たびこふれ

実用性抜群で喜ばれるお土産!ハワイのスーパーなどで買える人気エコバッグ6選

記事投稿日:2019/02/22最終更新日:2019/02/22

Views:

ワイキキ・ホノルルのあるオアフ島を含めたハワイ州で、小売店でのプラスチックのレジ袋の使用が禁止されてから早いもので3年以上が経過しました。

小売店側も消費者にエコバッグを持参してもらおうと、独自デザインのエコバッグを販売しています。ロコにとっては生活必需品のエコバッグですが、ハワイを訪れる観光客にとってみればハワイらしいデザインや、お店限定のロゴバッグはお土産にもうってつけのアイテム。

今回は、ハワイのエコバッグ事情&お土産にぴったりのエコバッグをご紹介します。

目次:クリックで見出しに移動します

ハワイでエコバッグが浸透してきた背景とエコバッグ利用事情

まずは、どうしてここまでハワイにエコバッグが浸透したのでしょうか。その背景と現地の状況について解説しましょう。

環境保護のためにプラスチック製レジ袋の禁止を英断したハワイ州

全米でも初めてプラスチック(ビニール)製のレジ袋の使用を全面禁止したハワイ州。マウイ島やカウアイ島、ハワイ島に続いて観光客の最も多いオアフ島でも2015年7月1日から、レジ袋が禁止されました(※)。この法律は環境への配慮と、ビーチの景観を汚さないことを目的としたものです。

小売業者はこれに違反すると罰金を支払わなくてはならないなど、罰則も設けられていました。このため、各小売店ではレジで提供する袋を紙袋に変更する、もしくはリサイクル素材で作られたものを有料で提供するなどの対応を迫られました。

それと同時に、消費者にもエコバッグ・マイバッグの持参を奨励。結果、小売店などではバリエーション豊かなエコバッグ・マイバッグが登場することになったのです。

※編集部註:2018年7月からは、(ビニール)袋だけでなく、紙袋も1枚利用するごとに15セント加算となりました。
参考:Hawaii News Now-City council unanimously approves new plastic bag ban(外部サイトに遷移します)

ハワイローカルのエコバッグ利用事情

レジ袋の使用が禁止されてから、はや3年以上。今ではすっかりマイバッグ持参が定着してきた感があります。スーパーでレジの列に並んでいると、使い込まれた愛用のマイバッグをたくさん持参しているローカルのお母さん方を多く見かけます。

また週末などに、おそらくフットボールなどの試合の観戦をテレビで楽しむのであろう白髪のおじいちゃんが、大好きなビールとスナックにマイバッグを抱えて並んでいる姿に出くわすと、思わずにっこりしてしまうものです。

ハワイで生活している人たちを見ていると、買い物に持参するマイバッグのデザインにそこまでこだわりを持っているようには見受けられません。実用性重視の傾向ですね。

大きくて頑丈なものが好まれているほか、人によっては小売店で提供された有料のレジ袋を、ダメになるまで繰り返し再利用している方もいらっしゃいます。ウォルマートやドン・キホーテで提供されている有料のレジ袋は、厚手でとっても頑丈なんですよ。

スーパーからデパートまで、個性豊かなエコバッグを販売

冒頭でお話したようにハワイの小売店では、それぞれに絵柄やスタイルなどデザインにこだわった多種多様なエコバッグ・マイバッグが販売されています。

価格はまちまちで、スーパーなどのリーズナブルなものですと99セント程度から、一方デパートやおしゃれ系小売店になりますと20ドル前後から。商品によってはもっと高価なものもあります。

それでは、お土産としてもチェックしておきたい、ハワイのエコバッグを、5段階の星評価付きで6店ご紹介しましょう。

1. DEAN & DELUCAのオリジナルバッグ

01-ハワイのスーパーなどで買えるお土産エコバッグ-DEAN & DELUCA.JPG
2017年11月著者撮影

ワイキキ内に待望の2店舗目をオープンさせたDEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)。日本の店舗でもキャンバス生地のトートやバッグが販売されて人気ですが、こちらハワイの店舗でもバリエーション豊かなオリジナルバッグが販売されています。

