たびこふれ

【バリ島】コロナ禍のホテル宿泊レポ!ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチ(ホテル編)

記事投稿日:2021/07/30最終更新日:2021/07/30

Views:

みなさま、こんにちは!前回お伝えしましたが、現在バリ島はコロナ禍の真っただ中で、様々な観光施設が閉鎖したり休業したりしています。

そんな中、バリ島のリゾートホテルは徹底した新型コロナウイルス対策を講じたり、お客様がほとんどいない間にリノベーションをしたりなど、いずれ来るバリ島の外国人観光客受入れに向かって大変な努力をしています。そしてバリ島のリゾートホテルのWebサイトにも、新型コロナウイルス対策について明記されています。

しかし現実は残念ながら2021年6月~7月の段階でも、元々予定していた海外からの観光客受入れはできおらず、インドネシアの国内観光客も他の島からバリ島へ旅行に来るのは難しい状況です。そして現在、様々なリゾートホテルがバリ島在住者や国内旅行者向けにお得なプランを提供して凌いでいます。

では実際、ホテルではどんな新型コロナウイルス対策をしているのか?以前から気になっていたこともあり、せっかくお得なプランが提供されていて、ある意味とても良い機会なので、リゾートホテルにリフレッシュも兼ねて宿泊してきました!

WEEKEND DEAL

今回利用したプランは、バリ島タンジュンベノアにある「ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチ」が提供していた「ウィークエンド・ディール 」のプランです♪なんと、スイートルームに宿泊できて朝食付き(税・サービス料込み)2人で7,000円台です!あのニッコー・バリのスイートルームに泊まれるまたとないチャンスです♪ということで、2021年5月1日より1泊2日で宿泊をしてきたので「ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチ」の新型コロナウイルス対策や宿泊体験記についてホテル編とダイニング編の2回に分けてお届けします♪

※「ウィークエンド ディール プラン」は現在終了していますが、ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチではお得なプランを常に提供しているので、気になる方は次項目にあるホテル情報の「お得なプランはこちらをご覧下さい!」リンクからご覧下さい。

目次

まずはホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチについてご紹介します!

ホテル好きの方なら「ニッコー」と聞いただけで、世界的に有名な日系ホテルというイメージがあると思います。ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチは、グランドアストンバリからリブランドして2018年3月8日オープンしました。

実は一度バリ島から撤退したのですが、再びタンジュンベノアにオープンするということで「日系ホテルがバリ島に戻って来る!」と、バリ島好き日本人観光客の期待を一身に集めてのオープンでした!そして、バリ島にある日系ホテルの中では、唯一オンザビーチにある5つ星ホテルになります。

バリ島の5つ星ホテルというと、超高級で広大な敷地にヴィラやホテルが何棟も建っていて、プールも何個もあり迷子になりそうというイメージがありますが、ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチは程よい広さでプールやビーチへのアクセスも良く、コストパフォーマンスに優れたホテルです♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ構造

客室は188室ありますが、ホテル自体はコの字型をしていて、どのお部屋からでもレストランやプールなどの様々な施設へ行きやすい造りになっています。

また、和食・イタリアン・インドネシア料理・インターナショナル料理など4つのレストランがあり、日本人にとってこのレストランのラインナップはありがたいですよね!

広すぎない敷地、子供用ベッドがあるファミリースイート、キッズクラブ、ホテル内クリニックなどの設備、日本人スタッフがいることなど、小さなお子様やお年を召した方と一緒のファミリー旅行でも安心です!なにより日本と変わらないおもてなしや落ち着いた雰囲気は、日本人にとって居心地がとても良いホテルだと思います♪

それではここから、ホテルの雰囲気を写真と共にお伝えします!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ入口③

日系のホテルですが、敷地内にはバリ島らしい彫像や飾りなどがいたるところにあって気分が盛り上がります!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチロビー➁

ロビーは吹き抜けになっていて、換気が良く清潔でインテリアも素敵です♪エントランスからすぐにホテル内へ行けるのも、暑いバリ島ではありがたいですね。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ廊下

