たびこふれ

アルゼンチンに来たら絶対食べたい!「エンパナーダ」を紹介します

記事投稿日:2021/04/04最終更新日:2021/04/04

Views:

アルゼンチンをはじめ、多くの南米で食べられている「エンパナーダ」の紹介です。種類も豊富で毎日食べてもアルゼンチン人は飽きないそう。

さて、日本人の皆さんはどうでしょうか?

目次

エンパナーダって何?

エンパナーダ

エンパナーダは、具入りのパンまたはペイストリーのことを指しています。スペイン語で「パンを覆う・包む」という意味があるスペイン発祥の食べ物です。

実は、エンパナーダは南アメリカを含む世界の多くの国で食べられています。アルゼンチンはもちろん、ボリビア、チリ、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、キューバ、ドミニカ共和国、エクアドル、ハイチ、エルサルバトル、ジャマイカ、メキシコ、パナマ、ペルー、フィリピン、ポルトガル、プエルトリコ、ウルグアイ、スペイン、ベネゼエラ、アメリカ合衆国でも。

中身はもちろん、包み方や皮の味も違いますが、南米に来る時は「エンパナーダ」という単語を覚えておけば、お腹が空いた時にチョイスできます。

どんな味?

アルゼンチン 景色

外側の生地は小麦粉とラードもしくは油で作られる場合が多いです。

中の具は国によってだいぶ異なりますが、広大な大地を持つアルゼンチン共和国の中でも地域によってさまざまな特色があります。

エンパナーダフェスティバルが開催されるトゥクマン州のエンパナーダは、大きめにカットされた食べ応えのある牛肉を使う物と牛肉の「モンドンゴ」と呼ばれる牛の内臓を使う物、また鶏肉を使う3つの味があります。

サルタ州の「Empanadas saltenas(エンパナーダ サルテェーニャス)」と呼ばれるエンパナーダは、ジャガイモ、牛肉、ヤギ肉、またトウガラシを使います。

アルゼンチンの第二の都市コルドバ州では、レーズンやジャガイモを使っていて、味付けに砂糖を使う特徴があります。

カタマルカ州では、ニンニク、ジャガイモ、ヤギ肉、玉ねぎ、オリーブが入っています。

エントレ・リオス州では、牛乳につけたお米(Arroz con Leche)が入る物もあるそうです。

アルゼンチンの中でもパタゴニアの海岸地域では、魚とシーフードを使ったエンパナーダが食べられるそうです。

では、わたしの住むブエノスアイレスでは、というと、どの地域のエンパナーダも食べられるほど種類は豊富です。また、都会ならではの創作された味、例えば「バーベキュー味」「ロケフォース(ブルーチーズ味)」「トマトとバジル」などがあり、お店によって違う味を楽しめます。最近は健康のことを考えてか、オーブンで焼いたエンパナーダが主流ですが、油で揚げたエンパナーダもとっても美味しいです。

ちなみに、エンパナーダは手で食べるのが正式。もちろんレストランではフォークとナイフが用意されますが、手で食べても失礼には当たりません。

エンパナーダの作り方

エンパナーダ

ブエノスアイレスの義母から教わった、一般家庭で作られているエンパナーダの作り方をご紹介します。家族の出身によって中身はそれぞれか違いますが、わたしの旦那さんはポルテーニョ(ブエノスアイレス生まれで育ち)なので、一応、「ポルテーニョ味」。健康のことを考えて、オーブンで仕上げます。

具の作り方

  1. 玉ねぎとモロン(パプリカ)をしんなりするまで炒めます
  2. 1.に牛肉の挽肉(合い挽き肉は売ってません。)を加えます
  3. 炒まったら、塩・ピメント(香辛料)・オレガノで味付けをして冷ましておきます
  4. ゆで卵を固めにゆで、フォークでぼろぼろと崩してから中みに合わせます
  5. エンパナーダの生地(市販品)で包みます
  6. 包む時にオリーブの酢漬けを1つずつ入れます
  7. オーブンで皮が狐色になるまで焼きます。中みは火が通っているので外側だけ焼ければOK

エンパナーダの皮は、餃子の皮のようにたくさんのメーカーから販売されていて、スーパーで簡単に手に入ります。

クリオージョとオルノという2種類があるので、各家庭お好みで購入しています。わたしはカロリー高めでバターが入ったクリオージョが好きです。

皮を家で作る場合(8個分)

  1. 卵1個、薄力粉320g、白ワイン小さじ4、水70CC(調整しながら)、オリーブオイル大さじ2
  2. ボールに材料を全て入れて、ひと固まりになるまで混ぜる
  3. ひと固まりになったらビニール袋に入れるか、ラップに包み、冷蔵庫で30分寝かせる
  4. 生地を8等分して丸く伸ばす

エンパナーダは日本でいう「おにぎり」的な感覚で食べられています。

また、ブエノスアイレスでアルゼンチン人と外食する場合は、大概エンパナーダもしくはピザというのがお決まりです。「安い、早い、うまい。」という理由からでしょうか。

わたし的おすすめのエンパナーダ屋さん

アルゼンチン 景色

アルゼンチン人はおしゃべりな人がとても多いです。男性も寡黙な人は少なく、本当によくしゃべります。

何をそんなにしゃべることがあるのか、話していることはたわいもないことばかりです。自分のお気に入りの美味しいお店を語るのも大好きです。それぞれお気に入りのエンパナーダ屋さんがあり、あそこが良いとか、ここが良いとか、話が白熱します。

わたしももちろんお気に入りのお店があって、いろんなお店で食べたなかでも変わらぬ美味しさを提供してくれるエンパナーダのお店を2軒紹介します。

El Sanjuanino (エル サンファニーノ)

アルゼンチンの伝統料理が食べられるお店。ここのエンパナーダのハモニケソ(ハムとチーズ)が絶品です。

「ロケホース(ブルーチーズ)」も美味しくて赤ワインに合います。

我が家では、週に1度は「Rappi」というアプリを使って、テイクアウトで自宅まで持って来てもらってます。

  • 住所:Calle Posadas 1515
  • 営業時間:12:00-16:00 19:00-1:00

La Americana

有名なエンパナーダとピザのチェーン店。

種類も豊富で、ピカンテ(辛い味)の牛肉のエンパナーダがおすすめです。店内で食べる時は、立ち席だと席料が取られず少し安く食べられます。

  • 住所:Avenida Corrientes 1383

どちらもブエノスアイレスでは人気店・有名店なので大丈夫だと思いますが、お店に行く時は必ずお店の状況を確認してくださいね。

ブエノスアイレスに来たら食べて見て!

アルゼンチン 馬

いかがでしたか?

ブエノスアイレスのソールフードとして欠かせない「エンパナーダ」

街を歩けば必ずエンパナーダ屋さんを見つけられます。

どの店も持ち帰りできるので、ホテルに持ち帰ってワインを飲みながらゆっくり食べるのも良いですね。

ぜひブエノスアイレスにお越しの際は食べて見てください。

エンパナーダが登場する色々な国の記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
AKANE
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/04/04最終更新日:2021/04/04

Views:

アルゼンチンのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.