たびこふれ

出発前に要チェック!ハワイ滞在中に携帯電話を安全&おトクに使うためのポイント

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/15
最終更新日:2018/01/15

Views:

せっかくのハワイ旅行と言うことで、美しいビーチや大自然、現地のおいしい食事の様子を、タイムリーにSNSへアップしたいという方は多いことでしょう。また、お仕事の事情などで、ハワイに滞在している間も日本からの電話やメールの連絡を逃さないようにしておきたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなときは、どうしても携帯電話やタブレット端末が必要です。比較的身近に感じられるハワイとはいえ、海外の土地ですから日本国内にいるときと全く同じように端末が利用できるわけではありません。では、ハワイで快適に携帯端末やインターネットを利用するには、どうすれば良いのでしょうか?

日本で使っている携帯電話は、ハワイでもそのまま使えるの?

Pixabay[cc0]-ハワイ記事2写真1.jpg

せっかくハワイに来たのに、自由に携帯が使えなかったら困りますよね......(写真はイメージです。 by Pixabay)

携帯キャリアの国際ローミングサービスを使えば、ハワイでもいつも通りデータ通信が使える

旅行先でも、使い慣れたいつもの携帯電話を利用して通話やインターネットを楽しみたい、またはいつも通りの自分の電話番号をキープしておきたい方もいることでしょう。

日本で普段使っている携帯電話をハワイでそのまま使うには、国際ローミングサービスや海外パケット通信サービスを利用すれば可能です。日本の大手携帯電話会社では、それぞれに海外でもいつもの携帯電話がそのまま使える便利なサービスを提供しています。24時間単位で定額利用できるプランを提供しているため、渡航前にはぜひチェックしておきたいですね。

また、近年話題の格安SIMでも、海外利用に対応しているものがあります。ただし、こちらは利用しているSIMによって制限があったり、音声通話・SMSのみに適用されたりするなど、内容が細かく分かれています。普段格安SIMをご利用の方は、ぜひご自身のキャリアの公式サイトなどで調べることをおすすめします。

ただし、国際ローミングサービスは、日本の携帯電話事業者が提携している現地の通信事業者のサービスを利用するもの。昔に比べると利用料金は下がってきているようですが、通話料金は1分あたり百数十円以上かかるなど、まだまだ割高感は否めません。

自分の使用目的や、滞在日数などに応じた使い方・プランを選ぶことが大切です。

インターネット通信の回線を利用した、無料通話アプリも便利

「どうしても電話回線で通話したい!」ということでなければ、各社が提供するデータ定額プランや使い放題プランなどに申し込んでおき、インターネット通信での通話を利用するのがおすすめです。

大手メッセンジャーアプリなどには通話機能があるので、「友達とたくさんおしゃべりしたい!」という場合には、こちらのほうがおトクかもしれません。

ハワイで使える携帯電話・Wi-Fiルーターをレンタルしよう

Pixabay[cc0]-ハワイ記事2写真2.jpg

写真はイメージです。(Photo by Pixabay)

携帯電話各社が提供している国際ローミングや海外データ定額制プランも魅力的ですが、よりリーズナブルにハワイでもインターネットや通信を楽しむには、携帯電話やWi-Fiルーターをレンタルして使うという方法もあります。

出発前でも空港でも!携帯電話のレンタルサービス

ハワイへ友達同士やグループなどで出かけたとき、現地ではそれぞれに別行動をとることもありますよね。そんなとき、どこでも全員が通話・通信できる現地の携帯電話をレンタルしてみることをおすすめします。

一台当たり1日数百円でレンタルできるプランや、24時間かけ放題プランなど、利用目的と利用量に合わせて選べる各種プランも充実。レンタルする携帯電話を出発前に自宅まで届けてくれる業者や、成田空港で受け取り・返却を行う業者、さらにはホノルル空港で簡単に受け取り・返却ができる業者などもあります。事前に電話番号を覚えておき、機種の操作に慣れておけば、安心して利用できます。

仲間同士で使えて、利用料金は割り勘にできる「レンタルWi-Fiルーター」

日本と同じく、ハワイにも無料のWi-Fiスポットがたくさんあります。しかし、いつでもどこでもストレスなくインターネットに接続したい、無料通話などを楽しみたいという方なら、モバイルWi-Fiルーターをレンタルして持ち歩くのも一つの手です。

