たびこふれ

寒がりさんは夏に行こう!気温が高い時期のイギリスで楽しめるイベントを紹介します

  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/20
最終更新日:2018/02/09

Views:

お城や大聖堂などの歴史的建造物、中世のロマンを感じさせる美しい街並み、絵画のような田園風景など、たくさんの魅力が詰まったヨーロッパの小さな島国・イギリス。北緯50-60度の間、地理的には北海道よりも北に位置しているものの、暖流や偏西風の影響もあって比較的温暖な国だといわれています。ただし、1年を通して雨が多く、冬の雨の日には実際の気温よりも寒さを感じるほどなので、寒がりさんはイギリスに行くなら冬よりも夏の旅行がおすすめです。というわけで今回は、気温が高い夏の時期のイギリスで楽しめる、おすすめのイベントをご紹介していきます。

イギリスの月別気温と天候について

旅のプランを立てる際に必ずチェックしておきたいのが、現地のお天気。着ていくものはもちろん、旅先での過ごし方にも影響しますから、天候に関する基本情報はしっかりとチェックしておきましょう。ここでは、イギリスの首都ロンドンの天候とおすすめの服装についてご紹介していきます。

イギリスの首都ロンドンの月別最高気温と最低気温

1月/最高気温6℃、最低気温2℃

2月/最高気温7℃、最低気温2℃

3月/最高気温10℃、最低気温3℃

4月/最高気温13℃、最低気温5℃

5月/最高気温17℃、最低気温8℃

6月/最高気温20℃、最低気温11℃

7月/最高気温22℃、最低気温13℃

8月/最高気温21℃、最低気温13℃

9月/最高気温19℃、最低気温11℃

10月/最高気温14℃、最低気温8℃

11月/最高気温10℃、最低気温5℃

12月/最高気温7℃、最低気温3℃

寒い時期が長いロンドンの気候。夏でもそこまで温度が上がらないため、長袖や羽織ものは必ず準備しておきましょう。日中と朝晩の寒暖差はもちろん、1日のうちにも肌寒くなったり暑くなったりすることがあるので、脱ぎ着しやすい服装を重ね着することで調節するのがおすすめです。

イギリスの首都ロンドンの天候

「1日の中に四季がある」と表現されるほど、ロンドンの天気は1日のうちにころころ変化するのが特徴です。例えば、ロンドンというと雨の日が多いイメージですが、実際には1日中雨が振り続けるのではなく、霧雨が1日に降ったり止んだりを繰り返し、その合間に青空が広がったりという具合に、忙しく天気が変わっていきます。とはいうものの、実際に雨は多いので、雨具の携帯を忘れないようにしましょう。

また、夏にあたる6月~8月は、30℃を超える猛暑日も稀にありますが、基本的には日中でも気温は25℃前後、湿度も低くカラッとしているため快適に過ごすことができます。夏でも朝晩は冷え込むので、薄手の長袖やカーディガンなどの羽織ものがあると安心です。

夏に楽しめる、イギリス各地のイベントについて

地図上で北海道よりも北に位置するイギリスは、夏でも湿度が低くて快適に過ごせるのが魅力です。また、首都ロンドンをはじめイギリスの各地では、夏に由緒あるスポーツの大会や野外音楽フェスティバルなど、さまざまなイベントが開催されています。夏のイギリスを旅行するのなら、そうしたイベントを事前にチェックして、旅のプランに加えてみてはいかがでしょうか。

6月のイベント

グラストンベリー・フェスティバル(Glastonbury Festival

1970年からイングランドのピルトンの農耕地で開催されている、世界最大級の野外ロック・フェスティバル。世界中からさまざまなジャンルのアーティストが集結し、圧巻のパフォーマンスで楽しませてくれます。数年に1度の休止が慣例となっていて、残念ながら2018年は開催がありませんが、2019年に6月26日~30日の開催が決定しました。

公式サイト

オープン・エア・シアター( Open Air Theatre

ロンドンの夏の風物詩といえばこれ。リージェンツ・パーク(Regent's Park)で毎年5月~9月に開催されるオープン・エア・シアター(野外劇場)です。ミュージカルやシェイクスピア作品などさまざまなジャンルの舞台を、開放的な空間で楽しむことができます。チケットはおよそ£25~£59。

