たびこふれ

ヴェネチアにある"救済の聖母マリア聖堂"と言う意味の「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂」

記事投稿日:2014/11/15最終更新日:2018/11/01

Views:

※2018年10月、加筆修正をいたしました。

ヴェネチアの「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂」は、イタリアで最もフォトジェニックな場所とも言われる教会。日本語で「救済の聖母マリア聖堂」と言う意味を持つ建物です。とても清らかな印象を持つこの聖堂は、ある歴史を刻むために建てられました。

それは当時、イタリアを覆った疫病「黒死病(ペスト)」に対する祈り。その歴史についても少し触れつつ、サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂をご紹介します。

目次:クリックで見出しに移動します

運河を抜けた先にある美しい「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂」

水の都、ヴェネチアの南西部は、芸術的な感動すら味わえるまさに絶景づくしのエリア。運河沿いの街並みも、思わず写真に収めたくなる素晴らしさです。

ヴェネチアは水路や裏路地を散策するだけでも十分に楽しいのですが、この記事ではとある場所をご紹介するため、運河の写真は少しだけにとどめます。

救済の聖母マリア聖堂と言う意味のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂-01.jpg
<写真:なにげない水路もフォトジェニック写真:Italyii(イタリィ)編集部>

救済の聖母マリア聖堂と言う意味のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂-02.jpg
<水路に沿って建物が並びます。写真:Italyii(イタリィ)編集部>

"イタリアで最も写真が撮られている場所"という説もある聖堂

「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂」は、巨大な八角形の本堂とクーポラ、6つの礼拝堂、そして白く輝く外見が大きな特徴です。一説には、「イタリアで最も写真が撮られている場所」と評されるほどの名スポットとされています。

どのような建物なのかは、こちらの写真でその素晴らしさが伝わるでしょうか?

救済の聖母マリア聖堂と言う意味のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂-03.jpg
<息をのむような建築です。写真:Italyii(イタリィ)編集部>

聖堂の前の舗道は、他の道とは少し違ったデザインが施されています。

救済の聖母マリア聖堂と言う意味のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂-04.jpg
<異国を感じる風景にうっとり......。写真:Italyii(イタリィ)編集部>

聖堂の中は見学可能。内部の建築にも驚愕!

とても厳かな空間ですが、観光客でも内部を見学できます(無料、聖具室を見学する場合は追加料金が必要)。聖堂の歴史をじっくりと知りたい!という方は、予算と時間を少し多めに見積もった方がいいでしょう。

ここで見ておきたいのが、内部の装飾。外見も非常に凝った装飾が施されていますが、内部も素晴らしいものとなっています

救済の聖母マリア聖堂と言う意味のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂-05.jpg
<美しいモザイクタイルも必見です。写真:Italyii(イタリィ)編集部>

救済の聖母マリア聖堂と言う意味のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂-06.jpg
<高い天井を支える柱の構造にもご注目。写真:Italyii(イタリィ)編集部>

>関連記事:観光前に必読!面白いほど分かる4つのイタリア建築様式案内

聖堂建築に込められた悲しい歴史

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の建築がはじまったのは、1630年のこと。当時は黒死病(ペスト)が蔓延しており、その災厄から逃れる祈りを込めて、建てられたとされています。

しかし、ヴェネチアは埋め立て地のため地盤が軟らかく、工事は難航を極め57年もの歳月を必要としたそう。清らかで荘厳な印象を放つこの建物には、黒死病の終焉を記念する意味も込められるようになったそうです。

冒頭でご説明した、「(健康的な意味での)救済(Salute。乾杯と言う意味も)」「聖母マリア(Santa Maria)」「聖堂(Basilica)」と言う意味を持つのも納得いただけるのではないでしょうか。

疫病に関するリスクはいつの時代もあるものですが、科学的な知見がまだ少なかった1600年代は、神への祈りも病気を抑えたり、民衆の混乱を沈めるために必要なものでした。

それを思うと、ただ美しい建築としてだけではなく、人々の切実な思いもここには込められていると感じられます。

救済の聖母マリア聖堂と言う意味のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂-07.jpg
<厳粛な気持ちになります。写真:Italyii(イタリィ)編集部>

夕暮れから夜にかけての瞬間も美しい

悲しい歴史を持つ聖堂ではあるものの、現在も地元の人々に親しまれ、毎年11月21日は「サルーテのお祭り」が開かれ、健康を祈るイベントととして国内外で人気となっています。

当記事執筆時(2014年)は、お昼に聖堂を見学しましたが、夕暮れに照らされる風景もとても美しいのだそう。次に訪れるときは、ぜひその瞬間を見届けたいと思います!

救済の聖母マリア聖堂と言う意味のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂-08.jpg
<この日はとてもいいお天気でした!写真:Italyii(イタリィ)編集部>

施設情報

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂(Basilica di Santa Maria della Salute)

■住所:Fondamenta Salute, 30123 Venezia VE, Italy
■公式サイト:https://basilicasalutevenezia.it/

参考:Googleマップより

この記事と一緒に読みたい関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
Italyii(イタリィ)編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2014/11/15最終更新日:2018/11/01

Views:

この記事に関連する記事

イタリアのアクセスランキング

© 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.