たびこふれ

ハワイ語はハワイ州の公用語!レストランなど街で見かけるハワイ語をご紹介♪

記事投稿日:2020/06/14最終更新日:2020/06/14

Views:

1959年8月25日にアメリカ合衆国の50番目の州となったハワイですが、元々はハワイ王国(Kingdom of Hawaii)という独立国家でした。1893年にサンフォード・ドール などアメリカ移民による革命でハワイ共和国となり、1898年にはハワイ準州、のちにアメリカの州になるという歴史を辿っています。

そんな事情もあり、ハワイ語やフラが禁止された時期など波乱な時期もありましたが、現在はハワイ語の使用もフラをすることも自由。街にはハワイアンたちのアイデンティティでもある、ハワイ語の言葉をいろいろな場所で見たり聞いたりします。 今回は、そんなハワイならではの言葉をご紹介したいと思います!

目次

1. ハワイ語は今もハワイ州の公用語!

2. 街で見かけるハワイ語と意味を紹介!

3. ハワイアン以外も使うその他のハワイ語やピジン・イングリッシュ

4. お土産にしたい!ハワイ語が書かれたアイテム

1. ハワイ語は今もハワイ州の公用語!

ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-01

アメリカ50番目の州であるハワイ州の公用語は、もちろん英語。日常会話はほとんど英語ではあるものの、ハワイ語も公用語として認められています。 2010年のアメリカ国勢調査 によると、ハワイ州の人口が約130万人に対して、先住ハワイアンの割合は1割ほど。また、その98%が混血で、純血ハワイアンは、わずか8,000人ほどと言われています。

ただし、過去にハワイ語の使用を禁じられた歴史的理由もあり、個人所有のニイハウ島を除いては、日常会話でハワイ語を使っている人はごくわずかとなっています。これに対して危機感を覚えたハワイ原住民たちは、伝統あるハワイ語を復興 しようと様々な活動を行っています。

現在は、ハワイのあちらこちらでハワイ語の単語を見かけます。みんなが知っている「ALOHA(アロハ)」は、その中でも一番有名なハワイ語ですよね? ちなみに、アロハにはいろんな意味があり、「ようこそ」、「さようなら」、「ありがとう」、「I love you」も意味する言葉です。 そして、Akahai=思いやり、Lokahi=調和、Olu olu=喜び、Ha a Ha a=謙虚、Ahonui=忍耐の5つのハワイ語の頭の文字を組み合わせた言葉でもあります。

    2. 街で見かけるハワイ語と意味を紹介!

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-02

        それでは、ハワイで見かけるハワイ語の言葉について、シチュエーション別に意味や使い方を解説していきましょう!

    2.1 挨拶に用いるハワイ語

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-03

        ハワイに到着してすぐに聞こえてくるのは、やはり挨拶の言葉ではないでしょうか?空港の係員にアロハ!と声をかけられたら、大きな声でアロハ!と元気な声で返事してみましょう♪

    ★Aloha (アロハ)
    意味:こんにちは、さようなら、愛してます

    ★Mahalo (マハロ)、Mahalo nui loa(マハロ ヌイ ロア)
    意味:ありがとう、どうもありがとうございます

    ★E komo mai (エ コモ マイ)
    意味:いらっしゃい!、ようこそ!

    ★A hui hou (ア フイ ホウ)
    意味:またね!、また今度!

    ★Mele Kalikimaka (メレ・カリキマカ)
    意味:メリークリスマス

    ★Hauoli Makahiki Hou (ハウ・オリ・マカヒキ・ホウ)
    意味:新年あけましておめでとう

    ★Aloha Kakahiaka (アロハ・カカヒアカ)
    意味:おはようございます!

    2.2 レストランで見かけるハワイ語

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-04

        ハワイのレストランに行くと見かけるハワイ語の言葉やメニューは、覚えておくと注文するときなどに便利ですよ!

