たびこふれ

乗ってきました!千葉・いすみ鉄道グルメ列車(2017年7月2日の体験記)

記事投稿日:2020/07/31最終更新日:2020/07/31

Views:

いすみ鉄道は、千葉県JR外房線大原駅から上総中野駅までを結ぶ全14駅、26.8kmのローカル線。週末には房総特産の伊勢海老を使ったグルメ列車が走っていて、主に土曜日はイタリアン、日曜は和食のコースが楽しめます。イタリアンの場合はワインが飲み放題になっていたので、 のんべえの私としては迷わすイタリアンを選択!乗車日までわくわくしながら待ちました。

※この記事は2017年7月2日の体験記です。

ようこそいすみ鉄道へ.png

目次

グルメ列車の出発は大多喜駅

まず外房線に乗って大原駅を目指します。大原駅に到着するとおそらくグルメ列車の乗客と思われるアラフィフ世代のカップルがちらほら・。いすみ鉄道に乗り換え、車窓の景色を楽しみながら大多喜駅へのんびりと向かいます。春には菜の花、初夏にはアジサイなど、美しい自然豊かな田園風景が広がります。グルメ列車のコーディネイトは大多喜駅からなので、ここまでは 「勝手に来てください」 というスタンスになります。

あじざいがきれい.png
<あじさいがきれい>

車内にはムーミングッズの売店がありました。どうやって買うのかな?車掌さんに言うのかな?ちょっとよくわかりません。復路途中駅でも15分ほど停車しますのでそこで購入可能です。私はハンカチをお土産にしました!大原駅の小さな売店にもグッズが置いてありましたよ。

社内の売店.png
<車内の売店>

大多喜駅に到着するとグルメ列車の乗客はいったん降ろされ、グルメカーの到着を待ちます。まっている間には大多喜駅の土産店で時間調整。ホームの反対側にムーミン車両がとまっていましたが、残念ながらこちらはグルメカーではありません。

おおたき駅と列車.png
<おおたき駅と列車>

ムーミン車両.png
<ムーミン車両>

さあ、お待ちかのイタリアン・フルコースが始まります

グルメカーは原則2名参加を想定しています。向かい合わせのボックス席の片方をテーブルに改造してあります。3名や4名グループで参加した場合は向かい合わせにはならず、通路を挟んだ横並びになります。

乗車してしばらくはスタッフの案内を聞きます。見た目によらず(失礼!)トークがいけてて面白いです。

スタッフがガイドします。おもしろい!.png
<スタッフがガイドをします。おもしろい!>

お待ちかねの食事が始まります.png
<お待ちかねのお食事が始まります>

お料理は突き出しとスパークリングワインから始まります。その後、シーフードの前菜、パスタ、魚料理、メインの伊勢海老と続きます。

つきだし.png
<突き出し>

前菜盛合せ.png
<前菜盛合せ>

パスタ.png
<パスタ>

魚料理.png
<魚料理>

メイン料理は伊勢海老.png
<メインは伊勢海老料理>

味はなかなかのもの!!超ローカル!なのになかなかのクオリティ!頑張ってる!

お食事中は赤・白グラスワインが飲み放題なので、すっかりイイ気分です。

最後に・・・?

食事が終了するころ、列車は大原駅へと戻ってきます。戻ってくる直前にちょとした事件が起こります。

社内アナウンスで「まもなくムーミン谷が見えてまいります」・・逃すまい!と必死でカメラを構えた瞬間!

「・・・・・・」

事件を目撃しに"いすみ鉄道"に乗車してみてください!一生懸命がんばっています!ほんとうに!

いすみ鉄道 レストラン列車

・公式ホームページ:https://www.isumirail.co.jp/restaurant

・レストラン列車の予約:https://opt.jtb.co.jp/kokunai_opt/products/products.aspx?products=1057626

※参加資格は小学生以上。未就学児童の参加・同伴はできませんのでご注意ください。

※この記事は2017年7月2日の体験記です。

プロフィール画像
この記事を書いた人
クリスタルあきこ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/07/31最終更新日:2020/07/31

Views:

千葉のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.