たびこふれ

キプロス料理に感動!食事を目当てに訪れるのもオススメなキプロスのグルメをたっぷりご紹介します!

記事投稿日:2020/06/18最終更新日:2020/06/18

Views:

こんにちは!今日は地中海に浮かぶ小さな国「キプロス」の美味しい食事をご紹介いたします。

まずは皆さん、キプロスという国がどこにあるかお分かりでしょうか?

中東レバノンの西、トルコの南のあたりに浮かび、EU(ヨーロッパ連合)に加盟するヨーロッパの国なんです。

ちなみに、キプロスの観光情報などは下記の記事で紹介していますので、是非ご覧ください!

▼キプロスの観光情報などはこちらから!
女神の伝説が残る地中海の島キプロスの魅力を徹底的にご紹介!

目次

キプロスはギリシャ系とトルコ系の国です!

前回の記事でもお伝えしましたが、キプロスは北と南でトルコ系とギリシャ系に分かれて住民が住んでいます。

今回紹介する食事は、ほぼ南のギリシャ系のキプロスで食べた料理になりますが、非常に美味しかったのでご紹介したいと思います。

キプロス食事イメージ.jpg
<キプロスの食事(一例)>

まず、キプロスの食事は量が非常に多かったです!大食漢の私でも非常に大満足な量でした笑。 

しかも、料金もそこまで高くないのが、なおうれしい国でした。

ちなみに、小食の方は非常に多いと感じると思いますので、少しずつつまむイメージで無理して全部食べることのないようお気をつけくださいね。

とっても美味しいキプロス料理ってどんな料理?

世界三大料理の「トルコ料理」と、無形文化遺産の「ギリシャ地中海料理」の組み合わせ!

キプロスは上述の通りギリシャ系とトルコ系の国です。

食事についても諸説ありますが、世界三大料理と称される「トルコ料理」と、健康や長寿によい影響があることで注目されている"地中海式ダイエット"で有名な「ギリシャ料理」の文化の影響を色濃く受けた料理になります。

ちなみに、地中海式ダイエットはユネスコの無形文化遺産にも登録されている点でも注目ですね!

▼関連記事:
無形文化遺産にも登録!南イタリア・チレント地方の"地中海式ダイエット"とは?

キプロス料理はメゼです

「メゼ」が何かというと、ギリシャに旅行された方はご存知かと思いますが、メゼと呼ばれる小皿料理が何種類も出てくるメニューのことを指します。

キプロスの人は肉、シーフード、野菜、果物、オリーブ、チーズ、パン、ワインなどをじっくり時間をかけて食べるそうです。

また、お店によってはシーフード系のメゼ、肉系のメゼと提供されるお店もあるようです。

▼関連記事:

キプロス独特のチーズ「ハルミチーズ」はキュッキュと音が鳴ります

ハルミチーズのサラダ.jpg
<ハルミチーズのサラダ>

前菜にはよくチーズが入ったサラダが出てきます。写真はキプロス独特のチーズ「ハルミチーズ」のサラダです。

ハルミチーズとは、ヤギや羊の乳から作られるそうです。熟成はさせていないようで、保存のために塩分がかなり強いと言われています。焼いても溶けない種類のチーズです。

このチーズの最大の特徴は、噛むとキュッキュッと音が鳴って、グミを食べているような食感のチーズです。

ちなみに、前菜で出されるサラダにはハルミチーズの他に、ギリシャで有名なフェタチーズが使われるものもたくさん出てきます。フェタチーズもヤギや羊の乳で作ったチーズなので、ハルミチーズと何が違うのかは正直よくわかりません笑。

キプロス料理のメゼその1. フェタチーズのサラダ

それではここからは、実際に食べたメゼをご紹介をします!

今回ご紹介するのは肉のメゼです。それぞれの写真は1人分ではなくて大体4人分くらいで、それをシェアする形になります。

フェターズのサラダ.jpg
<フェタチーズのサラダ>

先ほどご紹介したハルミチーズのサラダとは異なり、こちらのフェタチーズのサラダはオリーブもたくさん使われているのが分かるかと思います。

ちなみに食べるときには、さらにオリーブオイルをかけて食べます笑。

キプロス料理のメゼその2. ピタパンとディップソース

ピタパン.jpg
<ピタパン>

タラモディップなど.jpg
<タラモディップなど>

続いては、トルコや中近東でよく出てくるピタパンとディップソースです。

今回のディップソースはタラモだったりチーズが混ざってるソースにゴマペーストでしたが、お店によって種類は異なるものの、パンと一緒に3種類ぐらいのディップソースがついてきます。これだけでもお腹いっぱいになりそうですね。

キプロス料理のメゼその3. 焼いたハルミチーズとソーセージ

焼いたハルミチーズ.jpg
<焼いたハルミチーズとソーセージ>

続いては、先ほど紹介したハルミチーズを焼いたものと、血で固めたソーセージです。

焼いたハルミチーズもやはり食感が独特で不思議です。あとは何の動物の血かは忘れましたが、血のソーセージです。

血というと嫌がる方もいるかもしれませんが、普通のソーセージのようにプリっとした歯ごたえはないものの、レバーのような独特な味がします。赤ワインとはよく合う印象のソーセージです。

