たびこふれ

スペインのLCC!ブエリング航空 搭乗レポート

記事投稿日:2020/02/20最終更新日:2020/02/20

Views:

こんにちは!みいです。

2019年10月、スペイン旅行中に、スペインのLCCであるブエリング航空を利用しました!「スペインのLCCってどうなの?」「あまり聞き馴染みのない方も多いであろうブエリング航空って一体どうなのか?」搭乗体験をレポートします!

>>>ブエリング航空の詳細や航空券の予約はこちらから(スカイスキャナー)

目次

ブエリング航空のフライト情報

スペインの南部に位置するかの有名な"アルハンブラ宮殿"がある街グラナダからバルセロナへ移動する時に搭乗しました。フライトスケジュールは以下の通りです。

  • 便名:VY2015便
  • フライトスケジュール:グラナダ 19:15発 →→ バルセロナ 20:40着  
  • フライト時間:1時間25分
  • 機材:エアバス320

▼関連記事:グラナダの観光情報はこちらの記事をチェック!

ブエリング航空をおすすめできるか?

ハイ、なんといってもお手頃さが魅力のブエリング航空。フルサービスのキャリア(航空会社)と比べると必要最小限のサービスではありますが、短時間のフライトであれば問題ありません。個人的にもおすすめできます。また、メジャーな観光地をつなぐ路線に就航しているのもポイントが高いと思います。

ブエリング航空の基本情報

2004年に設立されたブエリング航空は、現在ブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空の共同持株会社IAGの傘下に入っている格安航空会社です。

スペイン国内線だけでなく、フランスやイタリアといったヨーロッパ諸国にも就航しています。スペインといえばイベリア航空がナショナルフラッグ・キャリアですが、マドリッドがハブ(中心)空港。スペイン国内線もマドリッド発着が多いです。一方でブエリング航空は、国内線ではバルセロナ発着の路線が多く、ここが利点でもあります。

超特急列車AVEもマドリッド発着の便が多い上に、バルセロナから南アンダルシア地方に行こうとするにはとにかく時間がかかります(バルセロナ~グラナダ間はAVEで約7時間...バスだと約12時間...)。

日本から国際線に乗ってそのまま乗り継ぐにはイベリア航空が便利ですが、単発で乗る時や、バルセロナから別都市へ移動するにはブエリング航空は非常に便利な航空会社と言えるでしょう。ちなみに今回利用したグラナダ~バルセロナ間はブエリング航空しか飛んでいません(どちらもスペイン観光の中心都市なのに...)。

ブエリング航空の航空券の種類

今回私はブエリング航空のウェブサイトから航空券を直接購入しましたが、プランは「Basic・Optima・TimeFlex」の3種類あります。

  • 1.【Basic】最も安いですが、荷物を預けるのは有料です。
  • 2.【Optima】25kgまでの荷物を追加料金無しで預けることが出来、座席選択も可能になります。
  • 3.【TimeFlex】一番価格が高く、便変更や優先搭乗が可能になりますが、荷物を預けるのは有料です。

BasicとTimeFlexで荷物を預ける場合の追加料金は

  • 15kg:8EUR(=約960円)
  • 20kg:10EUR(=約1,200円)
  • 25kg:15EUR(=約1,800円)
  • 30kg:25EUR(=約3,000円)

の4プランがありますが、これは事前にウェブで申し込んだ場合に適用され、当日空港でチェックインする際に申し込むと追加料金は50EUR(=約6,000円)(25kg迄。それ以上は更に追加料金要)になるようです(Optimaプランに含まれているのは無料枠は25kg迄でそれ以上は追加料金必要)。

サイトの言語はアジアで使用されている言語は対応していない為、英語またはスペイン語やフランス語等になりますが、英語で手続きを進めるにあたり、困った点や分かりにくさは感じませんでした。

ブエリング航空の座席の広さは?

