たびこふれ

富山の魅力とは?富山市の観光スポットを徹底レポート!

記事投稿日:2018/06/05最終更新日:2019/03/01

Views:

「はじめまして!どちらご出身ですか?」

「富山です」

「あっ、そうですか、え~っと・・・」

こんにちは!たびこふれ編集部のシンジーノです。

富山。もちろん名前は知ってるけど「富山といえば?」と訊かれても、パッとイメージが湧きにくい、大変失礼ながら、地味でなんだかよくわからない所という印象を私は持っていました。観光地という視点から言うと「インパクトが弱い」(言っちゃった!)

ところが!

富山は幸福度ランキングでは常に上位に君臨しているすごいところだそうです。幸福度が高い?なんで?どんなところが?どんな風に???その具体的な部分がよくわからない。私の知人で富山から単身赴任で東京に転勤している人がいます。その人は毎週末、富山の家に帰っています。私が「なんで?」と聞くと「そんなの当然でしょ」と答えます。

今回"水の都とやま"推進協議会の理事長でもあり、月刊タウン誌「グッドラックとやま」を刊行されている株式会社グッドラックの中村孝一会長から機会をいただき、生まれて初めて富山を訪れました。

目次

言葉で表現しにくい富山の魅力

1泊2日で富山市内のみという限られた範囲での旅でしたが、私はすっかり富山に魅せられてしまいました。どこが?なんで?う~ん、なんて表現したらいいのか・・・どんな形容詞をもってしても富山の魅力を伝えるには足りないように思いますが、富山の魅力をひとことで言うと、「パッと目を引く派手さは無いけれど、じわっと染み入ってくるような、心がふんわりと優しく包まれるような、そんな居心地のよい街」といったところでしょうか。

ここでは私が感じた富山という街の印象をお伝えしたく、綴っていきたいと思います。はてさて富山の魅力がどこまで伝わるでしょうか。。。

富山駅に降りた印象

2018年5月27日(日)10:30。3年前に開通した北陸新幹線の富山駅に降り立ちました。新しくてとってもきれいな駅です。改札を抜け、駅舎を出て初めての富山の街をぐるっと見まわしてみると、、、「ん?」「あれ・・・」歩いている人がいない、、、富山市の人口は約42万人、規模的には金沢市(約46万人)とたいして変わらない街の駅の周りにはほとんど人が歩いていませんでした。そして駅前といえば賑やかな繁華街やショッピングビルがあるはず、、、 初ランチはどこで食べようか・・・ん?食べ物屋さんがほとんど見当たらない。(あることはあるのですが、他の街に比べてかなり少ない印象)要するにはっきりいって少々寂しい感じです。「富山、大丈夫かな・・・?」(後になってわかったのですが、富山市の繁華街は駅の南の大和百貨店、グランドプラザ周辺だったようです。)さ、気を取り直して。

富山市内の観光スポットとその魅力

多くの言葉を連ねるよりも、まずはざっくりと富山市の街の様子を写真でつかんでみてください。

北陸新幹線開通に伴い、新しくなったJR富山駅です。

IMG_1580トリミング.jpg

駅から南に下る大通りです。

IMG_1583.JPG

富山市のシンボル。街の中心を流れる「松川」沿いの遊歩道です。新緑と木洩れ陽が気持ちよかったです。

IMG_1422.JPG

松川べりに降りたところも遊歩道になっていて歩けます。リバーウォークと呼ばれ、格好のデートコースになっているとか。

IMG_1423.JPG

「松川遊覧船」で新緑に包まれながら7つの橋をくぐっていきます。街の中心にありながらこんなにも自然豊かな場所があるんだと驚きました。

IMG_1459.JPG

情緒のある風景がそこかしこに現れます。

IMG_1458.JPG

現存する富山城の千歳御門です。

IMG_1505.JPG

富山城は城址公園になっており、日本庭園や池を散策できます。市民の憩いの場にもなっているそうです。

IMG_1426.JPG

天守閣は小ぶりですが、上から360度ぐるりと富山市内を見渡すことができます。ビルの4階くらいの高さにあたり、ちょうどよい高さの眺望を楽しめます。お城の内部は郷土博物館になっていて戦国時代から明治時代以降まで400年以上にわたる歴史を紹介しています。

IMG_1431.JPG

今回博物館で解説して頂いた学芸員の萩原大輔さんのお話は抱腹絶倒です。講談師のような面白さに写真を撮るのを忘れて聞き惚れてしまったほどです。萩原さんは滋賀県出身ですが、富山の女性をお嫁さんにもらい、富山LOVE度200%の人です。

