たびこふれ

【2021年】千葉の人気観光スポット35選! ジャンル別に厳選してご紹介

記事投稿日:2021/02/13最終更新日:2021/02/13

Views:

東京都に隣接し、広大な面積を誇る千葉県。都会的なエリアもあれば豊かな自然に触れられるエリアもあり、バラエティに富んだ観光スポットを抱える魅力ある県です。

今回は、自然系スポット、水族館、動物園、博物館、神社仏閣、テーマパーク、グルメスポットなど、ジャンル別に厳選した35のスポットを紹介しますので、ぜひ狙いを定めて出かけてみてください。

※2021年2月13日現在、千葉県には緊急事態宣言が発令されています。休業や時間短縮などの対応をしている施設もありますので、HPやSNSなどで最新情報をご確認の上、おでかけください。

目次

<1. 千葉の自然(海・山・渓谷)、公園>

<2. 千葉の水族館・動物園>

<3. 千葉の博物館・美術館>

<4. 千葉の鉄道>

<5. 千葉の歴史的建造物>

<6. 千葉の神社・仏閣・宮>

<7. 千葉のレジャースポット・テーマパーク>

<8. 千葉のショッピングスポット>

<9. 千葉のグルメスポット>

<10. 千葉のパーキングエリア>

<11. 千葉の複合施設>

1. 千葉の自然(海・山・渓谷)、公園

太平洋と東京湾に面している千葉県。内陸部には山がそびえ、地形を生かした公園が整備されています。

そんな自然に触れられるスポットを紹介します。

1.1 養老渓谷

千葉 養老渓谷
<出典元:写真AC

房総随一と称される温泉郷を有する養老渓谷。

周囲には、100メートルに渡ってゆるやかに流れ落ちる粟又(あわまた)の滝、源頼朝公が願掛(がんかけ)をしたと伝えられる出世観音・立國寺(りっこくじ)、約2万株のアジサイが植えられている麻綿原高原(まめんばらこうげん)など、名所が多数あります。

都会の近くながら、梅雨時のアジサイ、夏の水遊びやホタル観察、秋は紅葉と、豊かな四季が感じられるスポットです。

1.2 鋸山(のこぎりやま)

千葉 鋸山
<出典元:写真AC

名前の由来は、かつて東京湾から望む山の稜線(りょうせん)が鋸(のこぎり)の刃のように見えたことです。

鋸山のシンボル的な存在が山全体を境内(けいだい)とする「日本寺」です。

広大な境内は、ふもとに近いほうから順に「表参道エリア」「中腹エリア」「大仏広場」「羅漢(らかん)エリア」「山頂エリア」と名づけられ、それぞれに特色があります。

中でも山頂エリアにある断崖「地獄のぞき」(上記写真)はスリル満点で、絶対に訪れたいスポット。

ロープウェイで登ることもできるので、体力に自信がない方はぜひ利用しましょう。

    1.3 濃溝(のうみぞ)の滝、亀岩の洞窟

    千葉 濃溝の滝 亀岩の洞窟
    <出典元:写真AC

    清水渓流広場にある濃溝の滝と亀岩洞窟は、東京から約1時間半で行ける秘境です。

    洞窟から差し込む光が水面に反射して描き出すハート模様の写真がSNSで話題となり、多くの人が足を運ぶようになりました。

    ちなみに、この光景を見るのに最適な時期は、春と秋のお彼岸のころ、それも早朝がおすすめです。

    夏には蛍、秋には紅葉を観賞することもできるほか、洞窟近くの遊歩道には「幸運の鐘」と名づけられた鐘があります。

    自然を愛でながら、心癒される時間を過ごすことのできる、とっておきの場所です。

    1.4 チバニアン(千葉セクション)

    <出典元:Instagram

    「チバニアン」は、ラテン語で「千葉の時代」という意味。

    市原市田淵にある千葉セクションと呼ばれるめずらしい地層が元となり、2020年1月に地質時代の新しい区分として「チバニアン」と認定されています。

    約77万年前にできたとされる地層をじかに見られる、地球の歴史とロマンが感じられる場所です。

    ちなみに川岸に降りての見学となるため、汚れてもよい服装で、長靴の着用が推奨されています。

    • 住所:千葉県市原市田淵1157(チバニアンビジターセンター)
    • 営業時間:9:00~16:00
    • 定休日:毎週木曜日、年末年始(12月29日~1月3日)※木曜日が祝日の際は休館日を休前日に振り替えます
    • HP:チバニアン(市原市観光協会 公式サイト)

