たびこふれ

白川郷・五箇山の旅【その2】五箇山(富山)の合掌造り集落。一度は見てほしい世界遺産

記事投稿日:2019/01/11最終更新日:2019/01/11

Views:

白川郷・五箇山の合掌造り集落(しらかわごう・ごかやまのがっしょうづくりしゅうらく)」は、日本人なら一度は見ておきたい世界遺産です。

雪深い地域で積雪を屋根から落としやすいように生まれ、現在も活用されている「合掌造り」は、日本人の暮らしの知恵が世界に価値を認められた特別な文化遺産です。

「合掌造り」といえば「白川郷」がとても有名です(白川郷の紹介記事はこちら)が、世界遺産に登録されている「合掌造り」集落は、白川郷(岐阜県大野郡白川村)の「荻町集落」と、五箇山(富山県南砺市)の「相倉(あいのくら)集落」「菅沼(すがぬま)集落」を合わせた合計3集落となります。

今回は五箇山の2つの集落について紹介します。白川郷まで行ったなら、ぜひ五箇山にも足を伸ばしてください。白川郷とはまた違った素敵な魅力があります。

目次

五箇山「相倉集落」のみどころ

相倉集落(あいのくらしゅうらく)には23の合掌造り家屋が残っています。100以上が残る白川郷と比べると規模は小さいですが、白川郷のように観光地化が進んでいないため、素朴な雰囲気が残されています。1時間半くらいで一通り回れるのも良いところです。世界遺産の3つの集落の中では、僕は相倉集落が一番好きです。

IMG_1210_s.jpg

相倉集落に一歩足を踏み入れると、素朴な光景が目の前に広がり、心が落ち着くと思います。 集落全体の風景を眺めるために、まずは「相倉展望台」を目指しましょう。

IMG_1216_s.jpg

駐車場横の小径から坂道をのぼって徒歩10分で到着します。途中に看板もあるのでわかりやすいです。

IMG_1225_s.jpg

展望台からは相倉集落の全景を望むことができます。

自然に囲まれた合掌造り集落の景観は本当に美しく、僕が訪れたことのある世界遺産の中でも美しいスポットの10選に入れたい場所のひとつです。

相倉集落展望台は白川郷・荻町城跡展望台のような売店や写真撮影サービスはありません。でもその分、自然を体感でき、人の少ない時間に訪れることができれば、自分がこの景観の一部となったような感覚を味わうことができるでしょう。四季折々の美しさを楽しみに、様々な季節にここを訪れたいものです。

IMG_1238_s.jpg

展望台を降りた後は、集落の中にある「原始合掌造り『三郎』(旧岩本家)」を見ましょう。屋根だけしかない合掌造りで、昭和の初年まで岩本さんというお婆さんが一人で暮らしていたそうです。江戸時代後期に建てられたもので、合掌造り家屋の原型だったと言われています。過去にはこのような家屋が五箇山各所に見られましたが現在残っているのはこの1棟のみです。屋根だけのこの形は、昔話に出てくる民家のイメージにより近いかもしれませんね。

相倉民俗館と相倉伝統産業館も見学しましょう。相倉民俗館は、五箇山の江戸時代の生活道具などを展示。階段をのぼり屋根裏にあがると、合掌造りの骨組みや内部構造を間近に見て歩けます。相倉伝統産業間館には、五箇山の三大産業である塩硝、養蚕、和紙づくりの道具が展示されています。五箇山民謡のビデオもご覧いただけます。料金は2館共通券で大人500円です。

IMG_1246_s.jpg

写真は「こきりこ」「ささら」という楽器です。実際に弾くこともできます。綺麗に音を出すのは難しいですがぜひ挑戦してみてください。

五箇山「菅沼集落」と五箇山グルメ

IMG_1252_s.jpg

菅沼集落(すがぬましゅうらく)には、9つの合掌造り家屋が残っています。3つの世界遺産の集落の中ではもっとも規模が小さく、見るだけであれば、所用時間は30分程度です。家屋のほとんどはお土産屋や飲食店となっています。

IMG_1262_s.jpg

エレベータで展望スポットに行くことができます。展望スポットからは菅沼集落の全景を見ることができます。

IMG_1287_s.jpg

こちらは「籠の渡し」を再現したものです。かつての五箇山は秘境であったため、対岸へ渡るのにこのような方法を取っていたそうです。すごいですね。

五箇山でぜひ食べたいグルメを紹介します。

IMG_1293_s.jpg

ひとつは「五平餅」です。お米をつぶして細長い板に小判形ににぎりつけて火であぶり、味噌だれをぬって焼いたものです。もっちりして甘じょっぱくておいしいです。

IMG_1294_s.jpg

もうひとつは「五箇山豆腐」です。縄で縛っても崩れないほど固いと言われており、食べ応えと大豆の旨味がぎゅっとつまった味わいがあります。刺身のようにわさび醤油でいただきます。

この2品があれば、お酒が何杯でも進みそうです。今回は菅沼集落にある「土産・お休み処 あらい」というお店で食事をさせていただきました。お蕎麦や飛騨牛コロッケ、とち餅を使ったぜんざいなどのメニューもあり、旅の休憩におすすめです。

白川郷・五箇山観光におすすめの宿

せっかく白川郷・五箇山まで来たなら、両方を見て回りたいところですが、1日で白川郷と五箇山両方を回ろうとすると時間が足りないと思います。1泊2日で計画を立てる場合におすすめの宿「桜ヶ池クアガーデン」を紹介します。

IMG_1183_s.jpg

五箇山・相倉集落まで車で約20分、白川郷までは約40分と世界遺産観光にアクセスがよく、おしゃれな外観のホテルです。スパを併設しており、旅の疲れを癒やすことができます。

IMG_1175_s.jpg

内装もとても綺麗です。白川郷・五箇山には合掌造りの宿泊施設もありますが、お部屋に風呂・トイレがない場合もあります。夜はホテルでくつろぎたいという方にはおすすめです。

IMG_1197_s.jpg

夕食は手の込んだ洋食のコース料理を楽しめます。

IMG_1206_s.jpg

朝食は地元野菜などを存分に楽しむことができます。

五箇山へのアクセス

五箇山は富山県の南砺(なんと)市にあります。白川郷からは世界遺産バスに乗り約30分で到着します(菅沼集落までが30分。相倉集落へはさらに15分)。

名古屋からはきときとライナー(片道大人3,000円)で約2時間半、金沢からは北鉄高速バスで約 1時間(1,540円)となります。

相倉集落と菅沼集落の間は約1.1km、車で約15分の距離となります。

2回にわたって白川郷・五箇山の旅を紹介しました。

日本人の暮らしの知恵が世界に価値を認められた一度は訪れておきたい特別な文化遺産。オリンピック前後には、外国人観光客からの注目が集まるスポットになると思います。まだ行かれたことのない方は、ぜひ白川郷・五箇山への旅を考えてみてください。

施設情報

「五箇山」世界文化遺産

入場料:無料
1995年に世界文化遺産に登録

相倉集落
■住所:富山県南砺市相倉
■営業時間:8:30~17:00

菅沼集落
■富山県南砺市菅沼436
4月~11月 ... 8:00~17:00
12月~3月 ... 9:00~16:00
※駐車場入場は16:00まで

桜ヶ池クアガーデン

■住所:富山県南砺市立野原東1514
■電話:0763-62-8181
■ウェブサイト:https://sakuragaike.co.jp/

プロフィール画像
この記事を書いた人
将虎
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/01/11最終更新日:2019/01/11

Views:

富山のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.