>>富山城址公園内の富山市郷土博物館公式サイトはこちら

街から立山連峰が見えます。5~6月は1年でも山並みが見えにくい時期だそうですが、それでもこれだけ見えました。こんな風景が日常的に見られるなんて贅沢ですね。

IMG_1476トリミング.jpg

富山の薬を代表する「池田屋安兵衛商店」。街で一番古い木造建築だそうです。

IMG_1478.JPG

看板薬は「反魂丹(はんごんたん)」という胃腸薬。他にもカラフルでユニークなデザインの薬が今も売られています。

IMG_1492.JPG

麦芽水あめを作っている「島川あめ店」。富山市では現在ここ1店だけが麦芽水あめを作り続けています。

IMG_1498.JPG

商店街アーケードの文字もふんわりしていて優しさを感じませんか。

IMG_1503トリミング.jpg

富山の細工かまぼこは今でもお祝い事に欠かせません。

IMG_1544.JPG

明治三十年創業の富山銘菓「月世界(つきせかい)」お店に貼られていた紙です。お店のこころが入っているように感じました。

IMG_1562.JPG

IMG_1559.JPG

昭和の懐かしい面影を残す千石商店街。

IMG_1567.JPG

「ザ・昭和」の匂いがぷんぷんしていました。

IMG_1575.JPG

IMG_1571.JPG

自分の故郷に戻ったかのような、初めてなのにどこか懐かしい通りです。

IMG_1573.JPG

戦災に耐え、70年以上前の建築当時の姿を保っている電気ビルディング。テレビドラマのロケでも使われたそうです。

IMG_1579.JPG

富山市内の様子をざっとご覧いただきましたが、どのように感じられたでしょうか。
決して派手ではないけれど、じんわりと染み入ってくるような、こころがふんわりと優しく包まれるような雰囲気が伝わったでしょうか。富山という街に興味が湧いてきましたか?

では私が今回訪れた中で特に印象に残ったスポットをさらに詳しくご案内しましょう。

富山のシンボル「松川遊覧船」

私はこれまでにもいくつかの、川を下る遊覧船に乗った経験がありますが、この松川遊覧船が一番、安らいだ気持ちで時を過ごせた船でした。そう感じた理由をいくつか挙げてみると・・・

川の流れが穏やかで水がきれいです。水が滔々と湧き出しているかのように豊富で新鮮な水に揺られると気持ちが落ちつきます。

IMG_1420.JPG

街なかとは思えない緑豊かな河岸に囲まれながらゆっくり下ります。

IMG_1451.JPG

船長さんの語り口が柔らかくおっとりとしていてなごみます(風貌はちょっと怖そうですが(笑)とっても優しそうな方でした)

IMG_1452.JPG

こんな街なかにアオサギが佇んでいました。

IMG_1467.JPG

船を泊めて鯉に餌やり体験が出来ます

esayari-taiken.jpg
(写真提供:松川遊覧船)

遊覧船と聞いて純和風かと思いきや、船乗り場はイタリアのヴェネツィアの雰囲気にも似ておしゃれです。

IMG_1507.JPG

では動画をどうぞ~

のんびりと優雅に流れる松川の水に身を委ねると全身が心地よさに包まれていくようでした。私が乗船したのは新緑の時期で、青葉はそれはそれはきれいでしたが、桜の時期は松川沿いに460本植えられているソメイヨシノが美しい桜のトンネルをつくるそうです。

IMG_9082.jpg
(写真提供:松川遊覧船)

「松川とは」

松川とは、戦国時代から江戸時代まで富山城の天然の外濠だった神通(じんづう)川の名残りの川です。船乗り場にはお休み処の松川茶屋があり、そば、うどん、お団子ぜんざい、コーヒーなどを召し上がれます。

IMG_1425.JPG

また茶屋の中には滝廉太郎記念館(無料)があります。滝廉太郎は7歳から1年8か月間を富山で過ごしました。当時富山城址内にあった小学校に通っていた廉太郎少年はこの時のイメージが「荒城の月」の作曲のモチーフになったとも言われているそうです。記念館には写真や資料、CD等があり23歳で早世した稀有の作曲家を偲ぶことができます。

IMG_1506.JPG

ちなみに私たちのよく知る山田耕筰さん編曲の「荒城の月」はゆっくりと重々しいテンポでもの悲しい曲調ですが、原曲はテンポが速く軽快でさほど悲壮感はないそうです。

松川遊覧船基本情報

所要時間:30分
営業時間:10:00~17:00
料金:大人1,600円、小人750円(時期により変動。詳細は下記サイトでご確認ください)
松川遊覧船公式サイトはこちら

