たびこふれ

朝ラーに、個性派温泉。青森でディープな旅をしてみた。

記事投稿日:2022/01/01最終更新日:2022/01/01

Views:

リンゴ

今回の舞台は、青森県。桜の名所として知られる弘前城や、四季折々の表情が楽しめる奥入瀬渓流、新鮮な魚介類に種類豊富なりんご、様々な持つ温泉など、見どころ満載の県です。今回は青森県で、観光ガイドには載っていないようなちょっとディープな旅を楽しんでみました。その旅の様子をご紹介します。

目次

1日の始まりは、朝ラー

まず初めにご紹介するのは、「朝ラー」という文化です。みなさん、朝ラーってご存知でしょうか?その言葉の通り、朝にラーメンを食べるということですが、私は青森に来て初めて知った言葉です。私の出身、愛知県ではモーニングという文化はあるものの、朝ラーという文化はありません。名古屋にもラーメン屋さんはたくさんありますが、そもそも朝に営業していないことが多く、ラーメンはお酒を飲んだ後に食べるものだと思っていました。

青森では朝からラーメン屋さんが営業していて、そこでラーメンを食べることができます。休日だけかと思いきや、平日も結構お客さんがいて...。ラーメンを食べてから会社に出勤という方も多いのではと思いました。青森には様々な種類のラーメンがあります。

煮干しラーメン
<王道の煮干しラーメン>

味噌カレー牛乳ラーメン
<意外に相性抜群?味噌カレー牛乳ラーメン>

朝からラーメンって重いかなと思いましたが、案外大丈夫でした。幸せな気持ちで1日をスタートすることができる、朝ラー。青森に訪れたら、ぜひ挑戦してみてください。

BBQに度々登場する、棒パンとは

青森市民がBBQをする際に、度々登場するものがあります。それは、棒パンです。棒パンとはその名の通り、棒状のパンです。誕生は、今から40年ほど前。青森青年会議所の方々が子ども用のイベントを企画していた際に生まれたものだと言われています。

作り方は意外にもシンプル。生地を竹にくるくる巻いて、火でじっくりと焼くだけ。

棒パン作成様子
<生地を巻いていきます>

棒パン焼いている
<ゆっくりじっくり焼いていきます>

棒パン
<完成!>

パン生地はとてもふわふわで...絶品でした。楽しくて、おいしい体験になりました。

店内にホタテ?青森市民が愛するご当地コンビニ

続いては、青森市民のご当地コンビニ「オレンジハート」をご紹介します。オレンジハートの魅力をいくつかご紹介していきます。

1つ目の魅力は、店内に生け簀があるということです。

オレンジハート 水槽
<コンビニ内に、水槽が!>

ホタテ
<ホタテを発見>

観賞用ではなく、もちろん購入することもできます。コンビニで生きたホタテに出会えるなんて、すごいですよね。感動しました。

2つ目の魅力は、店内がビュッフェスタイルになっているということです。

ビュッフェ
<鍋がいっぱい!>

カレーや惣菜、おにぎりなどが置かれていて、量り売りのような形で販売されています。コスパがよく、味もおいしかったです。日によってメニューが異なることもあるようで、「今日は何があるんだろう」というワクワク感も楽しいポイント。青森に訪れたら、ぜひ立ち寄ってほしいコンビニです。

オレンジハート 平内中野店

住所:青森県東津軽郡平内町中野堤ケ沢9-13

インパクト強め。一度入ったら忘れられない、個性派温泉

最後にご紹介するのは、さんない温泉 三内ヘルスセンター。三内温泉という名で、地元の方を中心に古くから親しまれている場所です。レトロな温泉旅館という感じで、外観から既に何かがありそうな予感...。入場券を券売機で購入し、早速中に入ってみました。(温泉の写真はありませんので、イメージが沸きやすいよう細かくご紹介していきます。)

受付を通過すると、休憩スペースがあります。その奥にある大浴場の扉を開けると、強烈な硫黄の香りが...。ロッカーはありますが、錆びているようで使用することができませんでした。貴重品などは持参せずに訪れることをお勧めします。

大浴場は、洗い場と大きな湯船というシンプルな構成。真ん中に壁が、男女の浴場の仕切りになっているという形です。壁は硫黄成分でボロボロになっていて、まるで鍾乳洞のよう。芸術作品のようにも見えました。お湯は乳白色で(どうやら日によって色が変化するようです)、先が見えないくらい濁っていました。硫黄の香りは強烈でしたが、肌触りは抜群。効能はしっかりと感じられました。

ここまででも個性的な温泉だということを感じてもらえると思いますが、私が最も驚いたのは、床で寝転んで休まれている方がいらっしゃったこと。これは、トド寝と呼ばれる現象のようです。私が入ったときは、5人ほど休まれていました。初めてみる光景に、驚きを隠せませんでした。

また、お客さんの大半は地元の方だったようで、浴場には津軽弁が飛び交っていました。全く聞き取れなかったので、「本当にここは日本か?」と疑ってしまったほど。非常に貴重な体験をすることができました。

さんない温泉 三内ヘルスセンター

  • 住所:青森県青森市三内字沢部306-1
  • 営業時間: 7:00~21:40(最終受付21:00)
  • 休日:不定休
  • 料金:大人400円、小学生150円

まとめ

今回はちょっとディープな青森旅をご紹介しましたが、いかがでしたか。初めての方には少々刺激強いと思いますので、何度目かの青森の旅で訪れてみてください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
南谷有美
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2022/01/01最終更新日:2022/01/01

Views:

青森のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.