たびこふれ

【ポーランド】図書館の屋上はヨーロッパ最大級の⁈

記事投稿日:2021/07/17最終更新日:2021/07/17

Views:

ワルシャワ大学図書館 屋上庭園

ワクチン接種が進み、感染者も減少してきたポーランド。

ワクチンパスポートの導入、規制緩和も進み、街には活気が戻りつつあります!

屋内・公共交通機関内でのマスク着用や入場などの人数制限等はありますが、夏のベストシーズンを目前に、今回はワルシャワにあるヨーロッパ最大級の屋上庭園をご紹介したいと思います。

目次

ワルシャワ大学図書館

ワルシャワ大学図書館

ワルシャワの旧市街から南東に約1km、中央駅からは東へ3km弱。ワルシャワの観光スポット"人魚像"や"コペルニクスサイエンスセンター"の近くに建つ、この個性的な建物が、Biblioteka Uniwersytecka w Warszawie(ワルシャワ大学図書館)です。ここからのアングルですと屋上に庭園があるようには見えません。写真の左側の道を進むと庭園への入り口が見えてきます。

ワルシャワ大学図書館

図書館の裏側には15,000平方メートルの庭園が広がり、入場は無料で誰でも自由に散策することができます。ベンチも多く設置されているので本を読んだり、ちょっと休憩したり、ピクニックをしたりと市民・観光客の憩いの場になっています。

ワルシャワ大学図書館 八重桜

春には八重桜も美しくお花見も楽しめます。

入り口からまっすぐ進んでいくと、屋上から水が流れる小川、両サイドには階段が。ここを上っていくと屋上庭園です。

ワルシャワ大学図書館

ヨーロッパ最大級の屋上庭園

ワルシャワ大学図書館

屋上庭園は2,000平方メートル。ヨーロッパ最大級の庭園は、北部の黄金の庭、東の銀の庭、西の緑の庭、南の赤の庭の4つのエリアに分かれており、それぞれのカラーに合った植物が植えられていて、全ての庭が小道やアーチ道、橋などでつながり、展望台なども設置されています。

ワルシャワ大学図書館

銀の庭の展望台からの眺めはヴィスワ川、コペルニクスサイエンスセンター、ワルシャワ国立競技場など。

ワルシャワ大学図書館

図書館の天井の上を渡る橋があったり、ドーム型の天井などからは図書館内の様子が見えるようになっていたりするのも面白い。

ワルシャワ大学図書館

ドーナツ型のオフィスエリアも全面窓で、光をたっぷり取り込むデザイン。

ワルシャワ大学図書館

屋上庭園から地上の庭園を見渡すと、奥には旧市街。

ワルシャワ大学図書館

たくさんの植物が美しく手入れされており、季節によって違った景色を見ることができます。屋上だということを忘れてしまうほど広々としていて、こちらもベンチがいくつも設置されています。筆者が訪れた時も緑の庭(芝生)エリアでは、ピクニックしている人がちらほら。

ワルシャワ大学図書館

静かで居心地の良い庭園。ワルシャワにお越しの際は観光途中に一休みしてみるのはいかがでしょうか?

施設情報

  • Biblioteka Uniwersytecka w Warszawie(ワルシャワ大学図書館)
  • 住所:ul. Dobra 56/66, 00-312, Warszawa
  • 開園時間:8:00~20:00(4・10月は18:00まで、11~3月は15:00まで ※屋上へのアクセスはできません) 
  • 入園無料
  • HP: https://www.buw.uw.edu.pl/o-nas/budynek-i-ogrod/
プロフィール画像
この記事を書いた人
EliilE
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/07/17最終更新日:2021/07/17

Views:

ポーランドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.