たびこふれ

時短でも満喫できる!知床観光おすすめコース

記事投稿日:2021/12/04最終更新日:2022/01/07

Views:

知床案内

せっかくの北海道旅行。知床まで来たけれど、遊覧船に乗る時間がない...他の場所を回り切れない...どうしたらいい?を解決。おすすめの時短ルートをご紹介します。

目次

時短のおすすめコース

知床観光での定番は、五湖や岬、滝などを遊覧船で巡り、実際に自分の足でも行ってみる...。ですが、遊覧船ってけっこう時間がかかりますし、海の状況によって運航していないときもありますよね。

そんな時に私がおすすめするのは、遊覧船に乗らない観光コース。

カムイワッカ湯の滝→知床五湖の高架木道の2か所を巡ります。

カムイワッカ湯の滝へのルート

カムイワッカ湯の滝への道路は、2021年は6月1日から10月3日までの期間で開通していました。滝の近くに駐車場があるので便利です。

自家用車で行けない期間がある

開通の期間内のお盆期間と最終日付近は、規制がかかります。この期間は自家用車では行けないので注意が必要です。この時期は五湖ゲートなどからシャトルバスが運行しますので、事前に時期に当てはまるのかチェックしましょう。

ちなみにカムイワッカ湯の滝のバス停から滝までは歩いて大体10分くらいかかります。

カムイワッカ湯 道中

カムイワッカ湯

空気が気持ちが良くて歩くのが楽しいです♪

足元は歩きやすいもので!

バス停から滝までの道は砂利道なので、歩きやすいスニーカーが◎。滝に入る場合は、滑らないサンダルか裸足で入ります。

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカ湯

こちらが入り口!左の急斜面から上の滝の方に上っていけます。

これは写真では伝わり切らないのですが、かなりの急斜面なんです...!踏ん張りがきく靴じゃないと怖いです(特に下りが)!上っていくと、ここからは水の中へ。靴を脱いでいきます。

カムイワッカ湯

「あ、温かい...!!」

そう、ここは水ではなくお湯。滝の名前に「湯」と入っていても、実際に体験してみないと感じられないことがありますね。ぬるめのお湯で気持ちいいです。足元に注意して進みます。

一の滝

一の滝

「一の滝」と呼ばれる場所。少し深いところもあります。

一の滝

水遊びをするなら、しっかりとしたサンダルか滑り止め靴下があった方がいいです!

一の滝

滝側から見た景色

こちらは滝側から見た景色。曇りでしたが、緑の中は空気が爽やかでリフレッシュできますね。

水に入る時の注意点

カムイワッカ湯の滝は酸性の強い温水が流れ出る滝です。肌が弱い人は注意です。遊び終わったら真水で洗ったり、しっかりとタオルで拭くことをおすすめします!

なによりも安全でしっかりした靴やサンダルで!けがをして救急車で運ばれる人もいるみたいです。山奥なので、救急車も到着までに何分かかるのか...考えると怖いですよね。

カムイワッカ湯の滝まとめ

  • 利用期間は、例年6~10月頃まで
  • お盆など混雑する時期は駐車場が使えないので、シャトルバスを利用する
  • バス停から滝までは徒歩で約10分
  • 滑りやすいのでしっかりとした靴やサンダルで行きましょう
  • 温水は酸性なので、肌の弱い人は注意が必要です

>>カムイワッカ湯の滝(知床自然センター公式サイト)

知床自然センター

さてシャトルバスで知床自然センターへ戻ってきました。自然センターにはお土産屋さんやカフェも入っているので一休みにも最適。

>>知床自然センター公式サイト

ここから知床五湖へ向かいます。

知床五湖って?

知床連山を背景に原生林の中にたたずむ5つの神秘的な湖。自然豊かな世界自然遺産を象徴する場所です。

場所は知床自然センターとカムイワッカ湯の滝の中間くらい。

マイカー移動なら、カムイワッカ湯の滝からそのまま行けますね。

2つの歩き方がある

ここには五湖を見学できる散策路があります。一つがシーズンを通して安心安全に歩ける高架木道。もう一つは地上遊歩道でレクチャーを受けて歩くことができる、原生の自然を楽しむことができるルートです。

知床五湖ルート

ここで時間がない人が楽しめるのは、高架木道と地上遊歩道の小ループ。

地上遊歩道には大ループと小ループがあり、大ループの全周は約3kmで時間は大体1時間半くらいはかかるでしょうか...。道が悪いと更にかかるかも。対して小ループは全周約1.6km。大体50分くらいになります。高架木道は1湖まで行って帰ってくる往復コース。約1.6kmです。道も整備されているので歩きやすく、40分くらいです。

私は高架木道を歩きました♪

知床五湖

今回は、道が整備されていて歩きやすい高架木道を歩きました。こちらはレクチャーも必要なく、手すりも付いていますので、お子さんでも安全ですね。(ちなみにレクチャーは大体10分おきくらいにやっているそうです)

知床五湖 景色

雲がかかっていますが、きっと晴れていたら綺麗に山が見えるのだろうなあ。

知床五湖 階段

ところどころに展望台があります。

知床五湖 展望台

高架木道はバリアフリーなのも嬉しいですね。

知床五湖 1湖

こちらが1湖。無料でサクッと歩ける道で見れるのは1湖のみです。

知床五湖 1湖

こちらもしっかりと曇り空なので、きれいに晴れたところも見てみたいです。

実際に歩いてはないのですが、地上遊歩道は一方通行で、道がしっかりと整備されてないようなので歩きやすい靴は必須。雨でぬかるんだときは、自然センターで長靴のレンタルもできるようですよ。

冬期間は閉園、だけど...

知床五湖は例年、雪が解けた4月中旬ごろから11月の中旬ごろまでが開園期間。だけど冬には冬のツアーもあります。夏には行けない場所をガイドさんと巡る...。時間は3時間ほど。冬にじっくり楽しみたい人はぜひ♪

>>知床五胡の詳細はこちら(知床情報玉手箱)

短い時間でも楽しめる知床!

いかがでしたでしょうか?時短ルートでもしっかりと知床の自然を感じることができますよ。知床五湖やその場所のマナーやルールを守って楽しんでみてくださいね♪

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
マイコ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/12/04最終更新日:2022/01/07

Views:

北海道のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.