たびこふれ

「バスチー」で人気沸騰!北スペインのバスク旅!憧れのサン・セバスチャンでバルめぐり5選♪

記事投稿日:2020/01/10最終更新日:2020/01/10

Views:

海外旅行ファンの間で最近大注目なのが北スペインのバスク地方!

TVや雑誌メディアで『美食のまち』として頻繁に特集されていることもあってずっと気になってましたが、ついに憧れのバスクの街「サン・セバスチャン」を訪ねて噂の【バルめぐり】を楽しむ機会に恵まれました♪

スペインの国土にありながら異なる文化と独自のアイデンティティを持つバスク人が作りだした素晴らしい食文化【バルめぐり】!

ぜひみなさまにご紹介したいと思います!

目次

バスクってどんなところ?憧れの街「サン・セバスチャン(San Sebastián)」へ

昨年7月初旬、スペインバスクの玄関口「ビルバオ空港」に降り立ちました。

首都マドリッドは気温が40℃を超える酷暑の時期ですが、こちらバスク地方は最高気温も25℃程度。
避暑地として人気だけあって涼しく快適で夏におすすめです。

ビルバオ・グッゲンハイム美術館(Museo Guggenheim Bilbao)

ビルバオはモダンアートの聖地「ビルバオ・グッゲンハイム美術館」で有名で、人気の観光都市でもあります。

IMG_4081.JPG

IMG_4090.JPG

IMG_4096.JPG

IMG_4101.JPG

IMG_4102.JPG

▼基本情報 ビルバオ・グッゲンハイム美術館

-住所:Avenida Abandoibarra, 2, 48009 Bilbao

TEL:+34(944)359000

公式ウェブサイト:https://www.guggenheim-bilbao.eus/ja/hours-and-admission
※最新情報や詳しい内容、チケットの事前購入は公式ウェブサイトからご確認下さい。※

開館日/時間:
10:00-20:00(火曜日~日曜日)
※ただし、年末年始は変更あり。
※最終受付は閉館時間の30分前。

閉館日:毎週月曜日
※ただし、例外で空いている月曜日もあります。

入館料:日にちや時間によって変動あり。
※オンライン事前購入割引あり!

バスクに行けば美味しいものが食べられる!

さてこのあたりには遥か昔から「バスク人」と呼ばれる、固有の言語とユニークな文化を持っている人々が住んでいます。

IMG_4318.JPG

なかでもビスケー湾に面した海岸線が美しい「海バスク」と呼ばれる土地は、その風光明媚さとバスク地方ならではの異国情緒が大きな魅力で多くの観光客の憧れの的になっています。

バスク人の「食」に対する情熱はとても有名で、「バスクに行けば美味しいものが食べられる!」なんて世界中の食通たちは思っているほど。

この土地の風土を利用して作られる名物のチャコリワインに、豊富な山海の幸を活かした美味しいピンチョスなどなど美味しいものがたくさんあります。

そんなバスクグルメを気軽に楽しめるのが【バルめぐり】なんです。

旧市街フェルミン・カルベトン通りで、LET'Sバルめぐり!

IMG_4403.JPG

「ビスケー湾の真珠」と呼ばれる美しい街サン・セバスチャンは、かつての王侯貴族の避暑地だった美しい街ですが、今では美食の街として大人気。

なかでも旧市街の「フェルミン・カルベトン通り」はバルめぐりにはずせません!

今回は、私が立寄った5軒のバルをご紹介します。

サン・セバスチャンのバル巡り1軒目. 『Gandarias』

IMG_4369.JPG

大変混み合っている人気店です。

IMG_4376.JPG

こちらはカウンターにおいしそうなピンチョス(軽食、おつまみ)がズラリ!

IMG_4384.JPG

おすすめメニューは「マッシュルームと生ハムのピンチョス」と「新鮮なウニのピンチョス」。一口ほおばってはチャコリワインをぐびり。すごく合います。

雰囲気は日本の立ち飲み感覚でカジュアルな感じで、他のお客さんも楽しそうです。

少しバルめぐりの要領が掴めました。

基本情報 Gandarias

サン・セバスチャンのバル巡り2軒目. 『Borda Berri』

IMG_4386.JPG

IMG_4388.JPG

こちらはカウンター式ではなくオーダー式のお店。黒板にあるおすすめメニューから好きなピンチョスを店員さんに注文します。

注文の際、言葉の問題があり少しハードル高めです。

IMG_4389.JPG

IMG_4391.JPG

こちらのお店のおすすめは濃厚なチーズを使ったリゾットと、子牛のほほ肉の赤ワイン煮込み(Carrillera De Ternera)。

リゾットはあまり芯が残っておらず、日本人好みの味です。このあたりの名物チーズの風味もGOOD♪

赤ワイン煮は辛子をつけていただきます。おでん感覚でアルコールに合いますね。

基本情報 Borda Berri

サン・セバスチャンのバル巡り3軒目. 『Bar Goiz Agri』

IMG_4393.JPG

IMG_4398.JPG

ここはカウンター式のお店。

IMG_4399.JPG

この店で美味しかったのは、ご当地で栽培されている青トウガラシを素揚げして粗塩をかけただけのシンプルなピンチョス(Guindullas de Ibarra)!

