たびこふれ

【静岡県浜松市】ワーケーションならここ!食も体験も出会いも大満足の浜松へようこそ!

記事投稿日:2021/12/02最終更新日:2022/02/25

Views:

浜名湖

目次

自称、浜松観光大使のゆいにゃです

浜松観光大使 ゆいにゃ

こんにちは!浜松を愛し浜松に愛された女、クリエイティブアナウンサーのゆいにゃ(28)です。

浜松市出身で、愛知の大学卒業後に浜松に戻り、会社員を経て4年前に独立。アナウンススキルを生かしたワンストップ動画制作の事業を展開しています。また、公私共にSNSで地域の魅力を全世界に発信しています。今日は、そんな私がおすすめする、静岡県浜松市の魅力や、ワーケーションに適したポイントをご紹介します。

    そもそも浜松ってどんなまち?

    浜松市って、一言で言えば、「都会でもあり田舎でもある」 んです。

    まずは都会の面から

    浜松の人口は79万人もいるって知っていましたか?すごい数ですよね。これだけの人口がいれば、日々いろんな方と出会います。

    ヤマハ

    浜松は「ものづくりの街」と言われており、おなじみ「ヤマハ」「スズキ」「ホンダ」「ホトニクス」などの企業が生まれた街です。浜松でそんなキーパーソンと出会うことで、新しいビジネスチャンスも生まれやすくなるわけです。

    FUSE 内部

    同時に浜松は、ベンチャー企業創出にかなり力を入れている街です。浜松駅から5分歩けば、国内最大規模と言われるスペース「FUSE(フューズ)」があり、新規事業創出や地域活性のために注力している方々とお話しすることができますよ。

    >>「FUSE」の詳細はこちらから

    続いて、田舎面について

    浜松市は、山・川・海・浜名湖に囲まれた1,558平方kmを有する市です。面白いのは、浜松駅からほんの30分〜1時間ほど北に車を走らせると、そこには一面の森が広がっていることです。野生の鹿や猪がチラホラいたり、もう少し進むと集落もあったり。時の流れを忘れられる長閑でゆったりした世界が広がっています。

    浜名湖

    西の方に向かえば浜名湖が。浜名湖の景色を眺めながら味わう、鰻や魚などの浜名湖の幸は格別です。旅館や遊覧船などの観光施設も、きっとみなさんを楽しませてくれることでしょう。

    働く上で息抜きは必須。浜松の山・川・浜名湖は、日々の疲れを癒す究極のパワースポットなのです。

    浜名湖でワーケーションしよう!

    KAReN HaMaNaKoかんざんじ荘

    浜松の中でも特に私がおすすめしたい施設、それは「KAReN HaMaNaKoかんざんじ荘」です。

    舘山寺大草山の上に建つ、旧国民宿舎をリノベーションした体験型多用途施設がリニューアルオープン。従来の客室・大浴場に加え、カフェやレストラン、浜名湖が一望できる半露天貸切風呂、さらにはワーケーションに嬉しいミーティングルームやワークショップスペースも完備しています。

    ミーティング

    絶景をみながら仕事

    こんな環境でPCを広げたら、インスピレーション感じまくりです。会議でも斬新なアイディアが浮かぶし、動画クリエイターの一面を持つ私は動画制作が捗りまくり!浜名湖の絶景、壮大な自然に囲まれて仕事ができます。

    部屋からの眺め

    部屋に戻ってもカーテンを開けるとこの景色!開放感半端ないです!

    KAReN HaMaNaKoかんざんじ荘は、コロナ禍の新しい働き方としての「ワーケーション」と、聖隷福祉事業団保健事業部の提供する「ウエルネス(=輝くようにいきいきとしている状態)」を組み合わせ、「ウエルネスワーケーション」とした新しいワークスタイルのサービスを提供しています。ぜひみなさんにも体験していただきたいです。

    【KAReN HaMaNaKoかんざんじ荘】

    • 住所:静岡県浜松市西区呉松町1768-1
    • TEL:053-569-6433
    • HP:KAReN HaMaNaKoかんざんじ荘
    • アクセス
      車:かんざんじスマートI.C.より車で約5分/浜松西I.C.より車で約15分/三ケ日I.C.より車で約40分 ※浜松駅からは車で45分
      バス:JR浜松駅北口バスターミナル1番乗場から「舘山寺温泉」行に乗車。「浜名湖パルパルバス」バス停前にて下車のちかんざんじロープウェイ乗り場からロープウェイで約5分

    せっかく浜名湖にきたなら、この3つの体験を!