    ★Ono (オノ)
    意味:おいしい! 意味2:サワラ(魚)

    ★Pupu (ププ)
    意味:前菜やおつまみのことをまとめてこう呼びます。

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-05

    ★Luau (ルアウ)
    意味:宴会、ハワイ式のパーティ

    ★Kaukau (カウカウ)
    意味:食べる

    ★Pau hana (パウ・ハナ)
    意味:Pau(終了)hana(仕事)のことで、つまり仕事が終わってアフター5のこと。メニューに「パウハナ・メニュー」と書いてある場合、ハッピーアワーのことを指します。

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-06

    ★Ahi (アヒ)
    意味:マグロ(特にメバチマグロ)

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-07

    ★Poke (ポケ/ポキ)
    意味:生の魚(マグロやカツオ、サーモンなど)をぶつ切りにして、ハワイアンソルトやタマネギ、ネギ、ククイナッツ、しょうゆやゴマ油で和えた漬けのようなもの。味のバリエーションが豊富にあります。関連記事もぜひご覧ください。

    ▼関連記事:
    日本でも作れる!?ハワイ在住ライターおすすめのポキ・レシピ3選

    ★Aku (アク)
    意味:カツオ

    ★Mahimahi (マヒマヒ)
    意味:シイラ

    ★Manapua (マナプア)
    意味:中華まんのこと。真っ赤なチャーシューが入っているのがベーシック。蒸したものとベイクしたものと2種類があります。

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-08

    ★Lilikoi (リリコイ)
    意味:パッションフルーツ

    ★Kalo (カロ)
    意味:タロイモ

    ★Poi (ポイ)
    意味:タロイモをすり潰して発酵させペースト状にしたハワイアンの主食。ハワイではベビーフードとしても人気。

    ★Laulau (ラウラウ)
    意味:豚肉や鶏肉、白身魚をタロイモの葉で包んで蒸したハワイ料理。

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-09

    ★Kalua Pig (カルア・ピッグ)
    意味:土を掘った中に作ったかまど(Imu/イム)で豚を丸々一頭蒸し焼きにしたハワイ料理。
    ※編集部註:現在では、豚肉をスロークッカーで熱したカルアピッグなども存在します。また、カルアポークと呼ばれることもあります。

    ★Haupia (ハウピア)
    意味:ハワイの伝統的なココナッツプリン

    2.3 人を表すハワイ語

    ハワイではトイレの入り口にMen、Womenと記載されておらずハワイ語で書いてある場所が多いので、KaneとWahineはぜひ覚えておいてくださいね!

    ★Kane (カネ)
    意味:男性

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-10

    ★Wahine(ワヒネ)
    意味:女性

    ★Keiki (ケイキ)
    意味:子供
    ※編集部註:レストランで見かけるKeiki Menuは、「キッズメニュー」を指します。

    ★Tutu (トゥトゥ)
    意味:祖父、祖母
    ※編集部註:主に、子や孫が「おじいちゃん、おばあちゃん」と、親しく呼ぶときに用いられます。

    ★Kamaaina (カマアイナ)
    意味:ハワイの居住者

    ★Haole (ハオレ)
    意味:外国人、白人、よそ者

    ★Kumu (クム)
    意味:先生

    ★Ohana (オハナ)
    意味:家族

    2.4 方角を表すハワイ語

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-11

    ハワイでは東西南北を指す言葉が独特。ワイキキやアラモアナにあるショッピングモール、ホテルといった建物の場所を指す言葉も、ハワイならではの言い回しをしています。 ワイキキ界隈では、北を マウカ、南をマカイ、東をダイヤモンドヘッド、西をエヴァと呼びます(※)。

    例えばシェラトンワイキキから丸亀うどんまで行きたい人に道を聞かれたら、「カラカウア通りをマウカ側に渡って、そのままロイヤル・ハワイアン通りをまっすぐクヒオ通りまで行ったら、クヒオ通りをマウカ側に渡って、ダイヤモンドヘッド側へ1ブロック行った所にありますよ」といった具合です。

