たびこふれ

台湾ビールを片手に楽しもう!美味しい台湾ごはんが楽しめる熱炒店!

記事投稿日:2021/05/09最終更新日:2021/05/09

Views:

台湾料理を堪能しながら、きゅっと冷えた台湾ビールを楽しみたい!そんな時に足を運びたいのが台湾式居酒屋こと熱炒店。金曜の夜は仕事帰りのサラリーマンや、学生グループ、お子様連れの家族までもが訪れ、店内は熱気がみなぎっています。

お財布に優しい価格で、本格的な台湾料理やお酒を楽しむ事が出来る熱炒店は、ディープな台北の夜を過ごすのにぴったりですね。今回は台北で予約必須の熱炒店3軒をご紹介!

「いつの日かまた」の旅の準備で、気になるお店をブックマークに追加してください。

目次

小奇麗な店内でゆっくり食事を楽しみたい時は「阿才的店」

阿才的店

阿才的店

日本のメディアで紹介され一気に知名度が上がった「阿才的店」は、現在の場所に引越してからカジュアルモダンな店内に変貌し、そのお陰でとても入りやすい店になりました。

ビールや紹興酒に合う料理はもちろん、思わず白ごはんが進んでしまうおかずも多く、小さなお子様連れの方や女性同士でも利用しやすい店。落ち着いた雰囲気に包まれた地下1階は、テーブル席や座敷席があり、リラックスしながら食事を楽しむ事ができます。

阿才的店

嬉しいサービスはお店から提供される「本日の一皿」、この日は台湾風湯葉とセロリの和え物をいただきました。

この店で必ず食べていただきたい料理は「涼拌檳榔花(ビンロウの花の和え物/小・180元)」、ビンロウの花の部分にパクチー、白髪ねぎをオリジナルの甘酸っぱいタレで和えたもの。シャキシャキしていて軽い口当たり、ごま油の香りと酸味が食欲をそそります。

小ぶりの牡蠣に衣を付けて揚げた「蚵仔酥(カキの素揚げ)/小・200元」は、磯の香りを存分に楽しめるおかず。外はサクサク中はクリーミー、お酒のおつまみにもぴったりな1品です。

阿才的店

  • 住所:台北市中正區仁愛路二段26號
  • 営業時間:(火~金)17:00~01:00、(土日)17:00~00:00
  • 定休日:月曜日
  • URL:https://www.facebook.com/ahua0714tw/

海鮮専門店なのにステーキが有名な「小林海産」

小林海産

小林海産

金曜、土曜の予約は特に取りにくい事で有名な「小林海産」は、地元の人々はもちろん、台北在住日本人にも大人気の店。外の静けさとは裏腹に店内はいつも大賑わい、閉店時間ぎりぎりまで豪快に料理やお酒を楽しむ人の声が響き渡っています。

小林海産

小林海産

店内端っこに置かれた冷蔵庫には、新鮮な海鮮や旬の野菜がずらり。正直どの料理を食べても大当たりなのですが、癖が無く日本人の口に合う1品は「丁香魚(きびなごの素揚げ)/小・240元」、外はカリカリ中はふんわり揚げられた香ばしいきびなごは、ピーナッツとの相性も抜群です!

twn2104-09.jpg

必食メニューは「烤牛排(ステーキ)/時価」。

お腹の減り具合と人数に合わせ、お店の方が分量を決めてくれるシステムになっています。ここを訪れるほとんどの人が注文するので、焼き上がりまでの時間も考慮すると、入店と同時に注文するのがベスト。一口大にカットされた牛肉はとろける様な甘さとやわらかさ。口の中でじゅわーっと肉汁が溢れハッピーな気持ちになれます。台湾式居酒屋でステーキ?と首を傾げる方もいらっしゃるかもしれませんが、騙されたと思って一度チャレンジしてみてください。

小林海産

おいしい&コスパ良し!を求めるなら「鮮定味生猛海鮮(長安店)」

鮮定味生猛海鮮

鮮定味生猛海鮮

最後の1軒はガイドブックでもお馴染みの熱炒店。メニューの約三分の一がたったの100元というリーズナブルな価格設定。歩道にまでテーブルがずらりと並べられ、車が走る音や人々が話す声を聞きながらお酒を楽しむ事ができます。また店内利用の場合は白ご飯が無料、おかわり自由となっていますので、色んなおかずを注文しお酒もごはんもがっつりいただきましょう!

鮮定味生猛海鮮

揚げたイカにピリリとしたマーラーソースを絡めた「麻辣花枝(イカの唐揚げマーラーソース)/150元」は、痺れに辛さ、ガーリックの香りが見事にマッチしたおかず。バジルやパクチーと一緒に食べると、風味も変わり爽やかになります。

こっくりした甘じょっぱさで、ニラとニンニクの香りが食欲をそそる「青蠅頭(ニラとひき肉のピリ辛炒め)/100元」は、ビックリするネーミングですが、一度食べたら病みつきになるおかず。豚のひき肉が入っているので見た目よりボリューミー。白ごはんの上にたっぷり掛けて豪快に頬張ってみてください。

鮮定味生猛海鮮

たまごにキャベツ、豚肉が入った「肉絲炒飯(チャーハン)/80元」は、醤油風味で日本人好みの味付け。大人数で訪れた時やお子様とご一緒に利用する際は注文してみてください。

鮮定味生猛海鮮(長安店)

台湾のこういった熱炒店では、ビールやドリンクは冷蔵庫からセルフで取るシステムになっています。最初は圧倒されてドキドキしますが、慣れればこれも楽しみに変わるはず。

また、漢字がずらり並ぶメニューを見ると頭が痛くなりそうですが、小林海産以外の店では、お客様が日本人だと分かれば日本語メニューを持ってきてくれました。

店内に響き渡る中国語を聞きながら、冷えた台湾ビールをきゅーっと味わう幸せ。「いつの日かまた」の台湾旅行の際は、地元の人にも人気の熱炒店を訪れてみてくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
ちょびこ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/05/09最終更新日:2021/05/09

Views:

台湾のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.