小型トートだけでなく、A3ファイルなども難なく入る容量たっぷりのものや、手提げ&ショルダーストラップの両方を備えたものなど、実用性も抜群。

それでもなぜ、日本でも購入できるDEAN & DELUCAのバッグなのに人気があるのかというと、通常のロゴデザインに加えて「HAWAII」と記されているからなのです。

帰国後に周囲とちょっぴり差がつくハワイオリジナルのDEAN & DELUCAのバッグ。お土産にもおすすめです。

耐久性:★★★★☆
セレブ度:★★★☆☆

DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)基本情報

ザ・リッツ・カールトン・レジデンス店
住所:383 Kalaimoku St. Honolulu, HI 96815
電話番号:808-729-9720
営業時間:7:00~21:00

ロイヤルハワイアンセンター店
住所:2201 Kalākaua Avenue, Honolulu, HI 96815
電話番号:808-492-1015
営業時間:7:00~22:00

関連記事:2018年版:DEAN & DELUCA HAWAII ロイヤルハワイアン店のイチオシ商品大公開!

2. Ross Dress For Lessのエコバッグ

02-ハワイのスーパーなどで買えるお土産エコバッグ-RossDressForLess01.JPG
2017年11月著者撮影

03-ハワイのスーパーなどで買えるお土産エコバッグ-RossDressForLess02.JPG
2017年11月著者撮影

続いてご紹介するのは、Ross Dress For Less(ロス・ドレス)のエコバッグです。Ross Dress For Lessは掘り出し物が毎日入荷され、生活用品からブランドファッションまであらゆるものがリーズナブルに手に入ることから、ロコにも、観光客にも大人気。

お買い物をすると手提げの紙袋が準備されていますが、それとは別に店舗オリジナルのエコバッグも販売しています。

Ross Dress For Lessのエコバッグがおすすめできる点は、そのサイズ。あまり大きなエコバッグが販売されていないハワイでは、珍しいビッグサイズです。そして99セントというリーズナブルな価格も魅力。

季節ごとにデザインが変わり、複数種類が常に準備されているので、他の人とかぶりにくいのもうれしいですね。

容量:★★★★★
価格:★★★★★

Ross Dress For Less(ロス・ドレス)基本情報

住所: 333 Seaside Ave, Honolulu, HI 96815
電話番号:(808)922-2984
営業時間:7:00-1:00

3. Mitsuwa Market Placeのエコバッグ

04-ハワイのスーパーなどで買えるお土産エコバッグ-MitsuwaMarketPlace.JPG
2017年11月著者撮影

続いては、少し変わり種のエコバッグをご紹介します。

ワイキキの中心部クヒオ通りとカラカウアアベニューに面したInternational Market Place(インターナショナルマーケットプレイス)の2階、クヒオ通り側にあるMitsuwa Market Place(ミツワマーケットプレイス)。

ここでは日本の食材やコスメ、医薬品などを販売しているほか、お寿司やお弁当、おにぎりなどのデリ商品も充実しているので、滞在中にお世話になる人も多いのではないでしょうか。

こちらのエコバッグがユニークなのは、デザインが「アメリカンな和風」であることです。クールなドラゴン柄や忍者もはいったブルーのエコバッグは、男性でも利用しやすそうですね。

珍しさ:★★★★☆
ユニセックス度:★★★★★

Mitsuwa Market Place(ミツワマーケットプレイス)基本情報

住所:2330 Kalakaua Ave # 250, Honolulu, HI 96815
電話番号:808-489-9020
営業時間: [毎日]9:00~22:00
公式サイト:http://mitsuwa.com/hw/