    1.5 ふなばしアンデルセン公園

    千葉 ふなばしアンデルセン公園
    <出典元:写真AC

    季節の花が咲き誇る広大な敷地を「自然体験ゾーン」「ワンパク王国ゾーン」「メルヘンの丘ゾーン」「子ども美術館ゾーン」「花の城ゾーン」の5つに分け、小さな子どもから大人まで、訪れた誰もが充実した時間を過ごせるように考えられた公園です。

    「雨でも楽しめるコース」「小さなお子様向けコース」「お花と景色散策コース」などのコースが用意されています。

    園内には、アスレチック、パターゴルフ、どうぶつふれあい広場、ミニカー広場などがあり、1日いても飽きません。

    • 住所:千葉県船橋市金堀町525
    • 営業時間:9:30~16:00(4月8日~10月31日の土曜日・日曜日・祝日、3月20日~4月7日、6月15日、7月20日~8月31日の全日は9:30~17:00)
    • 定休日:不定休
    • HP:ふなばしアンデルセン公園

    1.6 稲毛海浜公園

    千葉 稲毛海浜公園
    <出典元:写真AC

    東京湾に面し、長さ約3km・面積約83haという広さを誇る公園で、園内には人工海浜としては日本初となる「いなげの浜」や、ヨットハーバー、運動施設、大規模なプールが設置されています。

    海は浅瀬なので子どもでも安心ですし、プールで遊ぶこともできます。

    園内にある5万株近い植物が植栽されている花の美術館「三陽メディアフラワーミュージアム」も必見です。

    1.7 清水公園

    千葉 清水公園
    <出典元:写真AC

    キャッチフレーズは「自然とともだち」。「日本さくら名所100選」にも選ばれた桜並木を有する公園は、地形や自然の造形を生かしたつくりになっています。

    入園料は無料で、散策したりお弁当を広げたり走り回ったり、過ごし方は自由。国内最大級クラスのフィールドアスレチック、小さな動物たちが迎えてくれるポニー牧場などの有料施設も充実しています。

    アウトドア派に絶大な人気を誇るキャンプ場やバーベキュー場、その場で塩焼きが食べられるニジマス釣りも体験の価値ありです。

    • 住所:千葉県野田市清水906
    • 営業時間:各施設により異なる
    • 定休日:各施設により異なる
    • HP:清水公園

    1.8 昭和の森公園

    千葉 昭和の森公園
    <出典元:写真AC

    昭和の森公園の広さは、なんと東京ドーム23個分!

    平成元年に「日本の都市公園100選」に選定された公園で、「レクリエーションゾ ーン」「展望ゾーン」「スポーツゾーン」「中央林間ゾーン」「宿泊・野外活動ゾーン」という5つのゾーンに分かれています。

    季節の植物や生き物の観察ができることはもちろん、スポーツもOK。

    テニスコートやサッカー場などの施設、アスレチックやサイクリングコースといったレクリエーション設備も整備されています。

    展望台から一望できる太平洋の水平線は、必見です。

    • 住所:千葉県千葉市緑区土気町22
    • 営業時間:各施設により異なる
    • 定休日:各施設により異なる
    • HP:昭和の森公園

    1.9 江川海岸

    千葉 江川海岸
    <出典元:写真AC

    昼の顔と夜の顔を持つ江川海岸。昼の顔は、3月下旬から7月中旬までの期間限定で開催される潮干狩りです。

    潮の満ち引きによって遊べる時間帯が変わるので、出かける際は、江川漁業協同組合のHPに掲載されている「潮見表」を参考に。

    夜の顔は、夜景スポットとして楽しめることです。東京湾をはさんで向かいに位置する川崎市の工場地帯、その夜間照明が水面に反射する様子は、息をのむほどの美しさ(上記写真)。

