たびこふれ

日本のひなた宮崎県で、真冬の日光浴たび

記事投稿日:2019/01/26最終更新日:2019/01/28

Views:

目次

宮﨑旅に当選する!

いよいよ2019年ですね。あけましておめでとうございます。 いきなりふりかえってしまいますが、私にとって2018年1番嬉しいことは、京セラドームでの【キャンプ地・宮崎シリーズ】で宮﨑旅行が当選した事です。ああいうものは、縁遠い運命だと思ってました。 きっと、満員の甲子園とかよりは、少しだけ(強がり)当選確率が高いのでしょうね。ちょっとだけ。。そんな訳で??冬の宮﨑たびに行って来ました!!

宮崎空港.jpg

因みに、宮崎県は温暖な為、秋・春には野球・サッカー等スポーツのキャンプが日本でも1・2を争うほど多いんです。 私の応援するオリックスバファローズも2015年から宮崎市内でキャンプを行っています。

波乱万丈

この日は、故障の為、機材変更となり、4時間遅れの出発になってしまい、お昼過ぎに宮崎空港到着です。 ブーゲンビリア空港の名のごとく、冬なのに華やか&並ぶフェニックスの木が、嫌でも南国気分を盛り上げます。 因みに、こちら温水さん像のある『ひなたぬくぬくベンチ』方言ボードが準備があるので、記念撮影に最適です!?

ベンチ.jpg

まずは、今回の旅行のメイン目的?の1つであります、将棋の都成竜馬五段のご実家がやってらっしゃる、牛乳屋さんのソフトクリームショップ【夢みるく】です。 この白水舎のソフトクリームは、オリックスキャンプにも出店されておられるそうです。 キャンプの2月はまだ寒いですけど、日が射す瞬間を狙って、ぜひ、召し上がって頂きたい一品です。

みるく.jpg

夢みるく

■住所:宮崎県宮崎市宮崎駅東3-2-15
■電話番号:0985(29)2988
■ウェブサイト:http://hakusuisha.jp/milk

青島満喫、女子デート(仮)

ミニ情報ですが、青島は、宮﨑のデートスポットなんですよ!以上です。女2人旅です。 キャンプ訪問の際に、青島神社には行った事があったのですが、青島全体を廻ったことが無かったので、レンタル自転車で周辺を散策しました。 午後5時迄に返却が必要な為、常に全速力です。青春です!

青島海.jpg

月並みですが、この青い海に、青い空に。広い海に、広い空!!無料のモアイシャワーもありますよ! ずっっっと続く水平線に癒されます。自転車で永遠に走ってられます(30分も走ると山を昇り始めるので注意) ちょうど、夕陽がしずむタイミングでしたが、この世で1番美しい風景と言っても後悔なし!の美しさでした。(見とれていた為、画像は有りません。想像でお願いします)

モアイ.jpg

ガジュマルの木につつまれた青島神社周辺には、こんなにかわいいスポットも。(あおしまコンシェルジュのお姉さんおすすめ) 近づくと、やや、神々しさには欠けますが、願いが叶う(らしい)スポットです。

青島ハート.jpg

近くの青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島)も、無料で美しいお花が楽しめて、お薦めです。温室の中も、のんびりとした雰囲気です。冬でも、色鮮やかな花が咲いていて、南国らしい場所でした。

青島亜熱帯植物園(宮交ボタニックガーデン青島

■住所:宮崎県宮崎市青島2丁目12-1
■電話番号:0985-65-1042
■ウェブサイト:http://mppf.or.jp/aoshima/

ANA・ホリディ・インリゾート宮崎に泊まりました!

ホテル外.jpg

これが素晴らしき(当選したから言うのでは無いですよ!)宮殿みたいな(感動しすぎ?)今夜のホテルです。

ホテルロビー.jpg

目の前はずっと続く日南海岸。朝陽がのぼる中、ぼんやり波乗りしているサーファーの姿を眺めるのも異国に来た様で、癒されました。 宮﨑名物や、1人鍋も食べれるビュッフェもお薦めです。

神話の里、高千穂峡へ行く

毎年、キャンプ見学に訪れるたびに、宮﨑の色んなところを訪問したのですが、せっかくなので、今回は、ついででは行けない場所に行きたい!!と翌日は、念願の高千穂峡を訪問しました。

高千穂.jpg

宮﨑駅から宮崎交通の高速バスにて、片道約2時間40分。バス内では、高千穂の観光ビデオ『日本発祥地 神都 高千穂』のビデオが流れていました。残念ながら私の席からは、少し遠かったです。3列シートでゆったりな事もあり少しうつらうつらしつつ、気づいた時には深い山の中を走っていました。

■ウェブサイト:http://takachiho-kanko.info/

船.jpg

私たちは、電動自転車をバス停近くのまちなか案内所で借りて、高千穂峡のボート乗り場を目指します。 今回は、山道の移動に本当にこの電動自転車が役立ちました。文明の利器ですね。坂道もスイスイ。勢い出過ぎで、怖いときもありましたけど。 20分ほどで、高千穂峡のボート乗り場に到着すると、乗船は、2時間待ちでした(午後の待ち時間は3時間以上にもなっていました)

IMG_4189.jpg

ボート乗船までは、高千穂峡の自然道を散策。周りには、お土産屋さんもたくさんあり、あっと言う間の2時間でした。

ハート.jpg

このミニ絵馬は、100円。こんな遠くまで付き合ってくれた友達をよそに 『次は、好きな人と来れます様に』と全力で書く人でなしの私。すみません。 この辺りは、足元が悪いので、歩きやすい靴がお薦めです。

滝.jpg

ボートに乗ると、こんなに近くで滝が見れます。ただ漕ぎ手は、途中で代われないので慎重な選択が必要です。 外国人観光客も増え、大混雑です。でも見上げる神話の世界は、雄大でほんとロマンチックでした。

うっとりする私の横で、必死に漕ぐ友達。。下船後、お礼に名物渓谷だんごを。 他にも色んな食事処があるので、ランチしつつ時間を過ごすのもいいですね。

鉄道.jpg

あまてらす鉄道にも乗りたかったのですが、到着すると既に満席でした。 土日は特に、先にお席をおさえておいた方が良いみたいですね。 でもやり残した宿題が出来て、また高千穂峡に訪れたい気持ちが強くなりました。

棚田.jpg

あまてらす鉄道に乗れなかったので、あまった時間で天岩戸神社の手前にある栃又棚田(日本の棚田百選です)へ。 日本の原風景ですね。

夕陽.jpg

高千穂バスセンター前のまちなか案内所で、きょう1日活躍してくれた電動自転車を返却し、、15:05発の発の高速バスで宮崎空港に向かいます。(復路便は空港に停車します。) 最後にバスの窓から見た美しい夕陽が、本当に忘れられません。 どこまでも続く、広くて美しい日本らしい風景を堪能した2日間でした。真冬なのに、心はぽかぽかする、どこか懐かしい宮﨑旅。

ぜひ、あなたもひなたぼっこしに行ってみては?

プロフィール画像
この記事を書いた人
とうもと くみ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/01/26最終更新日:2019/01/28

Views:

宮崎のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.