キプロス料理のメゼその4. 焼いたチキン & トゥロトゥロ

チキン焼いたの.jpg
<焼いたチキン>

ほうれん草と卵ソテー.jpg
<トゥロトゥロ(ほうれん草と卵のソテー)>

続いては、チキンを焼いたものと、「トゥロトゥロ」と呼ばれる野菜といり卵のソテーです。今回はほうれん草がメインのものでした。このトゥロトゥロは箸休めにもちょうどよかったです。

キプロス料理のメゼその5. キプロス風ビーフシチュー & ラムとジャガイモの煮込み

ビーフシチュー.jpg
<ビーフスティファド(キプロス風ビーフシチュー)>

ラムの煮込み.jpg
<ラムとジャガイモの煮込み>

やっとメイン料理が出てきました!キプロス風ビーフシチューの「ビーフスティファド」と、名前を忘れましたがラムとジャガイモの煮込みです。

ビーフシチューはちょっと味が濃い目ですが、ピタパンをつけて食べたり、赤ワインと食べる分にはちょうどよいかと思います。

ラムの煮込みに関しては、ラムのにおいが嫌いな方にはちょっと難しいかもしれません。一緒に食事した方はラムが苦手のようで、「これはちょっと、、、」と避けておりましたので・・・ちなみにラム好きからすると、脂のところのラム特有の臭みが非常に美味しく感じられました笑。

キプロスの食事全体のイメージ

キプロス食事イメージ.jpg

キプロスの食事全体のイメージはこんな感じです笑。

デザート

デザート.jpg
<デザート>

最後はもちろん、デザートも出てきます。

今回は、揚げ団子のようなものにハチミツをかけたものでした。最後も揚げたものなので少々ハードでしたが・・・

他にも肉系の料理を食べました!

ムサカ.jpg
<ムサカ>

チーズをあげたやつ.jpg
<チーズを揚げたもの>

肉料理その他.jpg
<肉料理>

ギリシャならではのムサカ(グラタン)や、チーズパイのようなものなども他のお店で食べました。どれも美味しくておススメです。

▼関連記事:
ゲミスタにムサカなど、ギリシャ料理を4種ご紹介!日本人のお口にも合いますよ!

シーフード料理はこんな感じです!

魚ドーン.jpg
<魚がドーンと!>

シーフードも食べました!この魚はマスだったかと思いますが、こちらはトロードス地方で食べました。ちなみにひとり1匹です。

タコのマリネ?.jpg
<タコのマリネ>

カラマリ.jpg
<カラマリ(イカフライ)>

他にも、海外では非常に珍しいタコのマリネと、ギリシャではおなじみの「カラマリ(=イカフライ)」です。

▼関連記事:
ギリシャ・アテネで食べたい!格安シーフードレストラン

忘れてはいけない食事のお供・ワインのご紹介!!5000年以上の歴史があります!

コマンダリアワイン.jpg
<右側にあるのがコマンダリアワイン>

キプロスでもワインが造られていますが、キプロス独特のワインと言えば「コマンダリアワイン」。写真の右側の細長いボトルのワインです。

ボトルを見ると、デザートワインかと推測される方がいらっしゃるかと思いますが、その通りコマンダリアワインは非常に甘みが強いデザートワインのようなワインです。

そのため、食中酒というよりは食後に飲むのがオススメです。もちろん、キプロスでは食中酒で飲むようなワインも製造されています。

ちなみにこのコマンダリアワインは非常に長い歴史があり、古代ギリシャ時代から作られていると言われ、5000年以上もの歴史を持つと言われています。

この「コマンダリア」とは、十字軍の騎士団が良質なワインを作り出した地域を"コマンドエリア"という風に呼んでいたことに起源を発しているようです。今でもトロードス地方のふもとの村オモドスなどでしか作られていないというワインです。 ワイナリー見学もできますので、ワイン好きの方は必見です。

キプロスは、食事で感動した数少ない国のひとつとなりました

キプロスの食事はいかがでしたでしょうか。食事も旅の醍醐味の一つです。私もこれまでいろいろな国々を訪れましたが、食事で非常に感動した数少ない国のひとつがこのキプロスです。

食文化に興味があるという方は騙されたと思って、一度食事目当てでキプロスを訪れてみるのもおすすめです。

都内にはキプロス料理のレストランはないようで、近いギリシャ料理のレストランもそんなに多くありませんので、試してみたい方は是非現地に行きましょう!

とは言え、今はまだ新型コロナウイルスの影響で自由な移動や旅行は制限されていますので、状況が落ち着いた際にはこのキプロス訪問をオススメします!

そして、キプロスの魅力をお友達に自慢しながら広めていただければと思います!

関連記事:キプロスに関するその他の記事はこちらをチェック!

プロフィール画像
この記事を書いた人
アメイズの人
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/06/18最終更新日:2020/06/18

Views:

キプロスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.