たびこふれ

家族旅行の行先はどう選ぶ? 子連れ・大人だけに分けて解説

記事投稿日:2022/04/07最終更新日:2022/05/16

Views:

家族旅行

思い立った時にパッと気軽に出かけられる一人旅とは違い、家族旅行はみんなのスケジュールを調整したり、宿泊先を予約したり手配すべきことがたくさんあります。特に、「旅の行先」をどこにするのかは、家族旅行の成功を左右する大切な要素のひとつですので、しっかりと検討していきたいところです。

そこで今回は、家族旅行の選び方について、子連れのケースと大人だけのケースに分けて、それぞれのポイントを詳しく紹介していきます。

目次

<1. 子連れの家族旅行で気にすべきポイントは?>

<2. 子連れの家族旅行先の選び方・楽しみ方>

<3. 大人だけの家族旅行で気にすべきポイントは?>

<4. 大人だけの家族旅行先の選び方・楽しみ方>

1. 子連れの家族旅行で気にすべきポイントは?

子ども連れの家族旅行では、目的を決めるところから宿泊先の選定、行程を決めるまで細かな部分に配慮が必要になります。では、実際に子どもと出かける家族旅行の際に気にすべき点について、主なポイントを詳しく見ていきましょう。

子どもの楽しさや安全第一!かつ大人が楽しめる要素を用意しよう

家族旅行は子どもの世界を広げ、さまざまな体験をする絶好のチャンスです。その一方で、安心して子連れ旅行を楽しむためには食事をする場所やトイレ休憩ポイントを事前にリサーチしておく必要があり、準備にしっかりと時間をかける必要があります。

大人だけの旅行であれば、行き当たりばったりの旅でも、ハプニングも丸ごと楽しんだり、多少の不便も笑い飛ばしたりすることができますが、子どもと一緒の旅行ではそういうわけにはいきません。大切なのは「子どもの安全」と「子どもが楽しめる」を最優先にすること。そのなかで大人が楽しめる要素を見つけていくことがポイントです。

また、子どもというのは「今じゃない」というタイミングで熱を出したり、体調が悪くなってしまったりするもの。万が一、旅行の前や旅行中に子どもが体調を崩してしまった時には、無理して旅行を強行するのではなく、キャンセルをしたり途中で切り上げたりする勇気も必要でしょう。

多少のトラブルは起こって当たり前の心構えで

子どもの泣き顔
<出典元:写真AC

子ども連れの家族旅行では、子どもの安全面や子どもの楽しさを最優先にするために、しっかりとプランを立てることが大切ですが、いざ旅行に出てみると「全く予定通りに進まない!」ということも。

電車の時間が迫っているのにトイレに行きたいと言い出したり、楽しめると思って選んだ場所で全然遊んでくれなかったり、絶景を見せたくて選んだ場所でお昼寝に突入してしまったり、大人の思うように行かないことの方が多いかもしれません。

そんな時に、何がなんでも予定通りに進めようとしてしまうと、大人にとっても子どもにとってもストレスフルな旅行になってしまいます。子どもの年齢が低ければ低いほど、「予定はあくまでも予定」と割り切って、その時々で柔軟に対応できるようにしておくことが大切です。

2. 子連れの家族旅行先の選び方・楽しみ方

子連れの家族旅行先はどのようなポイントを重視して選べば良いのでしょうか。子連れの家族旅行の楽しみ方と併せて詳しく見ていきましょう。

まずは近くにもいい旅行先がないか地図で確認してみる

せっかく子どもと一緒に旅行をするなら、遠出をして旅行気分を味わいたいという方も多いと思いますが、子ども連れの旅行では遠くの旅行になるほど難易度が高くなると言っても過言ではありません。

特に、初めて子どもと一緒に旅行をする場合や、子どもの月齢が小さい時には、できるだけ近場を目的地にするのが子どもにとっても親にとっても負担が少なくておすすめです。住んでいる県のおでかけ情報誌やインターネットを上手に活用して、近くで楽しめる旅行先を探してみましょう。

子ども連れの旅行というのは、回数を重ねるごとに快適に楽しく過ごすコツが分かってくるもの。まずは近場で経験値を上げて、少しずつ遠出にチャレンジするのがおすすめです。

混んでいないスポットを選んでみる

子どもと一緒の旅行で気をつけたいのが、「待ち時間をできるだけ少なくする」ということ。大人であれば楽しみのために長蛇の列に並ぶこともできますが、子どもの場合にはなかなかそういうわけにも行きません。

例えば、親が人気のテーマパークに子どもを連れていってあげたいと考えていても、子どもにとっては規模が小さくマイナーなテーマパークの方が、満足度が高く楽しめるケースもあるわけです。

子どもにとって待ち時間は決して楽しい時間ではありませんから、疲れてグズグズし始める可能性もあります。子どもが小さい頃は特に、いかに待たずに楽しむことができるかを最優先にすることもひとつの方法です。

宿は子供向けサービスの有無を確認しておく

子ども連れの旅行では、旅先だけでなく宿泊先にも気配りが必要です。小学生になればほとんど大人と同じでも問題ありませんが、乳幼児が一緒の旅行では宿泊先のサービスについて事前にリサーチしておきましょう。

