たびこふれ

プロ野球・春季キャンプ情報2018【宮崎県編】

記事投稿日:2018/12/31最終更新日:2018/12/31

Views:

僕は野球が大好き。どの球団のファンかは...ここでは控えておきます(笑)。毎年2月1日に各球団が春季キャンプインするのは皆さんご存知のとおり。2018年2月に宮崎県へ春季キャンプを見学に行ってきましたのでレポートします。

【注意】
下記は今年2018年2月のデータになります。
2019年の春季キャンプ情報は各球団の公式HPにて情報収集してください。

中尾059-02.jpg

目次

読売巨人軍【宮崎市】

全体案内図

中尾059-03.jpg

サンマリンスタジアム

中尾059-04.JPG

中尾059-05.JPG

ひむかスタジアム

中尾059-06.JPG

手前が1軍ブルペン、後方が木の花ドーム(室内練習場)

中尾059-07.jpg

2軍ブルペン

中尾059-08.JPG

A球場

4f7ce3018ec5c07d2190b9750c3189e0-thumb-700xauto-94160.jpg

①場所

KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園(宮崎市)

②練習時間

9時30分頃~16時00分頃

③交通機関

JR利用:「宮崎駅」から日南線に乗り20分。「木花駅」または「運動公園駅」で下車。駅から徒歩15分

バス利用:「宮崎駅」から40分、「宮交シティ」から25分。「運動公園前」で下車。バス停から徒歩15分。

※キャンプ期間中は臨時バスが運行されていました。

④駐車場

敷地内にありますが早い時間に満車になり、周辺道路が渋滞していました。

園内は広大なので、シャトルバス(ジャビットシャトル)が運行されていました。

中尾059-10.JPG

⑤感想

さすが人気のジャイアンツだけあってファンも多数詰めかけていました。敷地も広大です。

練習は①サンマリンスタジアム宮崎、②ひむかスタジアム、③ブルペン、④木の花ドーム(室内練習場)、⑤A球場、⑥B球場の6箇所に分かれて行われていました。①サンマリンスタジアム宮崎は公式戦も行われる本格的な野球場。①サンマリンスタジアム宮崎と④木の花ドームまでは歩くと20分もかかります。園内に無料シャトルバスが運行されているのもうなずけます。ファンサービスも充実していました。選手以外にOBや解説者を多く見かけました。

⑥注意点

とにかく園内が広いのでキャンプ情報をチェックしながら動かないと、目的の選手や練習を見逃しますので注意が必要です。また園内には車やシャトルバスが走っていますので、事故に巻き込まれないように気をつけましょう。なお、ジャイアンツは前半を宮崎で開催し、後半を沖縄で開催しますので、日程に注意が必要です。

福岡ソフトバンクホークス【宮崎市】

案内ボード

中尾059-11.JPG

アイビースタジアム

中尾059-12.JPG

中尾059-13.JPG

手前が第2野球場、奥に多目的グランドAと多目的グランドB

中尾059-14.JPG

手前右側がA組ブルペン、手前左側がB組ブルペン、奥がはんぴドーム(室内練習場)

中尾059-15.JPG

①場所

宮崎市生目の杜運動公園(宮崎市)

②練習時間

10時00分頃~16時00分頃

③交通機関

バス利用:「宮崎駅」から30分、「宮交シティ」から35分。「生目の杜運動公園北」で下車。下車すぐ。

※キャンプ期間中は臨時バスが運行されていました。

④駐車場

駐車場は近隣を合わせると5,100台。距離がある駐車場は無料シャトルバスを運行していました。

⑤感想

在九州球団だけに駐車場は九州各地からの車でいっぱい。

練習は①アイビースタジアム、②A組ブルペン・B組ブルペン、③はんぴドーム(室内練習場)、④第2野球場、⑤多目的グランドA・多目的グランドBに分かれて行われていました。

球場の中心に『FUN!FUN!ロード』と呼ばれる道を作り、物販や飲食販売を行っていました。

⑥注意点

施設は広いけど、見学者もいっぱいなので、常に混み合っています。臨時バスで行くことをオススメです。

オリックス・バファローズ【宮崎市】

SOKKENスタジアム

中尾059-16.JPG

中尾059-17.JPG

ブルペン

中尾059-18.JPG

手前が多目的グランド、後方が日向夏ドーム(室内練習場)

中尾059-19.JPG

第2野球場

中尾059-20.JPG

①場所

宮崎市清武総合運動公園(宮崎市)

②練習時間

10時00分頃~16時00分頃

③交通機関

JR利用:「宮崎駅」から日豊本線に乗り25分。駅からタクシーで10分または徒歩45分。

※キャンプ期間中は臨時バスが運行されていました。

④駐車場

敷地内にありますが、台数が制限されているので早めに入庫することが必須。

⑤感想

施設は綺麗で充実していました。コンパクトにまとまっていますので、見学しやすかったです。

練習は①SOKKENスタジアム(1軍)、②ブルペン、③日向夏ドーム(室内練習場)、③第2野球場(2軍)、④多目的グランド(投手陣内や守備練習)の5箇所を利用。球場外のステージではイベントも充実していました。

⑥注意点

とても見学しやすい球場です。駐車場もありますが、少し歩きますので、バスで行くことをオススメします。

以上が宮崎県宮崎市で春季キャンプを張る球団です。

宮崎市内にキャンプを張る「読売巨人軍」、「福岡ソフトバンクホークス」、「オリックス・バファローズ」の3施設には、「キャンプバス」と呼ばれる直行バスが宮崎市内中心部から運行されていました。

