たびこふれ

世界初の塩のホテル、パラシオ・デ・サル

記事投稿日:2022/07/28最終更新日:2022/07/28

Views:

Hanan Pacha

ウユニ塩湖に来たらぜひ泊まりたいのが塩のホテル。塩湖から切り出した塩のブロックで造られた、正真正銘の塩のホテルです。コルチャニ村から塩湖方面へ4kmほど進んだところにある4軒の塩のホテル(うち1軒は半休業状態)のうち、今回私が選んだのは、旅行クチコミサイトでダントツの人気を誇る「Hotel Palacio de Sal(ホテル・パラシオ・デ・サル)」。"塩の城"という名のラグジュアリー感あふれる4つ星ホテルです。

目次

世界初の塩のホテル

2004年開業のホテル・パラシオ・デ・サル、その公式ページには「世界初の塩のホテル」といううたい文句が並んでいます。しかし世界初といえば、前回ご紹介した「Hotel Playa Blanca(ホテル・プラヤ・ブランカ)」のほうが古いはずでは?

実を言うと、ホテル・プラヤ・ブランカとホテル・パラシオ・デ・サルはどちらもボリビアのホテル王ファン・ケサダ・バルタ氏の手によるもの。同氏はウユニ塩湖の素晴らしさを世界に広めようと、1993年に塩湖の中心部で世界初の塩のホテルの建設に着手しました。2年後に完成した塩のホテルの敷地面積は6,000平方メートルと広く、宿泊施設に加え博物館やゴルフ施設まであったそうです。

しかし、施設から排出されるゴミや汚水が塩湖の環境を破壊するとして近隣コミュニティから苦情が続出、2002年に無期限の閉鎖命令が下されました。バルタ氏はこの決定に対し、閉鎖は不当であると主張して争いましたが、再開は厳しいと判断しホテルの移転を決意。環境保護対策を施した国際的なホテルとして、2004年に現在の場所で営業を再開したというわけです。

>>前回の記事「【ボリビア】魅力満載!ウユニ塩湖と首都ラ・パス8日間の旅」はこちら

南十字星を表すアンデスクロスの形をしたホテル

ホテル・パラシオ・デ・サル

ホテル・パラシオ・デ・サルの敷地面積は4,500平方メートル。42の客室とレストラン、バーラウンジ、スパを併設したジャグジー付き温水プールを備えています。

標識

入り口横には木製のこんな標識があり、ホテルの標高は3,665m、ホテルからポトシ中心部まで173km、インカワシ島までは68.7kmと書かれています。

フロントロビー

フロントロビーの2階には全面ガラス張りの展望室があります。椅子やテーブルが置かれているので、お気に入りの本を持ち込んで読書を楽しむのもいいですね。またここからなら外の寒さに震えることなく、サンライズやサンセットを堪能することもできます。

館内の様子とゆったりくつろげるお部屋

ホテル・パラシオ・デ・サル館内

私がホテルにチェックインしたのは夕方4時すぎ。ツアーを早めに切り上げてもらったおかげでホテルにはまだほかの宿泊客が到着しておらず、ほぼ貸し切り状態でした。ロビー中央の暖炉にはまだ火がともされていませんでしたが、日没後は赤々とした炎が宿泊客を温かく迎えてくれます。

バーラウンジ

夕暮れ直前のまぶしい光に包まれるバーラウンジ。ビリヤード台やちょっとしたゲームが置かれているので、ウェルカムドリンク片手に遊んでみるのはいかがでしょう?

ショップ

コルチャニ村やウユニの町ではお目にかかれない洗練されたデザインのアクセサリーや、おしゃれなアルパカ毛のニット、小物が並ぶスーベニールショップもあります。

共有スペース

館内の至るところに共有スペースがあり、ゆったり過ごすことができます。

巨大なアンデスクルス(アンデスの十字架)

真っ白な塩の塊を削って作られた巨大なアンデスクルス(アンデスの十字架)。館内はとてもシンプルですが、要所要所に塩でできたオブジェを配し、ウユニらしさが演出されています。

Hanan Pacha

こちらは「Hanan Pacha(ハナン・パチャ)」と呼ばれるスイートルーム、ハナン・パチャとはインカの死生観でいう三界のうち「天国または天界」のことです。部屋の広さは46平方メートル。

ウユニ塩湖を臨む広々とした窓と、塩のブロックでできたドーム型の天井が印象的なベッドルームと、ソファーやビジネスデスクを配したリビングがあります。真っ白で清潔感のある塩の壁と、ぬくもりを感じさせる木製の床や天井のバランスもいいですね。こんな素敵なお部屋に泊まったら、もう外には出たくなくなってしまいます。

ホテルのジャグジーは絶好の夕陽見学スポット

スパエリア

ホテル・パラシオ・デ・サルに宿泊したらぜひ利用したいのが、ホテル自慢のスパエリア。予約制で利用時間は一組当たり1時間が基本ですが、空いていれば延長もできます。温水プールの右奥にはジャグジーがあり、ツアーで疲れた体を癒すにはもってこい。木製チェアも寝心地がよく、まったりとした時間が過ごせます。

スパではウユニ塩湖の塩や火山泥、ハーブやフルーツを使ったマッサージが人気。こちらも予約制なので、フロントで確認してみましょう。

ウユニの空

黄昏色に染まるウユニの空。こんな贅沢な時間を過ごせるのは、ホテル・パラシオ・デ・サルだけです。

レストラン「Tika Palace(ティカ・パレス)」

Huari(ワリ)」(右)「Potosina(ポトシーナ)」(左)

スパエリアでリフレッシュした後は、ボリビア伝統の味とインターナショナルなテイストを組み合わせた料理が自慢のレストラン「Tika Palace(ティカ・パレス)」へ。

ボリビアワインをいただきたかったのですが高地ということもあってこの日は控え、ボリビア産ビールで軽く乾杯!ウエイターさんイチオシの「Huari(ワリ)」(右)はホップの香りが強く、クラフトビールのような独特の味わい、「Potosina(ポトシーナ)」(左)は軽めでさっぱりとした喉越しでした。

ただ残念なことに、あまり冷えておらず・・・アンデスではビールを常温で飲む人が多いのですが、さすがにホテルもそうだとは思っておらず迂闊でした。ウユニでビールを注文する際は、よく冷えているか事前に確認してくださいね。

ビュッフェ

この日は"宿泊客が少ないから"という理由で、アラカルトはなくビュッフェのみでした。ここでの食事は大いに期待していただけに、これはとても残念。欧米人や国内旅行者が戻りつつあるとはいえ、やはりまだコロナの影響は大きいようです。

食後はバーラウンジに場所を移して軽く一杯。ボリビア産の蒸留酒シンガニを使ったカクテル「チュフライ(chuflay)」をいただきながら、今日一日を振り返るという贅沢な時間を過ごすことができました。ウユニを訪れた折には、塩のホテルで最高の思い出を作ってくださいね。

Hotel Palacio de Sal/ホテル パラシオ デ サル

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
原田慶子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/07/28最終更新日:2022/07/28

Views:

ボリビアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.