    波が穏やかなため、ウユニ塩湖を彷彿とさせる写真を撮ることができ、SNS映えする場所としても人気です。

    2. 千葉の水族館・動物園

    生き物と触れ合える水族館や動物園も充実、施設ごとに備えたカラーで、訪れる人を迎えてくれます。

    2.1 鴨川シーワールド

    千葉 鴨川シーワールド
    <出典元:写真AC

    日常生活では目にすることのできない海の生き物たちと出会える、歴史の古い水族館です。

    世界中の海と生活の様子を再現した展示、人気者のシャチやイルカなど大型動物によるパフォーマンスなど、好奇心をくすぐるプログラムも多数用意されています。

    観るだけでなく一部の海の動物とふれあうことも可能です。

    • 住所:千葉県鴨川市東町1464-18
    • 営業時間:日によって異なりますので、公式サイトをご確認ください
    • 定休日:不定休
    • HP:鴨川シーワールド

    2.2 マザー牧場

    千葉 マザー牧場
    <photo by Tomoaki Kato

    広く四方を見渡せる鹿野山(かのうざん)に位置するマザー牧場で出迎えてくれるのは、ひつじ、牛、馬、ヤギ、ブタをはじめ、ウサギ、モルモット、アルパカ、カピバラなどたくさんの家畜や小動物たちです。

    乳しぼり、えさやりなど、動物と触れ合えるプログラムも充実しています。

    100頭以上のひつじが大地を駆け抜ける「ひつじの大行進」、19種類のひつじの毛刈りをみることができる「シープショー」は必見です。

    遊園地が併設されていたり、味覚狩り、手作り体験なども楽しむことができます。

    • 住所:千葉県富津市田倉940-3
    • 営業時間:
      2月~11月 土日祝 9:00~17:00、平日 9:30~16:30/
      12月~1月 土日祝 9:30~16:00 平日 10:00~16:00
    • 定休日:不定休
    • HP:マザー牧場

    2.3 千葉市動物公園

    千葉 千葉市動物公園
    <出典元:写真AC

    立ち姿が愛らしいレッサーパンダ「風太(ふうた)」くんの存在で一躍脚光を浴びた動物園です。

    ライオンやチーターなど猛獣類も飼育されていますが、どちらかというと、カピバラやプレーリードッグなど、小動物の飼育に力を入れているようです。

    また、国内でも有数の種類を誇るサルが出迎えてくれる「モンキーゾーン」は必見です。

    • 住所:千葉県千葉市若葉区源町280番地
    • 営業時間:9:30~16:30(入園は16:00まで)
    • 定休日:
      毎週水曜日(水曜日が休日にあたる場合は翌日)/
      年末年始(12月29日から1月1日)
    • HP:千葉市動物公園

    2.4 市原ぞうの国

    千葉 市原ぞうの国
    <photo by ogajud

    市原ぞうの国は、その名の通り、ぞうの楽園です。

    国内では最多となる10頭以上のぞうが飼育されています。

    背中に乗れる「ぞうさんライド」、鼻にぶら下がれる「ぞうさんリフト」のほか、子ぞうと一緒に記念撮影できるプログラムもあります。

    ぞう以外にもカピバラ、カバなど約100種の動物が暮らしています。

    東京都の荒川河川敷で保護され「ケープ」くんと名づけられた鹿も人気を集めています。

    • 住所:千葉県市原市山小川937
    • 営業時間:10:00~16:00(最終入園時間 15:00)
    • 定休日:木曜日
    • HP:市原ぞうの国

    3. 千葉の博物館・美術館

    千葉県には独自の趣向をこらした博物館、美術館が多数あります。インドア派の人にもおすすめの博物館・美術館を紹介します。

    3.1 航空科学博物館

    <出典元:Instagram

    昭和の時代に建設された成田国際空港にちなみ、航空の歴史や科学知識を広く伝える施設としてオープンした博物館です。

    普段は目にすることのできないエンジン、主翼の断面や大型模型などが展示されているほか、フライト体験ができるコーナーもあります。

    屋外展示場には、小型飛行機から大型飛行機までがずらり並びます。

    • 住所:千葉県山武郡芝山町岩山111-3
    • 営業時間:10:00~17:00(入館16:30まで)
    • 定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)/年末12月29日から31日/8月の休館日は24日、31日
    • HP:航空科学博物館