敷地自体は広くないのですが、廊下は広々としていて、バリ島の絵画などが飾ってあるので楽しみながら歩けます。客室は広くて、一番下のグレードのお部屋でも広さが45平方メートルもあるのです!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチインテリア➁

この時はコロナ禍でほとんどお客様がいないにも関わらず、所々に素敵なインテリアが置いてあり手抜きをしていません!「おお!ホテルに来たんだな!」というウキウキした気分にさせてただきました♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチロマンティックディナー

ロマンティックディナーも楽しめます。このお値段、5つ星ホテルのロマンティックディナーではかなり良心的なお値段です!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチウェルカムドリンク

ウェルカムドリンクはモヒート風のモクテルでした!甘すぎずさっぱりしていてとても美味しくいただきました♪バリ島だとクセがあったり、甘すぎて飲めないウェルカムドリンクが出てくることがありますが、こんなところにも日系ホテルのおもてなしを感じます。

ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチの雰囲気、伝わりましたでしょうか?もっと詳しく知りたい方は、下記リンクをご覧下さいね!次はホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチの徹底したコロナ対策について書きます!

ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチ基本情報

ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチの新型コロナウイルス対策

それでは、気になっていたバリ島のホテルの新型コロナウイルス対策についてですが、ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチではかなり徹底した対策をしていました!実際どの様な対策がされていたかを写真でお伝えします。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ入口①

まず、ホテルのエントランス手前に手洗い用の設備があり、足でペダルを踏むと水が出てきます。ハンドソープやハンドタオル、ティッシュも備え付けてあり、こちらで手を洗ってエントランスへ向かいます。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチコロナ対策⑥

ロビーの入り口には、自動で体温測定と手指の消毒ができる機械がありました。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチコロナ対策③

この看板は、インドネシア政府機関(観光クリエイティブエコノミー省)が定めた新型コロナウイルス対策のための新しい衛生基準に準じたホテルのコロナ感染対策プログラム「Cleanliness, Health & Safety Program」を実施し、観光クリエイティブエコノミー省により認証されると設置できます。また、ホテルスタッフも全員、5月末までに2回のワクチン接種を済ませています。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチコロナ対策①

ホテルへのチェックインの際、インドネシア政府から指定されている健康チェック表(主に人との接触についての質問)を記入します。「Yes」のトータルが5点以上で37.3℃以上の熱がある場合は、ホテルへのチェックインはできず、病院で新型コロナウイルス感染の検査をする必要があります。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチコロナ対策④

こちらは新型コロナに感染させない・感染しないための感染予防研修をホテルスタッフが修了したという証明書です。BIMC(バリ島でトップクラスのインターナショナルクリニック)が研修・発行をしています。ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチには24時間ドクターオンコールの医療サービスを利用できますが、緊急の場合は車で5分ほどの場所にあるBIMCにて治療を受けることができます。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチロビー①

ロビーにあるフロントの手前には、ソーシャルディスタンスを保つための目印がありました!足のマークがビーチサンダルなのがバリ島らしいですね♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチラウンジ⑤

ロビーのソファーや椅子にもソーシャルディスタンスを保つための目印があります。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチコロナ対策⑤

目印が折り紙でできているのは、さすが日系ホテルという感じです。可愛くてお尻で踏みつぶすなんて絶対できません!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチコロナ対策➁

お客様とクレジットカードやルームキーなどのやり取りをする際、カードなど消毒をしてから返却されます。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチコロナ対策⑦

客室にあるホテルガイダンスやルームサービスのメニュー、レストランのメニューなどは多くの人が接触をしてしまうので、自分の携帯電話を使って読み取れる「QRコード形式」に変わっていました。従来のメニュー表が見たい場合は、希望をすれば対応していただけます。

他にも随所に消毒薬が設置されているなど、これ以上の対策はあるのだろうかと思うくらい徹底していて、新型コロナウイルス対策にかなり尽力されているなと強く感じました!もっと詳しく知りたい方は、下記のリンクをご覧下さい!

ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチ プールなどの設備をご紹介

それではここからは、いよいよホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチの宿泊体験記を書いて行きます♪まずは設備についてご紹介します!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチラウンジ➁

ロビーの先には吹き抜けのラウンジがあり、アンティークな自転車や馬車などのインテリアが楽しいです!奥にはグランドピアノやバーがあり、本来ならこのラウンジで心地よい風に吹かれつつ、音楽を聴きながらカクテルやスナック、ハイティーなどを楽しめるのですが、私が宿泊した時は残念ながら新型コロナの影響で臨時休業中でした!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチラウンジ④

席はソファ席、ダイニング席、ベンチ席、カウンター席など様々あり、テラス席もあります。テラス席からはプールや海を眺めることができます。このラウンジをコワーキング・スペースとして利用するプランもあります♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ庭①

お庭は広くはありませんが、緑が多く噴水やヨガスペースなどもあります!ホテルの建物からすぐにプールやプライベートビーチに行ける程よい広さのお庭です♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチスパ&ジム

その他にもスパや宿泊者が無料で利用できるジム(写真のガラス張りの場所)、お子様向けのアクティビティが体験できるキッズクラブがあり、ホテルとして十分に楽しめる設備があります。スパについてはコロナ対策のため完全予約制になっていて、前日までの事前予約が必要になります。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチプール①

こちらは水深85cm、お子様向けの可愛いプールです。噴水で遊べるのは子供ならたまらない楽しさですね♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチプール⑦

そしてこちらがメインのラグーンプールです!深さも場所によって違います。写真だとよく分からないのですが、岩の部分は滝になっていて、滝くぐりをして遊べます♪

奥にある建物はプールバーで、プールに入ったままカクテルなどのお酒やソフトドリンクが楽しめるのですが・・・またも残念ながら、私が行った時は臨時休業でした。楽しみにしていたのでちょっとがっかりでしたが仕方がないです。現在は営業しているので、またの機会の楽しみにしておきます!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチプール⑤

プールにも緑が多く、ブーゲンビリアやプルメリアの花が綺麗に咲いていました!そしてラグーンプールの海側の方は水深が浅くなっていて、ビーチの白砂が敷き詰められていました!砂が敷いてあるプールは見るのも初めてなので、ビックリしてしまいました。足の裏の感触が不思議で気持ち良かったです!この砂のスペースも子供の遊び場にぴったりですね♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチデッキチェア

プールやビーチのデッキチェアについても、ソーシャルディスタンスが保てるようにと配置を変えています。また、プールタオルはプールの近くにある建物で管理と貸し出しをしていました。なので、部屋からタオルは持ってこなくてもOKです♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチプライベートビーチ➁

プールの裏手にはプライベートビーチもあり、お部屋からプライベートビーチへ行くのに歩いて5分もかかりませんでした!ホテルのバギーや車を呼ばなくても、気軽に海まで歩いて行ける距離感が良いですよね!そして後ほどお伝えしますが、ここからは素晴らしい日の出を見ることができます♪

オーシャンビュー・スイート・プレミア ルームツアー

ここからは、私が宿泊した「オーシャンビュー・スイート・プレミア」のお部屋をご紹介します!とても快適に過ごせてリラックス&リフレッシュができました♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ客室①

こちらが今回宿泊するお部屋「オーシャンビュー・スイート・プレミア」の入口です。扉を開けた途端、明るい室内を感じることができます♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ客室➁

お部屋に入った瞬間の感想は「すっごく広い!本当にスイートルームだ!」という感じでした(単純ですみません)♪

このお部屋の広さはなんと106平方メートルもあります!また、奥に見えるソファが広くて座り心地も本当に良くて、今までの私の人生で一番気持ちの良いソファでした(大げさかもしれませんが、本当にそう思いました)!すっかり気に入ってしまい夜はずっとソファで過ごしていたので、危うくソファで寝てしまいそうでした(笑)お部屋もソファも2人で使うには贅沢すぎる広さです♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチウェルカムフルーツ

ウェルカムフルーツがありました!さすがスイートルームです♪お皿やナイフ&フォークも準備してあったので、わざわざホテルスタッフの方に持って来てもらう必要もなく、気軽に美味しくいただきました♪こんなところにも日系ホテルのおもてなしを感じます。普段スーパーや市場で買ったフルーツより美味しくてビックリ!(なんで?)

