たびこふれ

ギリシャ/おひとりさまにもおすすめ!ローカルの「たまり場」でメゼはいかが?

記事投稿日:2017/11/19最終更新日:2017/11/19

Views:

外でお茶や食事をするのが大好きなのがギリシャ人。街を歩いていると、オープンカフェや外にテーブルを並べたレストランをよく見かけます。景観のよい場所だけでなく、ちょっと小汚い通りであっても、なぜか魅力的。昔ながらのカフェニオン(主に、年齢層の高い男性客が集う伝統的なカフェ)で、通りを行き交う人々を眺めながらカフェやメゼを楽しんでいる老人を見ると、ちょっといいなと思ってしまいます。そういうお店はちょっと入りにくい雰囲気だったりするのですが、超ローカルな客層&雰囲気ながらもハードル低めなお店も結構あります。

今回ご紹介するのは、アテネ中心エリアにあるそんなお店のひとつです。

文化人にも愛される庶民派カフェ

1.JPG

モナスティラキとオモニアの中間にあるヴァルヴァキオス・アゴラ(中央市場)。その周辺には庶民的でおいしい飲食店も沢山あります。

青果市場の裏手、老舗のオリーブ屋さんなどがあるセアトルー通りへ入ったところにあるのが「ティス・セアトルー・ト・ステキ」というアナプシクティリオ(とても庶民的なカフェのようなお店)。はっきり言って見た目は全然いけてないのですが、お手ごろ価格のメゼがなかなかおいしく、接客もフレンドリー。1999年の開業以来、幅広い客層に愛されているお店です。店名は「セアトルー通りのたまり場」のような意味。その名の通り、いつも常連客でにぎわっていますが、旅行者がふらっと入っても歓迎してくれるのでご安心を。

指さし注文できるので、旅行者にも安心

メニューは英語併記。また、ショーウィンドウに並べられた料理の現物を見て指さしで注文することもできます。

4.JPG

丁度、ウィンドウに並んだ料理が減ってる時に撮ったので寂しい写真になってしまいましたが......メニューはこのようなメゼ(小皿料理)が中心です。チーズのスプレッド、豆のペーストやサラダ、シーフード。ここには写ってませんが肉料理なども。

3.JPG

この日注文したのは、なすや赤ピーマンのバルサミコ風味、カラマリフライ、ギリシャ風ミートボール、アンチョビマリネ、ムール貝、ギリシャサラダ。アンチョビマリネは、ここのはそれほどでもという感じでしたが、カラマリフライは柔らかでおいしかったです。

5.JPG

定番のギリシャ料理以外に料理人のオリジナルっぽい料理もいくつかあり、ムール貝の料理もそのひとつ。ターメリックや唐辛子でほどよくスパイシーに味付けされています。多分冷凍ムール貝ながら、これはこれでなかなかよくて、ワインやウゾにぴったりのおつまみでした。

店舗情報

住所:3-5 Theatrou Street, Athens
営業時間:月~土曜5:00~20:00、日曜6:00~19:00

プロフィール画像
この記事を書いた人
アナグノストゥ直子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/11/19最終更新日:2017/11/19

Views:

ギリシャのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.