たびこふれ

温泉ソムリエ菅井が薦める原生林に囲まれた一軒宿、北海道知床岩尾別温泉「地の涯(ちのはて)」

記事投稿日:2019/02/25最終更新日:2019/02/25

Views:

DSC01032 (1).JPG

目次

世界遺産・知床半島にある岩尾別温泉「ホテル地のはて」

北海道知床半島、羅臼山の北麓、世界自然遺産域内にある貴重な岩尾別温泉。昔は地の涯といったが今は「ホテル地のはて」。冬季は休業で、4月下旬~10月くらいが営業となる。

知床観光の拠点、ウトロ温泉より車で40分。とはいっても途中から林道ぽい道へそれ、心細くなる。辛うじて車で宿まで行けるが、宿の周りは山ばかり。それもそのはず、羅臼山への登山の拠点のホテルでもあります。宿につくと携帯は圏外。

DSC01042.JPG

野湯と呼ぶに等しい三段の湯

天然の三段の滝になった露天風呂や、庭園の露天風呂があり秘湯ムードを満喫できる。

DSC01034 (1).JPG

まずは野湯というに等しい三段の湯へ。坂を下るとそこには!この段差を利用した素晴らしい露天天国がある。
坂を下ると一番上の広い浴槽から見えてくる。
DSC01026 (1).JPG

この形素晴らしい!
DSC_0656 (1).JPG

下からの別アングル!

DSC01028 (1).JPG

DSC01027 (1).JPG

三段の湯の夜の風景!

DSC_0620 (1).JPG

至福の時間が味わえます。

DSC_0624 (1).JPG

そして、滝見の湯へ

お次は少し先にある滝見の湯へ

DSC01031 (1).JPG

野趣あふれる感じがたまりません。

DSC_0658.JPG

滝も少し遠くですが、視界におさめることが出来ます。ちなみに三段の湯と滝見の湯は、脱衣所がありません。

DSC01030.JPG

大自然の気まぐれで変化する色

続いて大浴場から外に出たところにある、庭園露天風呂へ。混浴となっているが、男女とも湯浴みも用意されています。この日はエメラルドグリーン色に見えました。グリーンだったり乳白色だったり変化するようです。まさに自然の賜物ですね。

DSC_0640.JPG

湯量もたっぷりあります!

DSC_0644.JPG

夜の庭園露天風呂。

DSC00014.JPG

温泉をサポートする素敵なお供

じつはラーメンも種類があり定評なようです!

DSC01037 (1).JPG

DSC_0630.JPG

泊まった日の朝食です。

DSC01036 (1).JPG

周辺の案内。(お部屋のファイルより)

DSC01040.JPG

DSC_0610.JPG

DSC_0607 (1).JPG

帰りの車から、鹿の親子が見えました。

DSC_0594.JPG

近くには知床五湖、カムイワッカの湯、など知床観光の目玉がいっぱい!名前の通り、原生林に囲まれた静かな一軒宿。特に秘境好きの方には、是非訪れたい一軒ですね!

DATA

岩尾別温泉 ホテル地のはて
住所:北海道斜里郡斜里町岩尾別温泉内
TEL:0152-24-2331

・温泉性質

1.塩化物
2.炭酸水素塩泉

・日帰り入浴

営業時間:11:00~18:00
大人:1,000円 
湯浴み着:200円

露天風呂は、混浴のため湯浴み着を着用。
湯浴み着は、レンタル1枚200円。水着持参でもOK。
内湯のみ利用の場合は、湯浴み着なくてもOK。

プロフィール画像
この記事を書いた人
菅井 圭司(すがいけいじ)
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/02/25最終更新日:2019/02/25

Views:

この記事に関連する記事

北海道のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.