たびこふれ

穴場スポットのみ! 札幌好きなら知っておくべき観光スポット

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/31
最終更新日:2018/03/31

Views:

札幌と言えば、時計台、赤れんが、大通公園などが有名ですが、リピーターの皆さんはどこを訪れているのでしょうか? この記事では、定番スポットとはちょっと違った、おすすめ穴場スポットを紹介します。

札幌は人口190万超の大都市ですが、手付かずの大自然もたくさん残っており、北海道らしいワイルドな体験を楽しむこともできます。

札幌のちょっとニッチなランドマークを知り、次の旅行の観光プランを立ててみませんか?

滝野すずらん丘陵公園

滝野すずらん丘陵公園

札幌市内で北海道らしい大自然を満喫したいと思ったら、南区にある滝野すずらん丘陵公園に向かってください。5月下旬から6月始めごろまでは、公園名にも冠せられたスズランの可憐な花が顔を見せます。市内の小中学校で実施される炊事遠足の行き先として定番で、オートキャンプ場も完備されているアウトドアのメッカです。

公園内にあるアシリベツの滝は「日本の滝百選」に選ばれるほど優美な流れで、夏はここで水しぶきを浴びたり、冬は滝の水が氷結した"氷爆"を鑑賞したりといった四季折々の楽しみ方があります。

■〒005-0862 北海道札幌市南区滝野247

定山渓温泉

定山渓温泉

札幌の奥座敷として知られる定山渓(じょうざんけい)には「かっぱ伝説」があり、温泉街のいたるところに河童のモニュメントを見かけます。

格調高い本格的な銅像もあれば、コケティッシュで思わず笑いを誘うようなマスコットも。

かっぱ祭りやかっぱウォークなど河童をテーマにしたイベントが開催されることもあるので、定山渓を訪れる際はぜひ地元の情報誌などをチェックしてみてください。

■〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉2丁目

シアターキノ

シアターキノ
photo by bryan...

「ぽんぽこシャンゼリゼ」なるテーマソングが流れる狸小路は二条市場と並ぶ札幌の古い商店街です。観光客向けの土産物屋もたくさん並んでいますが、札幌市民が文化の拠点として誇りにしている単館系映画館「シアターキノ」もあります。

昭和の趣きを残す古い雑居ビルの2階にある小さな劇場で、毎年秋に行われる札幌国際短編映画祭の会場にもなります。

■〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西6丁目 南3条グランドビル

札幌芸術の森

札幌芸術の森
photo by Keiko Shih

芸術の森は約40ヘクタールの敷地に美術館、コンサートホール、体験型工房などが並ぶ巨大なアートパークです。中でも札幌芸術の森野外美術館は国内外の評価の高い彫刻家の作品が展示されていることで有名です。

野ざらしの屋外に設置されるモニュメントの数々は、この地の自然風景と調和するよう設計されており、訪れる季節により味わいも異なります。降雪シーズンは散策用に輪かんじきの貸し出しサービスもあるのでぜひ利用してみてください。

■〒005-0864 北海道札幌市南区芸術の森

幌見峠

buntasさん(@bun.ten0124)がシェアした投稿 -

せっかく北海道まで来たのなら、よく雑誌などで紹介されているラベンダー畑を見てみたい。富良野や美瑛の丘陵に広がるあのイメージ......。実は札幌の中央区にもあるんです!

幌見峠(ほろみとうげ)と言っても、険しい山の中にあるわけではなく、傾斜のあるラベンダー畑ごしに市街地を望むことができる絵葉書のような農園。幌見峠ラベンダー園の見頃は7月中旬から8月上旬まで。約5,000株のラベンダーが安らぎの香りを放ちます。

■〒064-0945 北海道札幌市中央区盤渓471−110

藻岩山

藻岩山

日本百名月にも認定された藻岩山でのお月見を楽しんでみませんか? ロープウェイとミニケーブルカーを乗り継ぎ、山頂展望台に着いたら、まず「幸せの鐘」を鳴らしましょう。そして、南京錠に記念のメッセージを書き込み、手すりに取り付けます。これを連名で行ったカップルは絶対別れることがないという伝説がいわゆる「愛の南京錠」です。

国内外に似たような観光スポットもありますが、札幌の夜景を眺めながらのプロポーズは最高の思い出となるでしょう。

■〒005-0041 北海道札幌市南区藻岩山

千歳鶴酒ミュージアム

千歳鶴酒ミュージアム
photo by nimame

観光客向けではなく、札幌の地元民の間でホットなエリアを知りたい! そんな人におすすめなのが創成川イーストと呼ばれる地域です。二条市場の辺りからぶらりと東に向かって歩くと、趣きのあるカフェやお店がぽつぽつと点在しています。

その一角にあるのが千歳鶴酒ミュージアムで日本酒の醸造に関する資料が展示されています。直売コーナーで買える酒粕ソフトクリームは絶品で、これを食べるためだけに訪れる人もいるくらい! まさに穴場中の穴場スポットです。

■〒060-0053 北海道札幌市中央区南3条東5丁目1

真駒内滝野霊園

真駒内滝野霊園

なぜ、こんなところにモアイ像が?? そして、敷地内にはストーンヘンジも!!――ここが墓地であることを忘れてしまう、テーマパークのように明るく爽快な風景が広がるスポットです。

本家イースター島のモアイ像にも負けず劣らず迫力ある巨大像は最大のもので120トン、9.5メートル。この他、安藤忠雄氏が設計した「頭大仏」の周囲にはラベンダー畑が広がり、見頃は7月中旬です。

■〒005-0862 北海道札幌市南区滝野2−3

モエレ沼公園

モエレ沼公園

世界的に著名な彫刻家・イサムノグチが設計した巨大な公園です。沼の内陸部だけでも100ヘクタールある敷地内の移動にレンタサイクル(夏)やクロスカントリー用のスキー(冬)が用意されています。

標高62.4メートルのモエレ山はこの公園がある東区内最高峰で、晴れた日は山頂からの眺めが最高です。意外に思われる人も多いかもしれませんが、札幌でも南区や中央区は熊出没リスクと常に隣り合わせなので、モエレ山は熊に襲われる心配をせず登山が楽しめる穴場です。

■〒007-0011 北海道札幌市東区モエレ沼公園1−1

新千歳空港からのアクセスも良く、宿泊施設が充実している札幌で、選りすぐりの穴場観光スポットをピックアップしてみました。これらの施設は観光だけでなく、地元札幌市民も休日のレジャーなどで訪れる場所です。ぜひ一度訪ねてみてください♪

プロフィール画像
この記事を書いた人
国内の人気観光地研究部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/03/31
最終更新日:2018/03/31

Views:

この記事に関連する記事

北海道のアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.