たびこふれ

この時期に行きたい!神威岬と積丹ウニ

記事投稿日:2017/08/18最終更新日:2021/06/17

Views:

積丹ウニ丼

まさに今が旬!神威岬・積丹ウニ!

北海道の観光といえば、札幌をはじめ、小樽や函館、知床などを想像する方が多いのではないでしょうか。ですが!王道の観光地以外にも広い北海道には、まだまだたくさんの観光地があります。この時期、美しい!美味しい!!をまとめてお楽しみいただける、積丹半島をご紹介いたします。

目次

神威岬って?どこ??

札幌から高速道路を使い、小樽、余市などを通り抜けると到着する、積丹(しゃこたん)半島の北西部に位置する神威岬(かむいみさき)。読み方も少し難しいですね・・・。神威岬までの道も、海を眺めながらで、ドライブにもぴったりです。

神威岬

こんなにも尖がってるんですね~!

神威岬

神威岬の先端の前に、まず目指すのは「女人禁制の門」です。この名前ちょっとびっくりしますね。源義経とアイヌの娘チャレンカにまつわる古くからの言い伝えから、かつてはここから先は女性の立ち入りが禁じられていたそうです。

今はもちろん大丈夫です!!!

神威岬の門

門をくぐって、岬の先端までは約20分の上下のある道ですが、どんどん先端まで頑張ります!景色もきれいですね~

神威岬

神威岬からの眺め

これぞまさに!積丹ブルー!

先端に到着!見えているのは、乙女の化身とも言われる神威岩です。

積丹ブルーとも呼ばれる、海の青さは本当に美しく、私も北海道でこんな青さの海を見られるとは思いもしませんでした。

積丹ブルーの海

積丹ブルーの海

もう一度美しい景色を堪能しながら、ゆっくり戻ります。

積丹ブルーの海

期間限定!!積丹ウニ

積丹半島では、いろんなところに「ウニ丼」や「海鮮丼」ののぼりがありました。いよいよ1番楽しみにしていた積丹ウニ丼、いただきます!!

積丹ウニ丼

本当に!!美味しかったです!もっと食べたい・・・まだまだ食べたい・・・と言いながらペロッといただきました。口に入れた瞬間とろけるような、とても濃厚なウニでした。もう一度食べたい・・・。

積丹ウニは6~8月の3か月だけしか食べられないというのも、わざわざ行って食べたくなる理由ですね。

関連記事

日本の渚100選<島武意海岸>

私がウニ丼を食べたすぐ近くには、日本の渚100選に選ばれている、島武意(しまむい)海岸もありました。

島武意海岸

ここは、展望台までの道が、30mほどの真っ暗なトンネルなんです。

トンネル入り口

先程の神威岬とはまた違った、積丹ブルーを見ることができます。このときは、少し曇り始めていましたが、太陽の光によって様々な青さを見ることができました。

島武意海岸

北海道の夏の海

北海道の夏で海のイメージはあまりありませんでしたが、本当に美しい景色を見ることができました。楽しみにしていた、積丹のウニも本当に美味しかったです♪ 北海道の夏は、湿気がなくサラッとしていて、本当に過ごしやすいです。積丹半島は、札幌から小樽にも寄ることができ、日帰りの旅行にもぴったりです。

ぜひ、積丹ブルーの美しさ、新鮮な積丹ウニの美味しさを感じてみてはいかがでしょうか。

※この記事は2017年8月に公開したものです。2021年6月に目次や地図を追加しました。

プロフィール画像
この記事を書いた人
はるかす
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2017/08/18最終更新日:2021/06/17

Views:

北海道のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.