ほんといたってシンプルなんですが、なぜかとても美味い!いくらでも食べられるバスク名物の食材ですので、ぜひ試してみてください。

IMG_4401.JPG

エビのガーリック串も食欲をそそる逸品でしたよ。

大分おなかも膨れてきましたがもうちょっとだけ行きます。。。

基本情報 Bar Goiz Agri

サン・セバスチャンのバル巡り4軒目. 人気バル『LA CEPA』

IMG_4406.JPG

IMG_4405.JPG

こちらはアサリごはんが名物とのことでしたが、あまりに満腹でギブアップ。

このお店は某有名女優のY倉R子さんもTV番組の撮影で来店された有名店とのこと。

奥には落ち着けるテーブル席もあります。

IMG_4414.JPG

代わりにスペイングルメと言えばコレ!のハモンセラーノ(スペイン生ハム)をオーダーしました。

これはさすが、赤ワインとの相性が抜群!

いただいたワインは「リオハ・アラベサ」と言ってバスク産の赤ワイン。明るく鮮やかな色とフルーティな口当たりが特徴です。

チャコリに少し飽きたらぜひ味わってみてください。

基本情報 LA CEPA

サン・セバスチャンのバル巡り5軒目. 『LA VIÑA』

さて最後は〆のデザート!

最近「バスチー」の愛称で話題のバスクチーズケーキの有名店を訪ねます。

IMG_4417.JPG

IMG_4423.JPG

こちら大変な人気でお店の中も外も大賑わい。

IMG_4421.JPG

ここは本来はもちろんバルなんですが、空前のバスチーブームのせいでチーズケーキを頼む人ばかり・・・。

さて、焼きたてアツアツのホールケーキがこちら!おいしそうですね♪

IMG_4424.JPG

一人前をオーダーするとものすごいボリュームのケーキが2切れも!!!

肝心のお味は、表面にはしっかり焦げ目がついて中はトロトロ、甘すぎずでも濃厚。。。とても美味です!

基本情報 LA VIÑA

弾丸で人気のバル5軒、巡ってみました。それぞれ特徴もあって面白いです。

ぜひ皆様もスペインバスクにお越しの際は、バルめぐりを楽しんで頂きたいと思います。

続いては、チャコリワインのワイナリーをご紹介します!

バスク名産の人気のワイン「チャコリ」のワイナリー『Hiruzta』へ!

IMG_4273.JPG

今回は「オンダリビア」という街の近くのワイナリー『Hiruzta』さんにお邪魔しました。

南向きの斜面にはブドウ畑が広がり、海から吹く北風から守られ日の出から日没まで太陽の光を充分受けられる絶好のロケーションです。

IMG_4271.JPG

IMG_4269.JPG

IMG_4268.JPG

バスク産のワインとして世界的に有名な「チャコリワイン」。

バスク固有種の【オンダリラビ・スリ】というブドウを原材料にした白が主流です。

さわやかな酸味とフルーティーな味わいで、特に魚介料理との相性が抜群によくて人気です。

IMG_4276.JPG

IMG_4277.JPG

こちらではスタンダードな【Txakoli Hiruzta】、アルコール度が少し高くボディのあるスペシャルな【Txakoli Berezia】、その他ロゼやスパークリングなど製造しています。

こちらではチャコリワインの販売もしていてスタンダードなものは1本7ユーロ(=約860円)、スペシャルなものでも10ユーロ(=約1,220円/いずれも2020年1月現在レート)と大変お買い得でした。

IMG_4280.JPG

チャコリワインは本当に口当たりがさわやかでアルコール度数も5~8度と軽めなので、普段あまりワインを飲まない方へもおすすめです。

飲むギリギリまで冷やしておいてからいただくのが美味しい飲み方です。

基本情報 Hiruzta

-住所:Bº Jaizubia 266, 20280 Hondarribia, SS

-TEL:
+34(943)104060(ワイナリーのツアー予約)
+34(943)646689(ワイナリーのオフィス)

-公式ウェブサイト:https://www.hiruzta.com/en/home/

バスク地方以外にも、北スペインは見どころ盛りだくさん!

今回はサン・セバスチャンのバルめぐりに食をテーマを絞ってご紹介しましたが、北スペインには「バスク地方」の他にもレコンキスタの出発地である「アストゥリアス地方」や、キリスト教の聖地サンチャゴ・デ・コンポステーラのある、美味しい【たこ】で有名な「ガリシア地方」など、みなさんの想像するスペインとは一味違う、もうひとつの緑多き「グリーンスペイン」と呼ばれるみどころがあります!

ぜひ今度のバケーションは北スペインに足を伸ばしてみてはいかがでしょう?

きっと新発見があると思いますよ!

関連記事:バスク地方をさらに楽しむにはこちらの記事も要チェック!

プロフィール画像
この記事を書いた人
ます
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2020/01/10最終更新日:2020/01/10

Views:

スペインのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.