公式サイト

7月のイベント

グリニッジ&ドックランズ国際フェスティバル(Greenwich & Docklands International Festival

ロンドンのテムズ川沿いで毎年開催されている野外パフォーミング・アーツの祭典。略称は「GDIF」です。ストリートアート、ダンス、演劇などさまざまなジャンルの公演が行われます。昼間はもちろん、太陽が沈んだ後も幻想的な光の中で視覚と聴覚をフル稼働させて、アートを楽しんでみてはいかが?

公式サイト

全英オープンゴルフ(The Open Championship

イギリスで開催されるゴルフの国際大会で、世界4大メジャートーナメント大会のひとつ。毎年世界中からトッププレーヤーが集結します。第1回の開催は1860年で、世界最古のゴルフトーナメントとされています。

公式サイト

バーミンガム・インターナショナル・ジャズ・フェスティバル(Birmingham International Jazz Festival

「イギリス第二の都市」と呼ばれるバーミンガムで毎年7月に開催されている国際ジャズフェスティバルです。街のコンサート会場から街頭までさまざまな場所で、国内外のジャズミュージシャンの演奏を楽しむことができます。

公式サイト

ウィンブルドン・テニス選手権(The Championships Wimbledon

ロンドン南西部ウィンブルドンで開催されるテニス四大国際大会のひとつです。この大会のときだけ使われる芝生のテニス専用競技場「センターコート」で繰り広げられる白熱した試合は、テレビで見たことがある人もいることでしょう。2018年は7月2日~15日までの開催が予定されています。

公式サイト

8月のイベント

パイプフェスト(Edinburgh Pipe Fest

スコットランドの首都であるエディンバラで、毎年8月に開催されているエディンバラ・フェスティバル。その期間中に1日だけ開催されるバグパイプのお祭りです。バグパイプ奏者がエディンバラの街を行進する様子は圧巻。2018年のエディンバラ・フェスティバルは8月3日~27日まで開催。パイプフェストを見に行く際は、スケジュールをしっかりチェックしてくださいね。

エディンバラ・フェスティバル公式サイト

パイプフェスト公式サイト

グレート・ブリティッシュ・ビア・フェスティバル(Great British Beer Festival

毎年夏に開催されるビールの祭典。ロンドンのウエスト・ケンジントンにある見本市会場「オリンピア(Olympia London)」にて行われています。2017年に40周年を迎えたこちらのフェスティバルでは、イギリス産エール(ビールの一種)やサイダー(林檎酒)、世界のビールが集合し、テイスティングを楽しめます。2018年は8月7日~11日の開催が予定されています。

公式サイト

イギリスのイベントへ行くときに注意したいこと

イギリスのイベントは毎年恒例のものもあれば、年によって開催しないものもあります。また、その年によって開催月が異なるケースもあるため、詳細はそれぞれホームページなどで事前にチェックしておくことをおすすめします。

さらに、人気の野外フェスティバルはあっという間にチケットが完売してしまうことも。旅行プランを立てるときは、チケットの販売開始時期がいつになるか調べておきましょう。

一年を通して天気が悪いと思われがちなイギリスですが、夏は湿度が低く快適に過ごせる日が続きます。この時期はさまざまなジャンルの野外イベントも多数開催され、一味違った体験ができますよ。ぜひこの時期に合わせて、イギリス旅行の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

もっとイギリスのことが知りたくなったら、こちらの記事もいかがでしょうか?

旅行中も簡単にスマホが使える! イギリスでSIMカードを使ってみよう!

ひとり旅だとこれだけかかる、イギリス旅行の費用について

海外旅行初心者必見! イギリスで入国カードを書くときのポイント

イギリスには公用語が4つある! それぞれの概要について紹介します

これぞイギリスのカルチャー。イギリスのパブの特徴と注文方法について

プロフィール画像
この記事を書いた人
旅の基本情報お届け部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • google+ シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2018/01/20
最終更新日:2018/02/09

Views:

この記事に関連する記事

イギリスのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.