    3.2 ホキ美術館

    千葉 ホキ美術館
    <photo by nekyox

    日本初、世界でもほとんど例がないという写実絵画専門の美術館です。

    写実絵画とは、見たものをそのままに描くこと。緻密な線と色を重ね、時間をかけて仕上げた作品はまるで写真を見ているかのような錯覚に陥ります。

    展示形態は、写実絵画の第一人者である野田弘志、森本草介作品の常設展示がされているほか、定期的な企画展も。

    回廊型のギャラリーは絵の繊細さを邪魔することのないように設計され、作品以外のものは目に入らないように配慮されています。

    • 住所:千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15
    • 営業時間:10:00~17:30(入館受付は17:00まで)
    • 定休日:火曜日
    • HP:ホキ美術館

    4. 千葉の鉄道

    都心へとつながる鉄道もあれば、ローカルで哀愁漂う鉄道も走る千葉県。鉄道マニアでなくてもおさえておきたいおすすめの鉄道を紹介します。

    4.1 いすみ鉄道

    千葉 いすみ鉄道
    <出典元:写真AC

    乗り鉄、撮り鉄と称される鉄道マニアも数多く訪れるのが、いすみ鉄道です。

    一両編成の電車が里山を走る姿は、まるで日本の原風景そのもの。

    駅に降り立てば、それぞれの土地の歴史と生活が伝わってくるようです。

    のんびりと列車の振動に身をゆだねるもよし、気になる駅で下車して散策するもよし。

    グルメを楽しみたいなら「レストラン列車」の利用や、地元の食材をふんだんに使ったお弁当を予約するのがおすすめです。

    5. 千葉の歴史的建造物

    千葉県内には再開発されないままに残る歴史的建造物も多数あります。その中から、ぜひ足を運んでおきたい2か所をピックアップしました。

    5.1 佐原の町並み

    千葉 佐原の町並み
    <出典元:写真AC

    水運が栄え、「お江戸見たけりゃ佐原へござれ、佐原本町江戸まさり」との戯歌に名を残す佐原の街並み。

    そんな街並みを堪能できる小野川沿岸や香取街道は、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのようなたたずまいです。

    特に小野川を就航する舟から眺める街並みは、格別です。

    この街並みは、関東地方初となる「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、昔からの家業を継いで営業を続ける商家も多数存在します。

    伊能忠敬の旧宅もあり、国の史跡に指定されています。

    5.2 犬吠埼(いぬぼうさき)灯台

    千葉 犬吠埼灯台
    <出典元:写真AC

    銚子市にある犬吠埼灯台には、いくつもの肩書きがあります。

    全国に16しかない「登れる灯台」のひとつであり、大海原広がる「世界100選」の灯台のひとつでもあり、近代化産業遺産、国の登録有形文化財に登録されています。

    また、山頂や離島以外では日本でいちばん早く初日の出を見ることができるスポットとして知られています。

    そんな灯台が立つ三方を海に囲まれた断崖絶壁のロケーション、99段ものらせん階段を登った先から見下ろす荒波は、迫力満点です。

    灯台から降りたら、隣接する犬吠埼灯台資料展示館を見学したり、周辺で磯遊びをしたりして過ごすこともできます。

    6. 千葉の神社・仏閣・宮

    パワースポットとしても人気を集める神社・仏閣・お宮の中から、千葉県で立ち寄りたい2つを厳選しました。

    6.1 成田山新勝寺

    千葉 成田山新勝寺
    <出典元:写真AC

    海外からも含め年間1000万人を超える参詣客が訪れる成田山新勝寺。

    その歴史は1000年を超えています。

    境内には、開山以来1日も欠かすことなく御護摩祈祷が行われている大本堂、1712年に建てられた、国指定の重要文化財となる三重塔、出世稲荷、釈迦堂など、いくつもの見どころがあり、それぞれで御朱印がいただけます。

    写経体験もでき、用紙をいただいて自宅で写経した後の納経も可能です。

    • 住所:千葉県成田市成田1
    • 営業時間:季節により異なる
    • 定休日:無休
    • HP:成田山新勝寺

    6.2 香取神宮

    千葉 香取神宮
    <出典元:写真AC

    香取神宮に祭られているのは経津主大神(ふつぬしのおおかみ)、別名を伊波比主命(いはひぬしのみこと)といい、全国各地に400社ほどある香取神社の総本社となっています。

