たびこふれ

ウユニ塩湖1(変幻自在の絶景地)

記事投稿日:2016/01/26最終更新日:2018/04/16

Views:

天候、時間で自在に姿を変える 「一生に一度は行きたい絶景地」

HP15-37628.jpg

今回はウユニ塩湖をご紹介いたします。実際に、この絶景を目の当たりにした担当者、添乗員2名がウユニ塩湖の魅力や楽しみ方などをお伝えします。これからツアーに参加される方やツアーご参加をご検討中の方は是非ご一読ください!

HP15-62790.jpg
左:松谷彰子(企画担当者) ウユニ塩湖への思い入れを強く持つ
中:藤井博志 添乗歴:11年、総添乗日数:2500日、アピールポイント:その土地の文化・歴史に詳しい博識添乗員。現地の人になりきって現地ワールドへご招待。
右:森島敬太 添乗歴:16年、総添乗日数:3300日、アピールポイント:遠近法を使わせたら右に出るものなし。ウユニ塩湖で大好きなトリックアート写真をお撮りします。

体験したことのない景色、言葉に表せない感動 世界でここでしか見られないウユニ塩湖の魅力

松谷 まず、実際ウユニ塩湖を目の当たりにした際の感想をお聞かせください。

森島 とにかく目の前に広がっている世界が幻想的なんです。幻想的と言われても想像がつきづらいと思うんですが、こればかりは体験しないとなかなか人に伝えづらい感動なんですよ。標高が高いので雲が近く、湖面に映る空と地上の境が分からないんです。

藤井 当然行ったことは無いんですが、天国ってこんな感じだろうなと思わせてくれる場所ですよね。湖面が空を映す鏡となっているので、天候によっていろいろな表情を見せてくれます。

松谷 標高が高いので、天候が変わりやすいんですよね。私が行った時はあまり天候が安定しなかったのですが、逆にめったに見られない雷を見られましたよ。晴天のウユニもいいですが、違った表情を見ることが出来たのは貴重な体験でしたね。

森島 天候もそうですが、時間による変化も素晴らしい景色を生み出しますよね。私は朝焼けのウユニには今までに無いくらいの感動を覚えましたね。

BP14-54323.jpg
▲朝焼け cSOUSUKE NAITO

藤井 私は夕方から夜の景色に感動を覚えました。沈み行く夕日に別れを告げると満天の星空があたりを包むという一連の流れには、もう二度と体験できないんじゃないかと思ったくらいです。

BP15-37458.jpg
▲夕暮れ cSOUSUKE NAITO

夕景、星空、夜明けと、刻々と表情を変える塩湖の美しさは、そこに泊まった人だけしか見られません。

>>>続き「ウユニ塩湖2(まぶたの裏に焼き付く一生の宝物)」はこちら!

プロフィール画像
この記事を書いた人
空飛ぶ地球儀 編集部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2016/01/26最終更新日:2018/04/16

Views:

ボリビアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.