たびこふれ

台湾はトイレットペーパーが流せない? トイレ事情と必須アイテム

記事投稿日:2018/01/23最終更新日:2018/01/25

Views:

海外から来た外国人観光客が日本のウォシュレット式トイレに対して感動するように、「トイレ文化」というのは国によってさまざまな違いがあります。特に日本は世界屈指の清潔な国ですので、日本のトイレに行くのと同じ感覚でいると、海外のトイレで驚いたり戸惑ったりしてしまうことも珍しくありません。そこで今回は、台湾旅行で慌てないためにもきちんと知っておきたい、気になる台湾のトイレ事情と、必須アイテムについて詳しく解説していきます!

台湾ではトイレに紙を流せない?

日本では、使用済みのトイレットペーパーはトイレに流すのが当たり前ですが、これまでの台湾ではティッシュは排水管に詰まるというイメージで、使用済みの紙はトイレに流すのではなく、備え付けのゴミ箱に捨てるというのが一般的でした。台湾旅行の際に、トイレのゴミ箱にたくさんの使用済みトイレットペーパーが捨ててあって驚いた方もいるのではないでしょうか。ところが2017年になって、「トイレットペーパーはトイレに流そう」という通達が行政院環境保護署から発表されました。これにより、①「トイレの管理者はゴミ箱に紙を捨てないよう表示をする」、②「水溶性のペーパーは流せるが、ティッシュペーパーなどは流してはいけない」、③「公衆トイレなどで使用済みの紙を散らかした場合は罰金」というルールが新たに作られ、現在使用した紙はトイレに流すようにというキャンペーンが展開されています。

台北を中心とする都市部でこのキャンペーンは広がっていますが、とはいえ、台湾の中でもまだ古い習慣が残る場所も多く、紙を流して良いトイレであってもゴミ箱に捨てられていると言った問題が起きている場所もあるようです。

台湾はトイレの個室に紙が常備されていない場合がある

台湾のトイレを利用した方の中には、トイレットペーパーが備え付けられておらず困った方もいるのでは? 日本ではトイレットペーパーは常備されているのが一般的ですが、台湾のトイレは個室ではなくトイレの入り口付近にトイレットペーパーが設置されているところも少なくありません。その場合には、個室に入る前に使う分だけをあらかじめ取っておく必要があります。

また公衆トイレなどではトイレットペーパーがどこにも見当たらないということも多々ありますので、ポケットティッシュは必ず携帯するようにしましょう。ただし、台湾のトイレで流せるのは水溶性のポケットティッシュのみです。日本からトイレに流せるポケットティッシュを持っていくか、現地で調達しておきましょう。

洋式便座が汚れている可能性がある

台湾のトイレに入ると、洋式トイレの便座部分が汚れていることがあります。これは、洋式トイレに慣れていないため、便座の上に靴で乗って、和式便所のような使い方をする人がいるからだそう。便器の中を洗ったブラシで便座まで洗ってしまうケースも多いため、不特定多数が利用するトイレでは、便器に直接座らないようにするほうが安心だと言われています。

また、台湾の女子トイレで便座が上がっていることが多く、その理由は台湾人女性は便座に座ることはせず、中腰の状態で用を足す人が多いからだという話もあります。清潔な日本のトイレに慣れていると、驚きますね。なので、公衆トイレやレストランなど不特定多数の人が使うトイレを利用する場合には、念のため除菌クリーナーなどで拭いてから使うようにしましょう。

台湾のコンビニではトイレが借りられない可能性がある

観光中にトイレへ行きたくなった場合は、どうしたら良いのでしょうか。日本では外出先でトイレに行きたくなったら、買い物ついでにコンビニでトイレを借りることができますが、台湾ではたくさんのコンビニがある一方で、トイレがないコンビニも数多くあります。トイレマークの付いているコンビニであれば利用することは可能ですが、それ以外の場合にはトイレは利用できない、もし借りるなら従業員用のトイレを借りるしかない! というケースも。そのようなコンビニでは頼んでも断られる可能性もあるため、外出先では、スターバックスやマクドナルドのような外資系の飲食店に休憩がてら行ったタイミングで、トイレを借りるようにしましょう。

そのほかには、大型ホテルや大手デパートのトイレ、駅併設のトイレなども借りやすいのでおすすめです。

ウォシュレットは完備されているか?

日本では広く普及しているウォシュレットですが、台湾ではまだまだ整備が進んでいないため、公衆トイレではほとんど見ることはありません。高級ホテルやワンランク上のレストランなどでは設置されているところもあるようですが、台湾のトイレ事情を考えると、不特定多数の人が使用するトイレのウォシュレットは衛生的にも気になるかもしれません。 そういった方は、日本から携帯用のウォシュレットを持参するなどして、自分で対策しましょう。

日本と台湾とではトイレ事情が異なるため、トイレが台湾旅行中の大きなストレスになってしまうことも。台湾旅行を快適に楽しむためには、あらかじめ台湾のトイレ事情をしっかりと理解しておき、除菌クリーナーや除菌スプレー、携帯ウォシュレットなどの便利なアイテムを事前に準備して、対策しておくのがおすすめです。

もっと台湾のことが知りたくなったら、こちらの記事もいかがでしょうか?

台湾のベストシーズンは何月? 気候や旬の食べ物などを徹底解説

台湾の水って飲めるの? 歯磨きやうがいなら大丈夫?

台湾夜市の衛生状況は? 海鮮、かき氷、フルーツ、どれが危険?

絶品! 台湾生マンゴーがおいしく食べられる時期とは?

プロフィール画像
この記事を書いた人
旅の基本情報お届け部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/01/23最終更新日:2018/01/25

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.