    1. うなぎの掴み取り

    魚つかみ取り

    浜松のご近所さんであるお隣の湖西市の「海湖館」では、季節限定でうなぎ・魚の掴み取りができ、その場で調理していただくことができます。

    魚つかみ取り

    活きの良い魚たちは掴むのに一苦労!大人も夢中になって追いかけるほどです。

    うなぎ

    自分の手で掴んだ魚は絶品!ぜひ体験してみてくださいね。

    【今切体験の里 海湖館】

    2. たきや漁

    たきや漁

    浜松の伝統漁法である、浜名湖のたきや漁。こちらは5~9月限定で楽しむことができるアクティビティです。船の先に照らした光に集まってきた魚や蟹を、わたしたちの体の2倍ほどの長さのモリで突きます!

    難易度はかなり高め!ですが獲物を捕らえたときの快感はクセになります。

    捕った魚をさばく

    こちらのたきや漁も、漁の後は船頭さんが捌いてくれ、湖上に浮かぶイカダでいただくことができます。カニや魚をつまみに飲むお酒は最高です!まさに浜名湖ならではの食と体験。一度味わってほしいです。

    【雄踏(ゆうとう)たきや漁】

    • 住所:静岡県浜松市西区雄踏町宇布見9985-3
    • TEL:053-592-2260
    • HP:雄踏 たきや漁

    3. 浜名湖遊覧船でカモメと触れ合い

    ここまでお読みいただいた方、「浜名湖って暖かい時期しか楽しめないの?」と感じてしまったかもしれませんが、ご安心ください!浜名湖の冬は遊覧船がおすすめです。

    浜名湖では2コース、計6本の定期便があり、船内アナウンスの解説付きで、30分間の浜名湖横断の旅を楽しめます。

    かもめ

    もちろん夏年中楽しめるのですが、10月下旬〜2月上旬は、カモメたちと一緒に遊覧を楽しめるのです。船内で販売しているおかしを持って手を伸ばすと・・・なんとかカモメたちが直接食べに来てくれます。

    浜名湖のカモメたちはとてもお利口さんで、攻撃することもないため、小さなお子様でも安心して触れ合うことができます。癒しの時間です。


    カモメ

    そんなカモメたちとは、浜名湖沿いを通る列車、「天竜浜名湖鉄道」の「浜名湖佐久米駅」でもご覧の通りより密接に触れ合うことができます。

    頭や肩にちょこんと止まるカモメたちは本当に愛おしい。浜松市ではすでに多くの方が訪れる冬の観光名所になっています。

    【浜名湖遊覧船 かんざんじ港】

    • 住所:静岡県浜松市西区舘山寺町2226-1
    • TEL:053-487-0228
    • HP:浜名湖遊覧船

    まとめ

    いかがでしたか?今回は浜松のおすすめワーケーション施設、おすすめ体験スポットを3つご紹介しました。

    でもでも、全然書き足りないのが本音!浜松の魅力はこんなもんじゃないですよ!山・川・浜名湖・海に囲まれているからこその浜松ならではの食や体験は計り知れません。たとえば・・・

    浜名湖

    浜名湖の中心に立って写真が撮りたい!

    紅葉と滝

    紅葉に囲まれた神秘の滝を眺めたい!

    空を飛ぶ

    空を自由に飛びたい!などなど・・・「したい!」がなんでも叶ってしまうのが浜松市です。

    そして、魅力あふれる地には、必ず面白い人がいるもの。地域活性に取り組む人、新規事業立ち上げに取り組む人、地域の食材を全国に届ける人・・・面白くてアツい人がたくさんいます。

    ワーケーションするなら浜松に決まり!みなさんのお越しをお待ちしています。

    「静岡ワーケーション体験モニター in 浜松」エントリー受付中!

    現在、「静岡ワーケーション体験モニター in 浜松」のエントリーを受付中です。※注意:参加対象は、首都圏・東海圏の企業の経営者・人事総務・社員などです。

    浜松ワーケーションを体験する絶好の機会です。ぜひエントリーお待ちしています。

    「静岡ワーケーション体験モニター in 浜松(30名限定・参加費無料)」概要 ※現在終了しています

    • 旅行期間:2022年2月7日(月)~10日(木) 3泊4日
    • 参加対象:首都圏・東海圏の企業の経営者・人事総務・社員など
    • 募集人員:30名 (1社につき1~3名まで)
    • 参加費:無料 (1名1室、朝食3回、昼食1回、夕食2回)
    • 宿泊先:KAReN HaMaNaKo かんざんじ莊
    • 集合:浜松駅現地集合・現地解散 ※浜松駅までの交通費は参加者負担

    関連記事

    プロフィール画像
    この記事を書いた人
    ゆいにゃ
    • Facebook シェア
    • twitter シェア
    • はてなブックマーク  シェア
    • LINE シェア
    • instagram

    記事投稿日:2021/12/02最終更新日:2022/02/25

    Views:

    静岡のアクセスランキング

      © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.