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ客室③

ベッドルームとリビングは仕切りが無く、本当に広々と感じます。ベッドはすでにターンダウンサービスがされていていました。コロナ禍だったので無駄な接触を避けるための対策だと思います。ベッドは程よい堅さで寝心地が良くぐっすりと眠れました!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ客室④

デスクやカウンターもあって、お部屋でお仕事をされる方も快適に利用できます。デスクに南国の生花が飾ってあり、引き出しには防虫対策グッズ(バリ島ではすごく大切!)もあって、日系ホテルのおもてなしを感じます♪奥にある鏡張りの場所はクローゼットです。インテリアとして馴染んでいたので、最初は気が付きませんでした(笑)エアコンも心地よく、のどが痛くなったり肌が乾燥することもありませんでした!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ備品①

クローゼットの中にはバスローブ、アイロン、アイロン台、傘がありました。傘があるのはなかなか見ないのですが、細かい心配りを感じます。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ備品➁

反対側の扉の中にはスリッパ、クリーニング用の入れ物、セキュリティボックス、ドライヤーがありました。このドライヤーが日本の高級ドライヤー並みに風力があって、久しぶりに快適に髪を乾かせました(バリ島の一般的なドライヤーは風力がイマイチなのです)!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチミニバー①

ミニバーにはエスプレッソマシン、電気ケトル、マグカップ、デミタスカップ、コーヒーカップ(引き出しの中にあります)、無料のコーヒーやミネラルウォーター、ティッシュなどがありました!エスプレッソが飲めるのはかなり嬉しい♪下の扉を開くと冷蔵庫があって、ちゃんと冷える冷蔵庫でした!冷蔵庫の中身はコロナ対策で何もありませんでしたが、自分で購入した飲み物をいっぱい入れることができました♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ設備

写真はベッドのサイドテーブルです。枕もとでエアコンや照明のコントロールができます。充電用のUSBソケットやコンセントもあります。充電用のUSBソケットとコンセントはテレビ・デスク・ソファの近くとバスルームにもあり、これだけあれば日本から旅行で来る時に、わざわざ電源タップやUSB充電器などを持ってこなくても良いですよね!細かい事ですが、こういう設備は凄く大切です!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチバルコニー③

ベッドルームからバルコニーへ出ることができます!室内だとタオルや水着などなかなか乾かないので、タオルハンガーがバルコニーにあるのはポイント高いです!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチバルコニー➁

バルコニーはリビングルームの方まで続いていて広々としています。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ景色➁

そしてバルコニーからは、オーシャンビューのお部屋なだけに海が見えます!最高の景色です♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチバスルーム①

ここからはバスルームの紹介です!

シンクはダブルシンクでスイート感満載♪鏡が本当に大きくて、拡大鏡まであります。無料ミネラルウォーターのボトルもあります。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチバアメニティ

アメニティは石鹸、除菌シート、クシ、シャワーキャップ、綿棒・コットン・爪やすりのセット、エチケット袋、裁縫セット、シャンプー・コンディショナー・シャワージェル・ボディーローションの4点セット、バスソルト、ボディタオルがあり充実しています。シャンプーなど4点セットのブランドは「Java Essentials」の「Sandalwood & Frangipani」シリーズで、バリ島オリジナルの物です。ナチュラルな成分だけで作られていて、すべての肌質に対応しています。

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチバスルーム③

シャワーは独立したシャワーブースがあり、こちらにもシャンプーなどの4点セットがありました。シャワーの水圧もバッチリで、バスタオルは吸水が良く本当に気持ちが良かったです♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチバスルーム➁

トイレも同じ場所にありますが、バスルーム自体が広くてシャワーブースも独立しているので、濡れたり湿ったりなども無く気持ちよく使えました♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチバスルーム④