    国宝に指定された「海獣葡萄鏡(かいじゅうぶどうきょう)」をはじめ多数の文化財を収蔵所有することでも知られているほか、国が重要文化財として指定している「本殿」と「楼門」など、見どころ満載。

    悠久の時の流れが感じられるスポットです。

    • 住所:千葉県香取市香取1697-1(下總國一之宮 香取神宮)
    • 営業時間:8:30~17:00(授与所、御朱印の通常の受付時間)
    • 定休日:無休
    • HP:香取神宮

    7. 千葉のレジャースポット・テーマパーク

    広い千葉県には、メジャーなスポットもあればマニアックなスポットも。要チェックのスポットを紹介します。

    7.1 東京ディズニーランド(R)

    「千葉県といえば、東京ディズニーランド(R)」といわれるほど有名テーマパーク。

    入場ゲートをくぐれば、「夢と魔法の王国」というキャッチコピーそのままの世界が、目の前に広がります。

    多種多彩なアトラクションが楽しめ、人気キャラクターやダンサーたちによる本格的なショーやパレードも楽しめます。

    子どもから大人までだれもが笑顔になれる空間です。

    • 住所:千葉県浦安市舞浜1-1
    • 営業時間:日によって異なりますので、公式サイトをご確認ください
    • 定休日:無休
    • HP:東京ディズニーランド(R)

    7.2 東京ディズニーシー(R)

    1983年に開園したディズニーランド(R)に続き、2001年に開園したのが東京ディズニーシー(R)です。

    その名の通りテーマは「海」で、ランドとは味わいの異なるアトラクションやショーに興じることができます。

    トイストーリーやニモ、インディジョーンズなど、子どもにも大人にもおなじみの物語をあちらこちらで見ることができます。

    • 住所:千葉県浦安市舞浜1-13
    • 営業時間:日によって異なりますので、公式サイトをご確認ください
    • 定休日:無休
    • HP:東京ディズニーシー(R)

    7.3 龍宮城スパ・ホテル三日月

    <出典元:Instagram

    都心から40分弱というロケーション、東京湾に面した広大な敷地に立つスパリゾートです。

    東京湾とその背後の街並みを一望できる展望温泉施設、屋内外のプールやスパ、バギーの乗車体験ができるフィールドやエンターテイメント施設などが用意されています。

    スパエリアでの水と光の共演「ダンシングウォーター」や「レーザーショー」も一見の価値ありです。

    ホテルのお部屋は、すべてオーシャンビューを実現。

    7.4 東京ドイツ村

    千葉 東京ドイツ村
    <出典元:写真AC

    広々とした里山にドイツの田園風景を再現した東京ドイツ村のキャッチコピーは「花と緑のテーマパーク」。

    美しい花が咲き乱れるフラワースポットや遊歩道に加え、こども動物園、ドイツ村の犬が迎えてくれるわんちゃんランドなど、動物系の施設も充実しています。

    観覧車、芝そりゲレンデなど有料のアトラクションも楽しめ、冬のイルミネーションは多くの人から人気を集めています。

    園内を車で移動できることも、うれしいポイントです。

    • 住所:千葉県袖ケ浦市永吉419
    • 営業時間:
      3月29日~10月29日 9:30~17:00(最終入園16:00)/
      10月30日~3月28日 9:30~20:00(最終入園 平日19:00 土日祝19:30)
    • 定休日:無休
    • HP:東京ドイツ村

    7.5 蓮沼ウォーターガーデン

    <出典元:Instagram

    九十九里浜に面した千葉県最大級のプール施設、蓮沼ウォーターガーデンは、まるでプールの遊園地。

    スタート時の垂直落下がスリル満点の「サンダースライダー」、専用の浮き具に乗ってくねくねとしたチューブの中を滑走する「トルネードツイスト」は、一度体験したら病みつきになること請け合いです。

    小さなお子様向けには、幼児用すべり台や「せせらぎ」「沢」と銘打たれた浅いプールもあります。

    • 住所:千葉県山武市蓮沼ホ368-1
    • 営業時間:9:00~17:00
    • 定休日:7月20~22日、7月27~31日、9月の平日(2020年度)
    • HP:蓮沼ウォーターガーデン

