たびこふれ

【インドネシアお役立ち情報】日本食が恋しくなったらどこで食べられる・・・??

記事投稿日:2022/02/24最終更新日:2022/02/24

Views:

和食

みなさん、こんにちはgreenです!!

日本はまだまだ寒い日が続くと思いますが、インドネシアは年中半袖なので季節感が全くありません...。日本の四季が改めて素晴らしいものだと気づかされます。

日本食

さて、本日はインドネシアの日本食レストランについてお話ししたいと思います。

旅行ですとせっかくだしインドネシア料理を食べよう!!になると思いますが、インドネシア料理が合わない場合もあり、長期でインドネシアを旅していると日本食が食べたくなりますよね。

今回は居酒屋や日本料理屋について詳しくお話ししていきますね。どうぞ最後までご覧ください。

目次

インドネシアで日本食がブーム!!

丸亀うどん

日本食って実はインドネシアで人気なんです!!(画像は丸亀うどんです。)

『ワンピース』、『ナルト』などのアニメから知ったという方がほとんどで、認知度の高いものに「ラーメン」「お寿司」「カツ」などがあがってきます。ナルトもルフィも主人公がめっちゃ食べていますからね。笑

インドネシアは蒸し暑くすぐ傷んでしまうので、生魚を食べる文化はなく、お寿司屋さんは炙りサーモンとか軍艦とかフライドチキンがよく回っていて、チキンショップかっ!!っていうくらい揚げ物ばかりが回っている時もあります。笑

でも最近は、日本食の人気&認知度が上がってきているので、お刺身が好きという方も増えています。

寿司屋

ジャカルタ・スラバヤは日系企業の駐在の方が多いエリアなので日本のお寿司屋さんと変わりないですが、地方のお寿司屋さんはほぼインドネシア人がお客さんなので好みもインドネシア人寄りです。

私の住んでいる地域のお寿司屋さんは、開店当初日本人の板前さんがいらっしゃいましたが、今はインドネシア人だけで回しており、酢飯ではなくなってしまいました。。。

ちなみに、インドネシアでは「からあげ」という名前があまり知られていないので、「カツ」の方が売れるんですねー。

インドネシアでもBTSなど韓国ブームなので韓国料理屋も増えてきてはいますが、日本食は負けず劣らず根強い人気を誇っています。

弁当

私はジョグジャカルタでクレープ屋を営んでおりますが、「日本料理も出してよ!!」と言う声がたくさん届きます。日本人の方からも「ちゃんとした日本食が食べたい」とリクエストがあり、裏メニューとして提供しております。最近、何屋かわからなくなってきました。。。笑

リトル東京

インドネシアでリトル東京と言われている日本人街は「ブロックM」というエリアです。日本人向けのインドネシア語学校があったり、日本円レートのいい換金所があったり、日本人でも住みやすい地域になっています。

居酒屋や日本食材が手に入る日本関係のビルがあるのですが、そこはリトル大阪と言われています。なんともこじつけ感がすごいです。笑

そして、やはり日本の夜の文化と言えば「居酒屋」ですよね。

このエリアではお店によってはお客さん全員日本人!!という時もあり、オーナーが日本の方で、日系企業の接待にも使われる日本料理屋(居酒屋)もあります。

ジャカルタでのおすすめ居酒屋は、、、

  • 武士道
  • 寿司天国
  • かまどや仁左衛門

トランジットでジャカルタに1泊する場合はぜひ行ってみてくださいね~。

縁日祭

コロナ禍前にはなりますが、ブロックMエリアで年に一度、「縁日祭(えんにちさい)」という世界最大規模の日本のお祭りが開催されていました。

2019年の開催は2日間で30万人以上を動員するほど日本の文化が人気。

日本の「食」と「文化」のお祭りで、神輿やよさこいなどの催し物や太鼓、三味線、舞踊など伝統的なパフォーマンス、日本人アーティストによるライブミュージックがあり、日本さながらのお祭りになっています。

現在は開催中止になっていますが、再開された際にはぜひ参加してみてくださいね!!

牛角

ちなみに、、、

  • 牛角
  • 吉野家
  • 丸亀製麺
  • ココイチ(CoCo壱番屋)
  • 一風堂
  • 大阪王将
  • 大戸屋 etc...

こちらがインドネシアに進出している大手日系企業です。

日本の食材はどこで買える??

パパイヤ

日本の食材が買える「パパイヤ」というスーパーが、ジャカルタ、スラバヤ、バリにあります。表記も日本語で「ここは日本!?」と錯覚してしまうほど。

バリのパパイヤは観光客の外国人もよく買い物に訪れています。

物によっては日本で買うより少々お高いです、、、が!!長期でインドネシアに旅行に来る方は、醤油やわさびが恋しくなりますよね。調味料などもこちらのスーパーで手に入ります。

インドネシアのローカルメーカーが醤油などを製造していますが、キッコーマンの醤油とでは味が全然違うのです。

もちろんインドネシアの食材やフルーツなどもありますので、お土産をついでに買うこともできますよ!お土産は、スーパーで買うのが安いし、観光地には売ってないローカルな物があるのでおすすめです。

まとめ

センター街

インドネシアに来た当初は、日本食も恋しくなりませんでしたが、1ヶ月も滞在するとやはり「醤油系」の物が食べたくなりました。今ではおいしいご飯を食べにジャカルタに行きたくなるくらいです。笑

異国の日本文化がどのような感じなのかも体験できる機会だと思いますので、観光として日本人街に足を運ばれても十分楽しめると思います。

ジョグジャカルタにはちゃんとした日本料理屋がないので、近日「スナックみどり」を開業予定です。機会がありましたらぜひお越しくださいませ~~( ´艸`)

それではインドネシア旅行が素敵なものになりますように.....♪最後までありがとうございました!!

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
green
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/02/24最終更新日:2022/02/24

Views:

インドネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.