    ※編集部註:この表現はワイキキを含むホノルルで用いられています。他の地域では異なる表現となる場合もありますので、ご注意ください。

    3. ハワイアン以外も使うその他のハワイ語やピジン・イングリッシュ

    ハワイに住むカマアイナ(ハワイ居住者)たちは、先住ハワイアンではなくても耳なじんだハワイ語の単語を使っています。 このほか、その昔プランテーション産業に従事した日本や中国、フィリピン、ポルトガル、プエルトリコなどの移民たちが使っていた、いろんな言語が混じった言葉「ピジン・イングリッシュ 」という、ハワイならではの言葉(方言)も多用しています。

    ★Pau (パウ)
    意味:終了、おしまい!

    ★Puka(プカ) 意味:穴。ニイハウ島で採れる貝殻で作ったプカ・シェルのネックレスは高級品として有名ですよね。

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-12

    ★Kokua (コクア)
    意味:世話、手伝い

    3.1 ピジン・イングリッシュ

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-13

    ★Da kine (ダ・カイン)
    意味:英語のThat kind of thing がもとになっています。「~とか」、「ほら」というような意味。

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-14

    ★Howzit (ハウズィット)
    意味:英語のHow is it?「調子はどう?」や「おう!元気かい?」 がもとの意味。ハワイのロコボーイズが最も使用する言葉。

    ★Shoots!(シューツ!)
    意味:英語の「OK!」。

    3.2 ピジン・イングリッシュには日本語の影響を受けているものも

    ハワイで使われるピジン・イングリッシュの中には、日本語がそのまま使われていることもあります。例えば、以下の言葉は意味も含めて日本語のままです。

    • 弁当→Bento
    • 梅→Ume
    • 醤油→Shoyu
    • おにぎり→Musubi
    • おばあちゃん→Bachan
    • バンザイ→Banzai
    • 便所→Benjo
    • おかず→Okazu
    • 草履→Zori

    4. お土産にしたい!ハワイ語が書かれたアイテム

    ハワイのお土産といえば、チョコレートやクッキー、コーヒーが定番中の定番ですが、ハワイ語やピジン・イングリッシュの言葉が書かれたアイテムを選ぶのも、意外な感じで喜んでもらえるかもしれません。

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-15

    ★Tシャツ
    サーフショップに行くと、ロコたちが気に入って着ているピジン・イングリッシュの言葉が書かれたものを取り扱っていいることがあります。見つけたら迷わずゲットです。

    ハワイ語-公用語-レストラン-ホテル-16

    ★看板
    ベッド・バス&ビヨンドやソーハ・リビング、サンド・ピープル などのインテリア雑貨屋を扱うお店には、ハワイらしいデザインや柄、言葉が描かれた看板やプレート、フォトフレームが豊富にそろっています。いつでもハワイを感じていられる雑貨をお探しならマストチェック!

    ★トートバッグ
    ハワイ土産の新定番として今、大人気なのがトートバッグ。お馴染みのディーン&デルーカやホールフーズ、ダウントゥ・アースをはじめ、日焼けスヌーピー、それ以外のお店でもハワイならではのデザインのトートバッグを見つけることができます。

    大切な人のことを想って選ぶMakana(贈り物)は、意味のある素敵なハワイ語のメッセージを選んでプレゼントしたいですよね!今回ご紹介したハワイ語の読み方や意味を知っていると、街の見え方も変わってくるのではないでしょうか?ぜひ、今後ハワイへ旅行されるときは、ハワイ語もチェックしてみてください。

    撮影: yukarinn808

    プロフィール画像
    この記事を書いた人
    yukarinn808
    • Facebook シェア
    • twitter シェア
    • はてなブックマーク  シェア
    • LINE シェア
    • instagram

    記事投稿日:2020/06/14最終更新日:2020/06/14

    Views:

    ハワイのアクセスランキング

      © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.