    7.6 フォレストアドベンチャー・ターザニア

    <出典元:Instagram

    フォレストアドベンチャー・ターザニアは、健康とスポーツをテーマにした複合リゾート「リソルの森」の一角にあります。

    専用のハーネスを着用して、樹から樹へと空中を移動するヨーロッパ生まれの森林冒険施設で、66のアクティビティを用意しています。

    遊びを通してルールを守ることを覚え、チャレンジ精神やコミュニケーション能力を育むなど、子どもの人間形成にも力を入れた施設です。

    8. 千葉のショッピングスポット

    千葉はショッピングスポットも充実しています。

    8.1 イクスピアリ

    <出典元:Instagram

    イクスピアリは、体験を意味する英語「Experience(イクスペリエンス)」と、ペルシャ神話の妖精「peri(ピアリ)」というワードを組み合わせた造語。

    9つのゾーンからなる東京ディズニーリゾート(R)に隣接するショッピング街です。

    ファッション、アクセサリー雑貨、レストラン、カフェやフードコート、映画館など140に及ぶ店舗が軒を連ねます。

    • 住所:千葉県浦安市舞浜1-4
    • 営業時間:各店舗により異なる
    • 定休日:無休
    • HP:イクスピアリ

    8.2 ららぽーとTOKYO-BAY

    千葉 ららぽーとTOKYO-BAY
    <photo by : : Ys [waiz] : :

    三井不動産が開業、三井不動産商業マネジメント株式会社が管理・運営する複合型のショッピングセンターで、各地にある「ららぽーと」の1号店でもあります。

    いわゆる大型ショッピングセンターのはしりで、売り場面積の広さは日本屈指。専門店、飲食店、アミューズメント施設など、400を超える店が軒を連ねています。

    人気ショップから、知る人ぞ知るマニアックなお店まで、満足のいく買い物ができること間違いなしです。

    • 住所:千葉県船橋市浜町2丁目1-1
    • 営業時間:各店舗により異なる
    • 定休日:不定休
    • HP:ららぽーとTOKYO-BAY

    8.3 三井アウトレットパーク 木更津

    <出典元:Instagram

    三井アウトレットパーク木更津は、約300店もの国内外のブランドが出店する首都圏最大級のアウトレットモール。

    世界的に名の知れた一流ブランドはもちろん、ローカルブランドや新規ブランドの質の高い商品がずらり、それらをアウトレット価格で購入できます。

    東京、新宿、品川、横浜、川崎など、都心近辺の各地からは直行バスも運行しているので、訪れやすいこともうれしいポイントです。

    9. 千葉のグルメスポット

    千葉のソウルフード、ご当地グルメはこちらです。

    9.1 梅乃家(竹岡式ラーメン)

    千葉 梅乃家 竹岡式ラーメン
    <photo by 8ch

    千葉県のご当地ラーメンのひとつ「竹岡式ラーメン」の元祖といわれているのが、富津市・竹岡駅から2kmほどの距離にあるラーメン店・梅乃家です。

    竹岡式ラーメンの特徴は、乾麺を使っていること、チャーシューの煮汁をお湯で割ってラーメンスープにしていることです。

    スープの見た目は真っ黒ですが、見た目の印象よりはあっさりとした味わい。

    玉ねぎのみじん切りをトッピングするのがツウの食べ方です。

    • 住所:千葉県富津市竹岡410
    • 営業時間:
      月・木・金 10:00~19:00(LO)/
      土・日・祝 10:00~18:00(LO)
    • 定休日:火曜日・水曜日
    • HP:梅乃家 公式Twitter

    9.2 江ざわ(勝浦タンタンメン)

    <出典元:Instagram

    竹岡式ラーメンと並んで千葉県のご当地ラーメンとして知られているのが、勝浦市でしか食べられない「勝浦タンタンメン」。

    味の仕立て方は店ごとに工夫をこらしていますが、その元祖を名乗るのが、江ざわです。

    見るだけで大汗をかきそうなくらい真っ赤な辛いラーメンは、もともと海に出た漁師の冷えた体を温めるために考案されたものだとか。

    辛いものが好きな方におすすめです!