おすすめは、和室タイプの客室があるところ。寝返りやハイハイが始まった乳児期の赤ちゃんが一緒の旅行では、赤ちゃんができるだけ自由に動けるスペースが十分に確保されているのが理想的です。

また、洋室タイプのみの施設に泊まる場合には、ベッドからの転落を防ぐためのベッドガードやベビーベッドの貸し出しサービスの有無についても調べておくと良いでしょう。その他にも、離乳食に対応しているか、貸し切りの家族風呂があるかどうかもぜひチェックしておきたいポイントです。

ベッドカード
<出典元:写真AC

子どもに旅行中の役割を持たせてみる

年齢が少し上の子どもたちには、旅行中に役割を持たせてみるのもおすすめです。例えば、地図を見る係や、親が車を運転中に飲み物を渡す係、時間を知らせる係など、年齢に応じた役割をお願いすることで、子どもも飽きずに目的地までの道中を楽しむことができます。

また、簡単な計算ができる年齢であれば、あらかじめ予算を決めておき、お土産物屋さんで自由に買い物をさせてみても良いでしょう。このような旅先でのちょっとした経験が、子どもにとっては忘れられない思い出になったりするものです。

3. 大人だけの家族旅行で気にすべきポイントは?

親孝行を兼ねた家族旅行や、夫婦二人での旅行など、大人だけで家族旅行をする場合には、忙しい日常を忘れさせてくれる上質な旅時間を満喫したいものです。ここでは、大人だけの家族旅行で気にするべき点について、主なポイントを詳しく見ていきましょう。

使うお金の目安を決めておく

大人だけの旅行ではどんなことにお金をかけるのか、ある程度の予算感をみんなで共有しておくことが大切です。そのためには旅行のテーマを決めておくこと。「グルメを堪能する旅」「ラグジュアリーな宿に泊まる旅」「いろいろなアクティビティを体験する旅」など、何を旅のメインにするのかを明確にしておくことで、お金をかける部分と節約すべき部分がはっきりするはずです。お金のことは気にせずに、思いっきり使うというのも大人だけの旅行の楽しみ方のひとつかもしれません。

親と行くなら予定は詰め込み過ぎない

旅館
<出典元:写真AC

親と一緒に行く旅行の場合には、行程にも心配りをする必要があります。親が高齢の場合には予定を詰め込みすぎず、宿泊先もゆっくりと休むことができる場所を選ぶことが大切です。

ただし、せっかく旅行に行くのですから余裕を作りすぎて退屈してしまうことがないように気をつけましょう。観光地を散策する場合には、アップダウンの少ない場所かどうか、駐車場や駅から目的地までの距離は遠すぎないかなども意識したいポイントのひとつです。

お互いの行きたい場所を尊重する

大人だけの家族旅行では、お互いの行きたい場所を尊重することも大切です。どうすればみんなが満足度の高い時間を過ごすことができるのか、行程にも工夫が必要になるでしょう。

4. 大人だけの家族旅行先の選び方・楽しみ方

みんなのスケジュールと予算さえ合えば、好きな場所へ自由に出かけられるのが、大人だけの家族旅行の醍醐味です。旅行先の選び方や旅先での過ごし方を少し工夫することで、より楽しく充実した時間が過ごせるでしょう。ここでは、大人だけの家族旅行の目的地選びや楽しみ方のポイントについて詳しく見ていきましょう。

行ったことのない都道府県を選んでみる

大人だけの家族旅行は、身軽で行き当たりばったりでも楽しむことができます。何度も行ったことがある場所は馴染みの安心感がありますが、行ったことのない都道府県を目的地に選べば、いつも以上に旅気分を満喫することができるでしょう。

思い出のある場所を選んでみる

子どもの頃に家族で旅行した場所を、大人になった同じメンバーで訪れるというのもおすすめです。当時の旅行の写真をあらかじめチェックしておいて、同じ場所で同じポーズで写真を撮れば、その家族の歴史をあらためて感じることができる素敵な記念写真となるでしょう。

宿をメインの目的に据えてみる

ホテル ロビー
<出典元:写真AC

高級なホテルやワンランク上の旅館に宿泊することを旅行のメインイベントにするのも、大人だけの旅行におすすめの楽しみ方です。観光地めぐりをしなくても、ホテルや旅館で絶品料理を堪能したり、スパやエステを楽しんだり、日常の忙しさを忘れられる上質な時間を過ごすことができます。

アクティビティ、体験イベントに積極的に申し込む

家族旅行のメンバーが兄弟姉妹など比較的若い層が中心の場合には、旅先でしか経験できないさまざまなアクティビティに積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。スリリングな体験も、大人同士の旅行なら思いっきり楽しむことができるはずです。

また、親と一緒に出かける場合には陶芸などの年齢を選ばない工芸体験がおすすめ。室内で行うものであれば、天気を気にせずに事前申し込みをしておくことができます。

今回は、家族旅行の行先の選び方について詳しく紹介しました。選び方はあくまでも参考として、家族の好みや年齢層などに応じて最適な旅行のプランを計画してみてください。

関連記事

プロフィール画像
この記事を書いた人
旅の基本情報お届け部
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/04/07最終更新日:2022/05/16

Views:

国内エリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.