4. Holo Holo Café & Marketのエコバッグ

05-ハワイのスーパーなどで買えるお土産エコバッグ-HoloHoloCafe&Market.JPG
2017年11月著者撮影

クヒオ通り沿いのヒルトンガーデンインワイキキ1階にある、パイナップルデザインの店舗入り口看板でおなじみのHolo Holo Café & Market(ホロホロカフェ&マーケット)。カフェのスムージーやベーカリーグッズも朝食に人気のこちらでも、もちろんエコバッグが販売されています。

ハワイらしいデザインが特徴のエコバッグには、「Aloha」、「Mahalo」、「Ono」などのハワイの言葉があしらわれています。帰国後にお土産を渡す時に、「これはどういう意味?」なんて会話もはずむかもしれませんね。

ハワイらしさ:★★★★★
入手しやすさ:★★★★☆

Holo Holo Café & Market(ホロホロカフェ&マーケット)基本情報

住所:2330 Kuhio Ave, Honolulu, HI 96815
電話番号:808-892-1820
営業時間:6:00~0:00

5. Macy'sのマイバッグ

06-ハワイのスーパーなどで買えるお土産エコバッグ-Macys01.JPG
星形のチャームがついたショルダーがけタイプ 2017年11月著者撮影

07-ハワイのスーパーなどで買えるお土産エコバッグ-Macys02.JPG
スタイリッシュなゴールド×ブラックタイプ(左)と小ぶりな手提げバッグ(右) 2017年11月著者撮影

スーパーへの買い出し時に惜しみなく使えるリーズナブルなエコバッグは、軽くてばらまき用のお土産にもぴったり。ですが、ちょっと特別な相手へのお土産として、もしくは自分用としてゲットしてほしいのがこちら、米大手デパートMacy's(メイシーズ)のオリジナルバッグです。

素材はコットンとビニール製素材の二種類。黒地にシンプルにロゴが入り、星形のチャームがついたショルダーがけタイプとスタイリッシュなゴールド×ブラックのバッグは容量もたっぷり。

ジムや習い事用のバッグとしても活躍しそうです。一方で黒と赤の大胆な星デザインの手提げ型のものはサイズが少し小ぶり。ちょっとしたお出掛け用バッグとしても重宝できそうです。

日本での珍しさ:★★★★☆
セレブ度:★★★★☆

Macy's(メイシーズ)基本情報

住所:2314 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
電話番号:808-926-5217
営業時間:10:00~23:00

6. Neiman Marcusのバッグ

08-ハワイのスーパーなどで買えるお土産エコバッグ-NeimanMarcus.JPG
2017年11月著者撮影

最後にご紹介するのは、アラモアナショッピングセンター内に店舗を構えるラグジュアリーデパートのNeiman Marcus(ニーマン・マーカス)のオリジナルバッグです。

1907年にアメリカテキサス州ダラスで創業した高級デパートのニーマン・マーカスは、圧倒的なカスタマーサービスや、厳選された商品ラインナップで世界中のセレブに愛されています。

それだけに、オリジナルバッグもシンプルながら高級感たっぷり。価格は、書類やファイル類などもたっぷり入りそうなシルバーのバッグが75ドル。ちょっとしたお出掛けの時にお財布やメークポーチなどを入れたり、サイドバッグにしたりと便利なゴールドのバッグが30ドルとなっています。

セレブ度:★★★★★
コーディネートしやすさ:★★★★★

Neiman Marcus(ニーマン・マーカス)基本情報

住所: 1450 Ala Moana Blvd, Honolulu, HI 96814
電話番号:808-951-8887
営業時間:12:00~18:00

南国の花や名産・特産品がデザインされたハワイらしいお手頃なエコバッグから、高級デパートの上品なオリジナルバッグまで、ハワイで手に入るエコバッグ・マイバッグはそのバリエーションに限りがありません。

季節ごとにどんどん新しいデザインが入荷している店舗も多いので、ハワイに来るたびにぜひチェックしてみてくださいね。

※情報はライター執筆時(2017年11月)のものです。

この記事と一緒に読みたい関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
Hawaiiii(ハワイイ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/02/22最終更新日:2019/02/22

Views:

ハワイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.