たびこふれ

【秘境の温泉宿】サスペンスドラマで有名なロケ地、船でしか行けない「大牧温泉観光旅館」をご紹介!

記事投稿日:2021/10/23最終更新日:2021/10/23

Views:

大牧温泉観光旅館

この旅館、どこかで見覚えがありませんか?

ここは、土曜ワイド劇場や火曜サスペンス劇場など、数々のサスペンスドラマの舞台になっている 「大牧温泉観光旅館」です。船でしか行けない秘境地にあり、一度は訪れてみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回はこの「大牧温泉観光旅館」での1泊2日旅をご紹介します♪

目次

「大牧温泉観光旅館」ってどんなところ?

大牧温泉観光旅館

大牧温泉観光旅館は富山県南砺市にあり、岐阜県北部および富山県西部を流れる庄川の川岸にひっそりと佇む一軒宿。

かつて旅館の周辺には村落があったそうですが、1930年に小牧ダムが完成したことで全て湖に沈 んでしまったそう。その際、この宿だけが断崖に取り残され、船でしか行けない秘境の温泉宿になったそうです。

大牧温泉観光旅館の基本情報

  • 住所:〒932-0371 富山県南砺市利賀村大牧44
  • TEL:0763-82-0363
  • 料金:2名1室 22,000円~、3名1室 19,800円~(2021年10月現在の公式HP掲載価格)
  • チェックイン:15時/チェックアウト:11時
  • 公式HP

「大牧温泉観光旅館」へのアクセス

IMG-6504.jpg

大牧温泉観光旅館は「船でしか行けない宿」。もちろんアクセス方法は船のみです。 小牧港から庄川遊覧船に乗り、約30分で旅館のある大牧港に到着します。

IMG-6945.jpg

小牧港には無料の駐車場があるので、車で訪れても安心です。

遊覧船のダイヤは、通常・冬ダイヤ・ 春ダイヤの3つに分かれています。温泉をゆっくり楽しむためにも、14:30(冬ダイヤの場合は 15:20)で早めに旅館へ到着することをおすすめします!毎日3~4回しか運行しておらず、船以外に旅館へ向かう手段がないため、最終便には遅れないように注意が必要です。

IMG-6473.jpg

30分の遊覧の間、真っ赤な利賀大橋や長崎橋、ダム湖ならではの美しい水面が眺められます。私が訪れた9月はまだ緑一面でしたが、川岸の木々が秋には紅葉、冬には一面雪景色となり、さらに美しい景色を見ることができます

往路(上り)のみ、大牧港船着場に着く前に、船から大牧温泉観光旅館を綺麗に見ることができるビュースポットに回り込んでくれます。パンフレットなどでもよく見るアングルから写真が撮れます。復路(下り)では船の上から旅館を見ることができないので、往路(上り)に写真を撮ることを忘れずに!

庄川遊覧船の基本情報

  • 住所:〒932-0304 富山県砺波市庄川町小牧73
  • TEL:0763-82-0220
  • 料金(往復):大人2,800円、小人1,400円
  • ダイヤ:通常ダイヤ(4月1日~11月30日)、冬ダイヤ(12月1日~1月31日)、春ダイヤ(2月1日~3 月31日)>>詳細スケジュールはこちらから
  • 駐車場:乗用車40台、大型バス2台(無料)
  • 公衆トイレあり(船内にはトイレがないため注意)
  • 公式HP

「大牧温泉観光旅館」館内の様子

入り口

庄川遊覧船を下船後、急な階段を登ると旅館が見えてきます。

玄関

旅館の玄関をくぐるとスタッフの方々が出迎えてくださります。館内はスリッパでの移動となるため、玄関で外履からスリッパに履き替えます。

庄川の景色

玄関を入ると目の前に大きな窓があり、庄川の美しい青色の景色が眺められます。

囲炉裏

今では珍しい囲炉裏もあり、風情ある空間となっています。冬には火がつけられ、暖をとりながらゆっくり過ごすことができるそうです。

芸能人のサイン

フロントから各部屋へ向かう廊下には、数え切れないほど多くの芸能人のサインが飾られています。さすが人気のロケ地...。全ての写真を撮ろうと思っていましたが、多すぎて数えることすらできなかったので、ほんの一部を紹介します!

芸能人のサイン

芸能人のサイン

芸能人のサイン

サスペンスドラマが大好きな方には堪らない空間なのでは?

サインを眺めることに夢中になりすぎて、温泉に入る時間がなくなった!なんてことがないように、気をつけてくださいね!

「大牧温泉観光旅館」のお部屋

部屋

私は山側の角部屋に宿泊しました。角部屋のため縁側部分がとても広く、今まで宿泊したどの旅館よりも大きな部屋だったような気がします!もちろん、庄川に面した景色の良いお部屋もあります。

数は少ないですが、ベットのある洋室もあるそうなので、足の不自由な方はそちらを利用されても良いかもしれません。

お部屋について、ひとつ難点を挙げるとすれば、電波が繋がりにくいことです。さすが「秘境」と 呼ばれるだけありますね...。

せっかくの秘境地、携帯電話から離れて、ゆったりとした非日常を お過ごしください。フロント付近では無料Wi-Fiを利用することができますので、ご安心を。

「大牧温泉観光旅館」での温泉の楽しみ方

旅館敷地内にある源泉から引き入れた温泉で、万病に効果があると言われています。

客室には浴室がなく、館内に男女それぞれ3つずつ温泉があります。男性は大浴場・ひのき露天風呂・露天風呂、女性は大浴場・中浴場・露天風呂です。 露天風呂は脱衣所も外にあるため、6:00~21:00までしか利用できません。旅館到着後の夕食前に、先に露天風呂に入ることをおすすめします。

女性用の露天風呂のみ撮影させていただけたので、ご紹介します。

露天風呂

女性用露天風呂には2つのお風呂がありました。

露天風呂

露天風呂

人目を気にせず、庄川を眺めながらゆっくりと温泉に浸かるひととき。一軒宿ならではの楽しみ方ですね。

「大牧温泉観光旅館」のお食事

お食事は1階の「曲亭」でいただきました。夕食は18:00、朝食は7:30と時間が決まっています。

曲亭 夕食

テーブルごとに障子パーテーションがあり、プライベートな空間で食事を楽しむことができました。庄川を望む大きな窓があり、とても開放的な雰囲気です。

夕食

夕食は、富山県産のシロエビやホタルイカなどの海鮮をたっぷりと使用した和会席。

写真には一部の料理しか写っていませんが、お腹に入りきらないほどの盛りだくさんの内容で大満足でした。

朝食

翌日の朝食も机いっぱいの和定食。ボリューミーではありますが、豆腐や野菜などが多く使われた、まさに"健康的"なお食事でした。

朝食を終えて9:00頃にチェックアウトし、9:10発の庄川遊覧船に乗る人がほとんどでした。

フロント近くに売店もありますので、チェックアウト前にぜひ覗いてみてください!

おわりに

船でしか行けない秘境の温泉宿「大牧温泉観光旅館」はいかがでしたか?

飛騨高山や白川郷、郡上八幡にも車でアクセスできる場所なので、北陸・信州へ旅行に行かれる際はぜひ宿泊してみてくださいね。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
mmy
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/10/23最終更新日:2021/10/23

Views:

富山のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.