②座席.jpg

③座席.jpg

④座席.jpg

167cmの私が座って狭すぎはしない、という印象で、圧迫感はありませんでした。

隣に180cm以上ありそうな外国の男性が座られていましたが、足が入りきらないのか、窮屈そうにななめにしていたので、背が高い方や足が長い方には狭いかもしれません。

気になる方は、通常の座席よりも10~20%足元が広い座席を追加料金で選ぶことができます。金額も12~17EUR(=約1,500円~2,100円/2020年2月現在)だったので、追加で支払っても、フルサービスキャリアで行くより安く乗れます。

座席の配列は3-3で満席でした。

ブエリング航空のアメニティ・エンターテイメント・空調は?

アメニティ・個人用モニター・コンセント等はありません。

空調に関しては飛行中に特に寒く感じることはありませんでした。

ブエリング航空の機内食は?

⑤機内食.jpg

機内食は有料です。軽いスナックやサンドウィッチなど、種類は色々とありました。

ブエリング航空のキャビンアテンダントは?

搭乗中、あまり接客を受ける機会はなかったのですが、特段悪い印象は受けませんでした。

ブエリング航空のチェックイン~搭乗までの流れは?

⑥空港.jpg

グラナダ空港はかなり小規模な空港の為、中に入ると全てが一望できて分かりやすいです。

⑦空港内.jpg

ブエリング航空のカウンターでチェックインした後、隣にある手荷物検査へ。手荷物検査を終えると、小さめですがカフェと免税店があります。

⑧ゲート.jpg

⑨ゲート.jpg

搭乗ゲートも店のそばにあるので、チェックインからゲートまで混んでいなければ10分もかかりません。

⑩ゲートから機体へ.jpg

搭乗の仕方は地方空港ならでは!機体までバスで移動し、タラップを登って搭乗することは多くの空港で見られますが、グラナダ空港はゲートを通って建物の外に出た後、そのまま飛行機まで歩いてタラップを登り機内へ入ります。

⑪搭乗.jpg

初めての経験でしたが、景色も良く、なんだか爽快感があって気持ち良かったです。

⑫搭乗券.jpg

ちなみに今回Optimaで予約したのですが、OptimaやTimeflexで予約した場合、搭乗券が予約後メールで送られてきます。

プリントアウトが面倒な場合、Apple Walletに入れることもできます。

印刷して見てみると、下部に空港についてからの流れやカウンターのオープン・クローズ時間等が書かれていたので、とても分かりやすく親切に感じました。

バルセロナ・エル・プラット空港到着後の流れ

⑬バス.jpg

⑭BCN空港.jpg

バルセロナに到着したら、バスに乗ってターミナルの建物まで行き、表示に従ってバゲージクレーム(荷物受取場)へ。

⑮BCN空港SP.jpg

エル・プラット空港は国際線が離発着する大規模な空港なのでバゲージクレームに着くまでにたくさんのお店が並んでいます。シェンゲン協定国内で乗り継ぐ国際線に乗る際の手荷物検査後に行く場所と同じイメージです。

今回、スーツケースがなぜか全然出てこなくて、ターンテーブルで約1時間待ちました...道中お店は一切見ず、バゲージクレームへ直行したのですが、後から思えばちょっと立ち寄って時間をつぶせばよかったと後悔。。

ブエリング航空に搭乗した感想・まとめ

お手頃なブエリング航空、短いフライトであれば全く問題ありません!

スペインは国土が広いので、飛行機を使って上手に周遊するのがスペイン観光のコツです。

身体の大きな方には座席が狭く感じるかもしれませんが、約1万円前後で効率的に移動ができることを考えればコストパフォーマンスは非常に良いと思います。

皆さんも機会があればぜひブエリング航空に乗ってみてくださいネ!

>>>ブエリング航空の詳細や航空券の予約はこちらから(スカイスキャナー)

▼関連記事:ブエリング航空の別の搭乗レポートはこちらから
欧州のLCCってどうなの?パリからセビリアまでLCCブエリングに乗ってみました!

※ユーロ(EUR)の日本円換算レートは、2020年2月現在のものです(1ユーロ=約125円)

プロフィール画像
この記事を書いた人
みい
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/02/20最終更新日:2020/02/20

Views:

スペインのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.