に入るのが、ブラウンブレッドやクロワッサン。焼きたての香ばしい香りに包まれます。こちらの店舗も人気で、朝から店内に並ぶ人達の姿が確認できますね。

ショーウィンドウ

ケーキやサラダの種類も充実しています。どれにするか迷ってしまいそうですね。

店内

右側の棚にはワインも陳列しています。ここだけで、食事やお酒、おつまみまで揃うので便利です。子供からご老人まで幅広い世代のお客さんが並んでおり、地元の人に愛されているのがよく分かります。

サンドイッチとサラダ

サンドイッチやサラダなど、さっぱりとした軽食も充実しており、ヘルシーなものを食べたい人にはぜひおすすめです。

有機野菜

地元のオーガニック農園の新鮮な有機野菜も販売されています。

「RUA DELI;SIOPA」で出会うMade in アイルランドの雑貨たち

「RUA DELI;SIOPA」にはアイルランドで作られた雑貨がたくさんあります。ほとんどすべてがアイルランド国内で作られたもので、自分やお友達へセンスの良いお土産を探している方には、ぜひおすすめです。

Made in アイルランド

ブラウンブレッドの下の棚に置かれているのは、コルクのカップホルダーがついたコーヒーカップ。その名も「Brew Cup」。なんだかおしゃれなネーミングですね。グラスタイプは珍しく、見た目がとてもお洒落♡蓋がついているタイプなので、外出先や職場でも使えそうです。さらに下の段には、Farmの手作りポテトチップスが置かれています。

お茶や保存食

お店の奥の棚には、ありとあらゆる物がたくさん置かれています。お茶、コーヒー、保存食など。お洒落なパッケージデザインを見ているだけでも、なんだか楽しくて幸せな気分になりました♡

タンブラー

お洒落なタンブラーを発見。お隣にはカトラリーケースというアイデア商品もあります。日本で以前流行ったマイ箸を思い出しますね。アイルランドでも、マイカトラリーを持ち歩く人がコロナ以降増えています。店内では食事をとれない日々が続いたのが原因と思われますが、マイカトラリーがあれば近くの公園や車の中でテイクアウトしたものをお手軽に食べられます。

SDGs

こちらは、センスの良いナチュラルモチーフがプリントされているアイリッシュ・リネンのエプロンとティータオル。ティータオルと書かれてありますが、実際にはBeewaxの何度でも使えるキッチンラップです。最近アイルランドでも、こういったSDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を意識した商品がどんどん登場しています。

オリジナルブレンドコーヒー

「CAFE RUA」のオリジナルブレンドコーヒーも発見。私も飲んでみたのですが、とても新鮮でひき立てのフレッシュな香りがしました。どちらかというと濃いめの味なのでミルクとブレンドするとちょうど良いと思います。こちらも、メイヨー県内で焙煎されているそうです。

ハンドケアセット

こちらはダブリンで作られたハンドケアキット。主に植物由来の成分が使用されています。真ん中に置かれているのは、オファリー県でつくられている蜜蝋のロウソクとバームです。右隅にはコーク県で印刷されたユニークな本が並びます。タイトルを見ただけで、思わず手にとって読んでみたくなるようなタイトルです。

カードスタンド

コーナーの隅にはカードスタンドがあり、アイルランドで印刷されたカードを発見!アイルランド語で乾杯!の文字が印刷されています。シンプルですがお洒落でユーモアのあるカードです。

お店の情報&アクセス

RUA DELI;SIOPA, Spencer Street(今回取材をしたテイクアウト&お土産のみのお店)

  • 住所: Spencer St, Gorteendrunagh, Castlebar, Co. Mayo, Ireland
  • 営業時間:月~金曜 8:00~18:00、土曜 8:30~18:00、日曜 10:00~15:00
  • TEL:094-928-6072
  • 公式サイト:Cafe RuaInstagram

CAFE RUA, New Antrim Street (食事ができる1号店のカフェ)

  • 住所:2 New Antrim St, Knockthomas, locations, Co. Mayo, F23 E177, Ireland
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 定休日:日曜日
  • TEL: 094-902-3376
  • 公式サイト:Cafe RuaInstagram

まとめ

今回は、アイルランドならではの味が楽しめてお土産も買える「RUA DELI & SIOPA」の魅力をご紹介しました。「RUA DELI & SIOPA」は、特にヘルシー志向の方におすすめですが、素材だけでなく味にもこだわりがあるお店です。本格的に食事をとるなら1号店「Cafe Rua」もぜひおすすめです!

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
Maroon
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/08/09最終更新日:2022/08/09

Views:

アイルランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.