また、宮崎市の各キャンプ地間は「プロ野球宮崎キャンプ周遊バス」を運行していましたので、1日で3施設の春季キャンプを見学することが可能です。また、「キャンプ地みやざきスタンプラリー」をやっていました。

中尾059-21.JPG

広島東洋カープ【日南市】

天福球場

fb1de6ec4a12ac7448472aa2cf43ceba-thumb-700xauto-94197.jpg

中尾059-23.JPG

投球練習場

中尾059-24.JPG

手前が投球練習場、奥が新室内練習場

中尾059-25.jpg

東光寺球場(2軍)

中尾059-26.jpg

①場所

日南市天福球場(日南市)

②練習時間

9時30分頃~16時00分頃

③交通機関

JR利用:「宮崎駅」から日南線に乗り1時間25分。「油津(あぶらつ)駅」で下車。駅から徒歩5分

バス利用:「宮崎駅」から1時間50分。「油津(あぶらつ)待合所」で下車。バス停から徒歩5分。

右奥が油津駅、左が天福球場。

中尾059-27.JPG

④駐車場

日南漁協前駐車場が臨時で開設されていました。駐車場から徒歩10分。無料シャトルバス(30分間隔)を利用。週末は周辺道路が大渋滞し、駐車場に入庫するのに1時間かかりました。

中尾059-28.JPG

⑤感想

人気球団だけに混み合っていました。敷地はそれほど広くないので移動も楽です。

練習は①天福球場、②投球練習場、③新室内練習場、④サブグランドで行われていました。

※2軍は同じ日南市にある「東光寺球場」で行われています。

⑥注意点

日南市内の道路が1本道なので、日中の渋滞が激しかったです。できればJRか路線バスを利用することをオススメします。なお、カープは前半を宮崎で開催し、後半を沖縄で開催しますので、日程に注意が必要です。

埼玉西武ライオンズ【日南市】

全体図

中尾059-29.jpg

南郷スタジアム

中尾059-30.jpg

中尾059-31.JPG

サブグランドA、サブグランドB、右はブルペン

中尾059-32.jpg

ブルペン

中尾059-33.JPG

①場所

日南市南郷中央公園野球場/南郷スタジアム(日南市)

②練習時間

10時00分頃~15時00分頃

③交通機関

JR利用:「宮崎駅」から日南線に乗り1時間40分。「南郷(なんごう)駅」で下車。

駅からタクシーで5分または徒歩15分。

バス利用:「宮崎駅」から2時間。「宮の前」で下車。バス停から徒歩10分。

④駐車場

土・日・祝日は南郷漁業協同組合外港魚市場前広場を利用することになります。ここから無料のシャトルバスが南郷駅を経由して南郷中央公園まで運行されていました。

中尾059-34.JPG

※平日は南郷中央公園の駐車場を利用できるのかは分かりません。

⑤感想

練習は①南郷スタジアム、②くろしおドーム(室内練習場)、③サブグランドA・サブグランドB・ブルペンで行われていました。

⑥注意点

南郷スタジアムとサブグランド間は高低差があり、階段を上り下りすることになりますので、練習日程を見ながら見学することをオススメします。なお、ライオンズは前半を宮崎で開催し、後半を高知で開催しますので、日程に注意が必要です。

以上が、日南市で春季キャンプを張る球団です。

まとめ

★宮崎空港または宮崎駅で情報収集ができます。

宮崎空港

中尾059-35.jpg

宮崎駅

中尾059-36.JPG

★宮崎県内では宮崎市内で3球団、日南市内で2球団が春季キャンプを行います。

 ※2019年の日程も発表されましたので各球団の公式HPにてご確認ください。

★日南方面へJRを利用する場合、キャンプ見学用のお得な切符が販売されていました。

★キャンプ限定のグッズは早めに購入しましょう。

★キャンプ地には選手の予定表が貼り出されています。まず確認しましょう。

★練習終わりにサインをもらえるかもしれません。サインペンと色紙などを持っていきましょう。

★練習用のユニフォームには背番号が入っていないものもありますので、ぱっと見、誰か分からないこともあります(笑)。

★球場外では各種イベントが行われています。また名物料理の屋台が出店しています。

★選手名鑑や双眼鏡を持っていくと便利です。

★選手への声援をお忘れなく!!!

【注意点】

※宿泊、交通機関の手配は早めにしましょう。特に宿泊施設は周辺都市まで混み合います。

※レンタカーも混み合いますので、早めの手配をお忘れなく。

※宮崎市内はアクセスが容易ですが、日南市(宮崎市から南へ1時間)へは交通機関が限られていますので、事前に情報収集をしましょう。

※立ち入り禁止区域には絶対に入らないようにしましょう。

※練習前、練習中や休憩中はサインを求めるのはやめましょう。

※食べ物の差し入れやプレゼントは絶対にやめましょう。

※練習中にカメラやスマートフォンのシャッター音が鳴らないように設定しておきましょう。

※ブルペンの見学はお静かに!

※飲食や喫煙は指定の場所で!

※ボールに当たらないように、ボールの行方には十分注意しましょう。

※所要時間はおおよその時間となります。

※体調によっては練習に参加しない選手もいます。

※週に1~2回、休養日があります。

※この記事は2018年2月に訪問した時のものです。必ず事前に公式HPなどで確認してください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
中尾勝
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/12/31最終更新日:2018/12/31

Views:

この記事に関連する記事

宮崎のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.