    • 住所:千葉県勝浦市白井久保296-8
    • 営業時間:平日 11:30~14:30/土日 11:30~15:30
    • 定休日:月曜日(臨時休業あり)
    • HP:江ざわ 公式Facebook

    9.3 ホワイト餃子店 野田本店

    <出典元:Instagram

    全国にチェーン展開するホワイト餃子、その本店が千葉県野田市にあります。

    ホワイト餃子の特徴は、皮が厚いことと、野菜が多めに使われていること、そして、油をたっぷり使い、全体をこんがりとしたキツネ色に焼きあげることです。

    外はカリカリ、中はモチモチという絶妙の食感、野菜と肉汁のかもし出す抜群のうま味は、多くの人をとりこに。

    生餃子のテイクアウトもできます。

    • 住所:千葉県野田市中野台381
    • 営業時間:生販売 9:00~売切れまで/ご飲食 平日のみ 5:00~19:00
    • 定休日:水曜日/年末年始
    • HP:ホワイト餃子店 野田本店

    9.4 ばんや

    <出典元:Instagram

    千葉といえば海、海といえば魚介類。

    ばんやは、千葉県安房郡鋸南町保田(あわぐんきょなんまちほた)にある漁業協同組合直営のお食事処です。

    獲れたばかりの新鮮な魚介類をふんだんに使った料理は、海の男たちも大満足のボリューム。

    しかもお値段は、漁協直営だから実現できる特別価格となっていて、うれしさもおどろきも2倍です。

    メニューが水揚げの状況によって変わるのも、漁港ならでは。

    温泉が併設され、宿泊もできるので、海鮮好きならぜひとも立ち寄りたいお店です。

    • 住所:千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5(ばんや本館)
    • 営業時間:平日 9:30~17:45(LO17:00)/土日祝 9:30~19:30(LO18:45)
    • 定休日:無休
    • HP:ばんや

    10. 千葉のパーキングエリア

    東京湾アクアラインの開通で、都心から車でのアクセスが便利になった千葉県。併設のパーキングエリアも名所のひとつになっています。

    10.1 海ほたる

    千葉 海ほたる
    <出典元:写真AC

    海ほたるは、東京湾アクアライン上に建設されたパーキングエリア。

    世界でもめずらしいといわれる海に浮かぶ5階建てパーキングで、1~3階までが駐車場、4階がショッピングフロア、5階がレストランフロアという構成です。

    展望デッキからの眺めは、360度のオーシャンビューを実現、夕方以降は夜景スポットとしても人気となっています。

    アクアラインの裏側に潜入できる海底トンネル探検(要予約)への参加もおすすめです。

    • 住所:千葉県木更津市中島 地先 海ほたる(海ほたるPA)
    • 営業時間:各施設により異なる
    • 定休日:各施設により異なる
    • HP:海ほたる

    11. 千葉の複合施設

    「買う・食べる・泊まる」の3点セットでのんびり過ごしつつタイムスリップできる複合施設は、こちらです。

    11.1 保田(ほた)小学校

    <出典元:Instagram

    「保田小学校」は、廃校となった小学校の校舎を道の駅として使用しています。

    教室、音楽室、廊下など、学校らしさも名前もそのままに「都市交流施設・道の駅 保田小学校」として生まれ変わりました。

    体育館は地域の生鮮品や名産が並ぶ市場、教室は給食が食べられる食堂にするなど、お店ごとにこらした趣向がとてもステキです。

    そして、なんと入浴施設も完備し、宿泊も可能です。

    • 住所:千葉県安房郡鋸南町保田724(道の駅 保田小学校)
    • 営業時間:各施設により異なる
    • 定休日:各施設により異なる
    • HP:保田小学校


    数ある千葉県の観光スポットの中から、厳選して紹介しました。気になるスポットはありましたか? 日帰りで1カ所を厳選して訪れるもよし、泊まりがけで複数の場所を組み合わせるもよし、どうぞ楽しい時間を過ごしてください。

    ※2021年2月13日現在、千葉県には緊急事態宣言が発令されています。休業や時間短縮などの対応をしている施設もありますので、HPやSNSなどで最新情報をご確認の上、おでかけください。

    関連記事

    プロフィール画像
    この記事を書いた人
    国内の人気観光地研究部
    • Facebook シェア
    • twitter シェア
    • はてなブックマーク  シェア
    • LINE シェア
    • instagram

    記事投稿日:2021/02/13最終更新日:2021/02/13

    Views:

    千葉のアクセスランキング

      © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.