"薬の富山"を代表する老舗「池田屋安兵衛商店」

IMG_1478.JPG

反魂丹(はんごんたん)は江戸時代から作られている富山を代表する胃腸薬です。
江戸時代、ある大名が激しい腹痛に苦しんでいたところ、その場に居合わせた富山藩二代目当主前田正甫(まさとし)が携帯していた反魂丹を服用させたところ、たちどころに回復したそうです。それを見ていた諸大名達が自分たちの藩でもぜひ売りたいと言ってきて、この逸話が富山の売薬(薬の配置販売業)誕生のきっかけとなっていったそうです。現在も生薬、漢方を配合した薬を製造販売し、富山の薬文化を現代に伝え続けている老舗。レトロでかわいいパッケージの薬はお土産にもぴったりです。

IMG_1492.JPG

店内では、丸薬の製造体験が出来たり、昔の薬屋の道具なども展示してあり、観光スポットとしても楽しめる場所です。

IMG_1484.JPG

丸薬作りの実演がこちらです。

IMG_1481.JPG

2階はレストランスペースとなっており、黒米などを使った薬用膳も食べることができます(要予約)

IMG_1487.JPG

池田屋安兵衛商店公式サイトはこちら

麦芽水あめを作り続ける富山市唯一の店「島川あめ店」

IMG_1498.JPG

創業寛文三年(1663年)で現店主はなんと14代目だそうです。昔は水あめが"甘みづけ"の代表でしたが、砂糖の出現により水あめは急速に衰退し、今富山市内で水あめを作っているのはこの島川あめ店1店だけだそう。私たちも普段水あめに接することは少ないですよね。

IMG_1501改.jpg

「なぜ島川あめ店が現代まで続いているのか?」

水あめは富山の主要産業である薬(丸薬)のつなぎにしたり苦みを抑える為に必要だった為、現在も続いているそう。今も昔と変わらない製造方法で水あめを作っています。

【水あめ製造方法】
①原材料は澱粉(デンプン)と麦芽と米のみ。
②原料を混ぜ合わせ、加熱して保温、一晩寝かせます。
③五つの窯で何度も濾して不純物を取り除きながら高温で炊き上げることによって水あめになります。
④容器に移して冷やし、麦芽水飴の出来上がり

丸二日かけて一斗缶でたった8本しか作ることができないという手間ひまのかかる作業だそうです。(一斗は約18リットル)
現在の社長は数十年麦芽水あめを作り続けているが、同じ分量、同じやり方で造っても気温や湿度などさまざまな要因によって一定のものは作れないそうで、それだけ繊細で難しいものなんですね。特に透明度を出すのが難しいそうです。現店主が若い頃「これぞ自分が思った通りの水あめが出来た!」という時があると商売そっちのけで周りの人々に配ってまわったという逸話があるそうです。職人気質が表れていますね。水あめ造りに人生を賭け、何代も続く老舗の味。私も島川あめ店の麦芽水あめを舐めてみました。甘みがまろやかで柔らかく優しい味で、まったくくどくなく、喉も乾きません。身体に良い甘味という感じでした。水あめはトーストに塗ったり、紅茶やコーヒーの甘味付け、料理にも使えるそうです。疲労回復にも効くそうで、山登りをする私は便利な携帯用の小分けの水あめを買いました。(7包入りで500円)

IMG_1588.jpg

島川あめ店公式サイトはこちら

富山のかまぼこの特徴とは?「梅かま」U-mei館

今回巡ったスポットでこの「梅かま」のミュージアム(工場)だけが富山市郊外にあります(車で約30分)

IMG_1546.JPG

私、実はかまぼこがあまり好きではないのです。食感がゴムっぽいというかツルツルプリプリした舌触りが作り物っぽくて苦手です。が、ここのを試食したところ、他のかまぼこに比べて、良い意味でざらざらした魚のすり身感が残っていて、食感も柔らかいので気に入りました。かまぼこの歴史は古く平安時代(1115年)には文献に登場しているそうです。ちなみにここから11月15日は「かまぼこの日」に制定されています。作り方は、手作りか機械化かという違いだけで、基本的には昔と変わっていないそうです。
富山かまぼこの特徴は板に乗っていません。代わりに昆布で渦巻き状に巻かれたものや、お祝いごとに使われる細工かまぼこ(手作り)があります。

IMG_1539.JPG

IMG_1544.JPG

IMG_1533.JPG

昆布巻かまぼこも初めて食べました。うずまき状のユニークな外観だけでなく、昆布のダシがかまぼこにしみ込んでお酒のおつまみにもぴったりの味わい深いものでした。

IMG_1590.jpg

工場では製造工程の見学もできます。では昆布巻かまぼこの出来る様子をご覧ください。

簡単そうに見えますが、とても難しくこちらの工場でも出来る職人さんは数人だそうです。かまぼこは高たんぱく低カロリーで健康にも美容にもよい優等生の食品だったんですね。もっと日頃からかまぼこ食べるようにしようと思いました。

