たびこふれ

ANA A380に乗って成田からハワイに行ってきた!2019年5月に就航したばかりの最新機材を早速体験!

記事投稿日:2019/08/04最終更新日:2019/08/16

Views:

7日間の夏休みを利用してハワイに行ってきました!

ハワイと言えば今年の5月24日にANAの新しい機材が就航したばかり。

テレビCMでは女優さんが機材とハワイの魅力を紹介し、国民的アイドルはクレジットカードでハワイを楽しんでいる・・・ こんなん見たら行きたくなってしまいますよね、HAWAIIに!!

せっかく行くなら!ということで、ANAの新機材に乗ってハワイに行ってきました!

目次

今話題のエアバスA380「FLYING HONU(フライングホヌ)」とは?

A380「ラニ」.JPG

正式名称は、エアバスA380型機「FLYING HONU(フライングホヌ)」と言います。

この「HONU」とはハワイ語でウミガメのことです!昔から神聖な生き物とされていて、出会うと幸福や繁栄が訪れると言い伝えられています。

そんな「FLYING HONU」には、ホノルル線初となるファーストクラスが導入されています。1機に8席しかないため、本当に乗りたい方は販売後すぐの予約が必要かもしれませんね・・・!

さらに、エコノミークラスで横になってくつろげるカウチシート「ANA COUCHii(ANAカウチ)」も導入されました!今までのハワイ線で横になれると言ったらビジネスクラスくらいでしたから、これは家族連れや腰に不安のある方は安心ですね!

ちなみに総席数は520席で、内訳は下記の通りです。

  • ファーストクラス:8席
  • ビジネスクラス:56席
  • プレミアムエコノミークラス:73席
  • エコノミークラス:383席

A380の詳細は下記リンクをご参照ください(ANA公式サイト)

飛行機に搭乗するだけで感動したのは初めて!!乗った瞬間からもうハワイ!?

今までもハワイには何回か行ってますが、正直、"搭乗" で感動したことは今までありませんでした。

搭乗口では客室乗務員の方がにこやかに出迎えてくれるのですが、感動はそのあと! まず入り口が薄暗いブルー一色!これは夜だからなのか・・?まるで今からショーでも始まるの?っていうぐらいの照明で、機内でもずっと続いています。

加えて、どこからともなくアロハミュージックが流れてくるではありませんか!え、もう私ハワイにいるの?って錯覚しました(笑)

機内は多くの人で賑わっており、自分の席についてもまだまだ人が入ってきます。今回はエコノミークラスで行きましたがさすが約380席です・・・!

機内.JPG

そして、もう一つ驚いたのがモニターの大きさ!正直ここまで大きいとは思っていませんでした。

モニターはタッチパネルになっており、メニュー背景がハワイを意識した模様だったり、A380を特集したオリジナル番組、各クラスの紹介動画など・・・こだわって作られていることに感動しました。

機内サービスも工夫の宝庫!?520名を一気にさばく!!

520名乗りにもかかわらず時間ぴったりで出発したA380。ここからは約7時間の空の旅となるのですが、心配なのは機内サービスの所要時間や質。

これだけの人数が乗っていたら、機内食の配膳や回収だけでも時間がかかるのに、その他にもドリンクサービスや機内販売などどうなるのかと思っていました。

エコノミークラスだけでも約380名ですからね。

機内食の配膳が行われたのは出発してちょうど1時間半後。機内食とドリンク提供が同時に行われ、回収も時間差で2回きてくれ、就寝後の簡単なお水の提供も2回来てくれました。

配膳時間やサービスの質、まったく心配無用でした(笑)

機内食はあの「bills」とのコラボメニュー!

機内食.JPG

配膳について全く問題なかったのは、機内食のメニューを1種類にしたことで、選択する手間が省けているのもポイントかもしれないですね!

さて、気になる機内食は、パンケーキがとっても有名なシドニー発のオールデイカジュアルダイニング「bills(ビルズ)」とコラボしたメニューで、今回はポークシュニッツェルでした。

就寝前に食べるにはちょっと油っぽいけど、、、まあアメリカンな感じということで◎ 限定ドリンクの「ブルーハワイカクテル」も飲んでご機嫌で就寝しました。

早くハワイに着かないかな~♪

気になるハワイでの入国審査!混雑具合はどうなの?

約7時間のフライトは寝てしまえばあっという間!到着後は皆さんお待ちかねの入国審査です。

実はこの入国審査、タイミングによってはものすごい行列になり、外に出るまでかなりの時間がかかってしまいます。ここで襲ってくる520人の不安・・・笑

降機はもちろんファーストクラスのお客様から行われ、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスの順です。 到着後15分程度でエコノミークラスの順番が来ました。

通路.JPG

A380は機材が大きいのでゲートが最も遠い(広い)場所になります。ここから入国審査場所まで歩きます・・・!

どうやら一部の方はシャトルバスでツーッと審査場まで行っている模様・・!いいなあと思いながらもバスを待っているよりも歩いたほうが早いかも、と思い進みます!

歩くのが早かったのか、ビジネスクラスの方々に追いついてしまった私は入国審査場で10分ほど並んだだけで外に出ることができました。

後から来たエコノミークラスの方々はどんどん並び列も伸びていきます。おそらく30~40分は並びそうです。

ターンテーブルではスーツケースがすでに並べられており、自分のを見つけて持っていくだけなのでこちらもスムーズ。

結局、降機してから20分で出口に到着しました。すごく早いほうだと思いますが。笑

これから新色もデビュー予定のA380にますます期待!

成田からホノルルまでのA380の旅、全体を通しての感想としては、心配したほど搭乗・降機・入国審査・手荷物受取に時間がかからなかったという印象です。

座席やモニターは新品だし、話題のウミガメ塗装もすごく可愛らしいかったです。

現在はハワイの「空」と「海」をイメージしたブルーとエメラルドグリーンの2機が就航していますが、これから「夕陽」をイメージしたサンセットオレンジも仲間入りをするのだとか。

おまけ1.JPG

ちなみに、降りるときにもお土産があり、今回乗った機体のバゲージタグをもらいました。帰りはこれをつけて搭乗しようかな♪

>ANA エアバスA380の詳細はこちらから(公式サイト)

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
ほっちゃん
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/08/04最終更新日:2019/08/16

Views:

ハワイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.