たびこふれ

絶景!8000m級の山々 ネパール マウンテンフライト!

記事投稿日:2020/05/03最終更新日:2020/05/03

Views:

はじめに

こんにちは!よしこです。この度、1月11日より8日間、世界最高峰に抱かれた国ネパールへ行って参りました。ネパールと言えば『山』!!今回はエベレスト遊覧飛行あり、8000m級の山々の風景を眺めるハイキングあり、さらに野生動物にも会える旅でした。正直、ネパールって国に興味がなかったのですが、今回初めて行ってみて、大好きになりました。今回のたびこふれでは、大好きになったネパールの魅力第一弾、マウンテンフライトについてご紹介します。

エベレストマウンテンフライトに搭乗するまで

朝6時に、カトマンズ空港の国内線ターミナルに集合。6時半発のフライトを待ちます。このマウンテンフライトは、国内線扱いで搭乗券もあるし、座席も指定制です。全員、窓側に座れるので、早い者勝ちってことはないです。飛行機は、19人乗り~72人乗りまであって、セスナ機ではないので、安定して乗れます。

写真1.jpg

6時半発のフライトでしたが、霧がかかっていた為、結局10時半まで待ちました・・・。この待ち時間が正直つらかったです。アナウンスもほとんどないし、待合場所も狭いし・・・。トイレと売店が一か所のみです。地上がどんなに晴れていても、山が見えないと、このフライトは飛ばないそうです。今回は、3時間待ってようやく飛びました!!

マウンテンフライト機内での様子

いよいよ、離陸です!

飛行機に搭乗しても、離陸できなかったこともあるそうで、実際に飛ぶまで気は抜けません。無事離陸して、少しの時間で左手に山並みが見えてきました。

写真2.jpg

富山の立山連峰の何倍もの長さが続く山並みです。機内でみんなが歓声を揚げました。CAさんが、山の地図を配ってくれて、説明してくださいます(英語で)。あぁ、英語の勉強もっとしておくんだったと後悔する一幕です(笑)この時、右側では、そんなに山は見えません。でも、同じところを引き返してくるので、帰りは右側が山側になります。

安定飛行中は ・・・

安定飛行に入ると、順番にコックピットの中に入れてくれます。えっ?!コックピットに?!て感じですよ。パイロットの間に入って行って、写真を撮ることができます。この時、あぁ、英語の勉強をもっとしておくんだったと後悔する場面にまた遭遇するのです(笑)

パイロットと会話が交わせるチャンスだったのに・・・。しかしコックピットからの眺めは、忘れることのできない空の青さと、雪に覆われた山々、これぞ絶景でした。

写真3.jpg

エベレストとのご対面

左手に見える山々の向こう側に、ちょこっと頭が飛びぬけている、エベレストに会うことができます。

エベレストの真横を遊覧できるわけではないですが、やっぱり何とも言えない感動を覚えます。ただ、本当にあれがエベレストだったのかどうかは不明ですが、きっとエベレストだったに違いありません(?)

写真4.jpg

本当に、本当にすべての山並みが美しく、この時間がとても幸せに感じられて、気がつけば同じ写真を撮り続けていました。約1時間のフライトはアッという間に終わってしましました。

写真5.jpg

写真6.jpg

おまけ

今回登場したのは「ブッダエアー」というう航空会社です。こちらは、キャンディーを配ってくれます。とても懐かしい味で、なかなかの美味でございました。ちなみに、シャンパンを配ってくれるマウンテンフライトもあるそうです。それも捨てがたしですが、酔っぱらうかもしれないので、今回はキャンディーでOKです(笑)

最後に


最後までお読みいただきましてありがとうございます!ネパールに行ったら、エベレストマウンテンフライトは欠かせません。天候によっては、搭乗できない場合もありますが、ネパールの魅力はこれだけではないので、第二弾では、もっと別の角度からのネパールの魅力をご案内したいと思います。でも、でも、ぜひこのマウンテンフライトは体験していただきたいです。

プロフィール画像
この記事を書いた人
海外現地情報編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/05/03最終更新日:2020/05/03

Views:

ネパールのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.