【かまぼこの健康的効果の一例】
・大腸がんの発生を抑える
・メタボ予防
・血糖値の急上昇を抑える

梅かま公式サイトはこちら

昭和天皇も絶賛「銘菓 月世界(つきせかい)」

IMG_1557.JPG

明治三十年創業の富山を代表する銘菓「月世界」。月世界とは鶏卵と、和三盆糖と白双(しろざら)糖を煮詰めた糖蜜と合わせ乾燥させたお菓子です。

IMG_1559.JPG

「月世界(つきせかい)」の名前がつけられた理由

このお菓子が完成したのは真夜中だったそうです。

「出来たっ!」と店主が店の外に目を向けたら、そこにはきれいな月が出ていたそうです。それで「月世界」という名前を思いついたそう。

またある時、昭和天皇が北海道に行幸されていた時、休憩地で甘い物を所望されたことがあったそうです。その時、たまたま休憩処の主(あるじ)が月世界を買ってきていたか、お土産でもらったかで手許にあって、昭和天皇にお出ししたところ、「おお、これは富山の月世界ではないか」と陛下が仰ったそうです。それだけ有名なお菓子だったということですね。食べた食感は落雁のようでもありましたが、もっとあっさりと軽い口どけで、ふわっと溶けていきます。お茶にももちろん合いますが、ブラックコーヒーにも意外に合うそうです。(月世界とブラックコーヒーやってみましたが確かに合いました)お店に貼ってある紙に職人の気持ちが入っているように感じました。こういうの大事ですよね。

IMG_1562.JPG

富山銘菓「月世界」公式サイトはこちら

富山駅周辺のおススメホテル「グランテラス富山」

今回泊まったホテルは富山駅から徒歩7分の「グランテラス富山」でした。建物はさほど新しくはありませんが、そのせいか全体にゆったりした造り(ロビー、部屋 バスルーム)で落ち着けました。以前天皇陛下もお泊りになったことがある由緒あるホテルです。

IMG_1415.JPG

IMG_1530.JPG

IMG_1514.JPG

バスルームはユニットバスなのですが、最近のホテルに比べ広めです。バスタブは広く深く、人口大理石を使っているそうで肌ざわりもよかったですね。

IMG_1515.JPG

バスタブの蛇口レバーがひとつになっていて温度を適温調整した状態で出したり止めたりできるのも嬉しい点です。水とお湯の蛇口が分かれていて、出し止めする都度温度調整をしなければならないのは面倒くさいですからね。

IMG_1516.JPG

シャンプーとリンスが別々です。ミラーに曇らないスペース面を作ってあるのも嬉しかったです。このように、派手ではないけれど宿泊客のことを考えた細かい配慮が行き届いているのが好印象です。やや残念なのはテレビが小さめなのとマットが私にはやや柔らかかったことです(個人差がありますが)朝食会場は12階のバンケットルームでバイキングです。眺望がよく、ほたるいか塩辛や黒づくりなど富山の郷土料理もあり、全体的に和風メニューが多いように感じました。

IMG_1518.JPG

この朝は曇っていて立山連峰がはっきりと見えなかったのは残念!

IMG_1524.JPG

IMG_1522.JPG

IMG_1525.JPG

このホテルは本当に小さな配慮がそこかしこに散りばめられていました。

ホテルグランテラス富山公式サイトはこちら

初めての富山市訪問を終えて感じたこと

今回富山市内の中心地をほぼ徒歩で歩いて巡りました。富山市は近年コンパクトシティ化を目指しており、路面電車、郊外に走る第三セクター電車、自転車シェアリングなども整備され、観光で来た人たちにも便利で優しい街づくりがされていました。
かといって新しいものばかりでなく、昭和の雰囲気が残っていたり、北欧の街にも似た雰囲気があったりと懐の深さも感じました。
以前は大都市からの遠さがネックでしたが、北陸新幹線の開通により、東京からは2時間ちょっとで来られるようになりました。

富山の人たちとお話した印象は

富山は「商人の町」というよりは「物づくりの町」です。観光客がたくさん来てお金を落としてほしいという「お金、お金」という嫌らしさはあまり感じませんでした。それよりも「訪れた人に富山の良さを知ってほしい」という切々とした気持ちを感じました。「富山のことを大好きな富山の人たち」もしかしたらこれが富山の一番の魅力かもしれません。真面目にコツコツ、自己主張やアピールが苦手。そこがまた好印象でした。

あなたが
・都会暮らしに疲れたら
・心がささくれだって、気持ちに余裕がなくなってきたら
・常に追い立てられる日々に押しつぶされそうになったなら
・人ごみを歩くのが疲れたら

そんなときには富山に訪れてみませんか。富山の街が、富山の人たちが温かく迎えてくれることでしょう。私もまた行きますよ、富山に!

富山市観光公式サイトはこちら

月刊グッドラックとやまはこちら

プロフィール画像
この記事を書いた人
シンジーノ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/06/05最終更新日:2019/03/01

Views:

富山のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.