そして何と言ってもシャワー付きのバスタブがあります!ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチはすべての客室にバスタブがあります!さすがは日系ホテルです♪このお部屋のバスタブは大きくて、足を伸ばして入れました。目の前の壁がガラス張りになっているので、とても解放感があります(もちろん、入浴時に隠すためのロールカーテンもあります)!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチバスルーム⑤

贅沢にバスジェルを使って泡のお風呂にしてみました!お湯の出方も良くて、すぐにお湯がたまるのも嬉しいです♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチバスルーム⑥

バスタブトレーがあるので、こんな風にビールも置けます。グラスにスマホを立てかけて、YouTubeを見ながらゆっくりお風呂を堪能しました(笑)

オーシャンビュー・スイート・プレミアのお部屋は広々としていて、ソファ、エアコン、ベッド、シャワールムも快適で景色も良くて本当に居心地が良かったです!自宅に帰えるのが嫌になりましたが、とってもリフレッシュできました♪そして次の項目では「ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチ」の本当の目玉とも言える「朝日」についてお伝えします!

絶対見たい!感動すること間違いなしの素晴らしい朝日

ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチの日本人スタッフの方から、プライベートビーチで素晴らしい朝日が見れることを聞いて楽しみにしていました!タンジュンベノアはバリ島バドゥン半島の東側に位置するので、朝日がとても綺麗なのです。私の自宅はタンジュンベノアのちょうど反対側(西側)のジンバランにあるので、夕日は綺麗なのですが日の出を見ることができません。普段は早起きなどしないのですが、翌日の朝は張り切って早朝にプライベートビーチまで行きました!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ朝日①

空が白んで来ました!日時は2021年5月2日朝6時5分の写真です。バリ島は赤道に近いので、天気さえ良ければ日の出・日の入りが1年を通してあまり変わらない時間で見ることができます(日の出時間は、10月~1月には30分ほど早くなります)♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ朝日➁

ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチのプライベートビーチに到着!敷地が広大なホテルでビーチまでバギーなどを使うような場合、私の様な寝坊助は朝日を見るなんてあきらめてしまうところでしたが、ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチはすぐにビーチへ行けるので実現しました♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ朝日③

6時26分頃、海から日が昇ってきました!そしてこちらがタンジュンベノアの朝日です!本当に美しくて、久しぶりに感動してしまいました!

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ朝日④

遠くに見える山はバリ島の霊峰アグン山、その横に見える丸い光は月です!何とも神秘的な風景!お正月の初日の出に、こんな朝日を見られたら最高です♪

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ朝日⑤

オーシャンビューのお部屋だったので、朝日はお部屋からも見ることができました!サービスでお部屋にあったエスプレッソを飲みながら、バルコニーで朝日を堪能しました♪天気が良くて本当に良かった!

この後は朝食をいただき、プールでのんびりしてから12時にチェックアウトしました。家に帰ると現実が戻って来て、たった1泊2日だったけど、夢みたいな時間を過ごせて本当にリフレッシュできたと感じました!

最後に

ホテル・ニッコー・ バリ ベノアビーチ景色①

コロナ禍ではありますが、ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチでは対策をしっかりとされていたので、安心してのんびりと過ごすことができました♪ここまで新型コロナウイルスへの対策をされ、確立するのは本当に大変な道のりだったと思います。それにも関わらず、日系ホテルらしい細やかなおもてなしを受けることができました!

コロナ禍でもリフレッシュは大切だなと感じた日でした。ホテル側の努力でお得なキャンペーンを使わせていただき、とてもありがたく思います!すごく良い体験ができて楽しかったので、書きたいことが多くなりかなりの長文になってしまいましたが、ここまでご覧いただきありがとうございます!

次回は、ホテル・ニッコー・バリ ベノア ビーチでの思い出深い夕食と朝食についてレポートしますので、ダイニング編をどうぞお楽しみに!

プロフィール画像
この記事を書いた人
Kucing
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/07/30最終更新日:2021/07/30

Views:

インドネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.