レンタルする会社やプランにもよりますが、旅行の同行者と一緒に数人から10名くらいまで、全員がインターネットに接続できるのも魅力です。1日あたり数百円からの利用料金を利用者全員で割り勘にすれば、よりリーズナブルにインターネット環境が手に入りますよ。

無料Wi-Fiスポットではセキュリティ面が心配だという方にも、レンタルWi-Fiルーターであればきちんとセキュリティがかかっているので安心です。

ちなみに、ハワイでおすすめの携帯電話キャリアといえば、Verizon(ベライゾン)です。筆者の居住していたアメリカ本土でも、他社と比べて通信が安定していて、カバー範囲も広いと感じていました。

通信料金を上手に抑えて、ハワイで携帯電話を利用する3つのポイント

Pixabay[cc0]-ハワイ記事2写真3.jpg

写真はイメージです。(Photo by Pixabay)

これまでご説明した通り、国際ローミングサービスやWi-Fiレンタルを利用すれば、普段使っている携帯電話をそのままハワイでも使える!というとても便利な時代になりました。ですが、それゆえについつい海外という特殊な状況下で携帯電話を使っていることを忘れてしまいがちです。

帰国後に高額な利用明細書が届いて驚くことのないように、押さえておきたいポイントを3つご紹介します。

1.飛行機の中以外でも機内モード(飛行機モード)をONにして通信料を抑える

めったに通話や連絡をしない方の場合、ハワイへ行くときも携帯電話会社などが提供している海外向けサービスを利用することなく、無料Wi-Fiのみを利用して乗り切りたいというケースもあるのではないでしょうか。

そんなときは、現地へ向かう飛行機に乗り込んだら手持ちの携帯電話の設定を「機内モード(飛行機モード)」にしておくことが大切です。

機内モードをONにしておけば、「電話をするための電波」や「モバイルデータ通信機能」、「Bluetooth」や「Wi-Fi」等を検索・キャッチして利用しようとする機能が働かなくなります。意図しないところでデータ通信が行われることがないので、想定外の高額請求が後から来るという心配がなくなります。

この状態で滞在先のホテルや公共の無料Wi-Fiスポットなどでのみ、「Wi-Fi通信機能」を有効にすると、Wi-Fi経由のデータ通信のみ行うことができます。

くれぐれも滞在中に機内モードがOFFにならないよう、十分にご注意ください。

2.海外での通話は、発信と着信の両方で料金が発生するため、プランをしっかり確認

日本で携帯電話から電話をかけた場合には、発信した側のみに利用料金が発生するのが通常ですよね。実は海外で日本の携帯電話を利用した場合には、かかってきた電話を日本から渡航先に転送する必要があるため、電話を受けた着信側にも「着信料」がかかる仕組みになっています。これは思わぬ落とし穴です。

携帯電話会社のプランによっては、着信料が無料になっているものもありますので、自分の申し込んでいるプランの内容を細かく事前に確認しておくようにしましょう。

3.ハワイで無料Wi-Fiを使うときも、セキュリティ対策をしっかりと

便利でお得に利用できる無料Wi-Fiスポットですが、誰でも利用できる一方でセキュリティは厳重とは言えないというデメリットがあります。

無料Wi-Fiを利用する際には、次のような使い方を意識しましょう。

  • 長時間にわたる接続は避ける
  • 銀行やカード会社などのアカウントにログインしたり口座にアクセスしない
  • の操作が終わったら小まめにWi-Fiスイッチをオフにしておく(※)

※Wi-Fiスイッチをオフにすることで、携帯電話がWi-Fiを探し続けてむやみにバッテリーが消費されてしまうことを防ぐこともできますよ。

ハワイで快適に過ごすためだけでなく、帰国したあとに思わぬ請求が発生しないように通信手段の準備はしっかりしておくことが大切ですね。

この記事を参考に、ハワイでも安心・安全・おトクに携帯電話を使ってみてください!

執筆:ヒューレット秦泉寺 明佳

写真:Pixabay(Public Domain CC0)

https://pixabay.com/

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hawaiiii(ハワイイ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/15
最終更新日:2018/01/15

Views:

この記事に関連する記事

ハワイのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.