たびこふれ

【金沢】アートに自然にグルメに...。金沢に来たら訪れたいスポット5選

記事投稿日:2021/03/20最終更新日:2021/03/20

Views:

石川県金沢市。古いものと新しいものが交錯する、素敵な街です。新幹線の開通により首都圏からのアクセスも良好になり、多くの方が観光で訪れています。今回は、そんな魅力溢れる金沢市に訪れてみました。その中で、特におすすめしたいスポットを5つご紹介します。金沢市に行かれる際には、ぜひ参考にしてみてください。

目次

心がワクワクする、現代アートがいっぱい「金沢21世紀美術館」

石川県 金沢21世紀美術館

まずご紹介したいのは、金沢21世紀美術館。2004年10月9日に開館となった、現代美術を収蔵した金沢市立の公立美術館です。現代アートが好きな方はもちろんのこと、そのフォトジェニックな作品をおさめた写真がSNSを通して話題になることも多く、現在では若い世代にも人気の高い美術館となっています。通常の展示に加え、不定期で開催される希少な展覧会も魅力的で、鑑賞したいコレクションの時期を狙って訪れる方も多いようです。

金沢21世紀美術館のコンセプトというのが「まちに開かれた公園のような美術館」ですが、そのコンセプトの通り、鑑賞だけではなく写真撮影や食事など、様々な目的で利用されています。中には、芝生でお昼寝している人も。様々な方が集う場所となっていました。

金沢21世紀美術館

  • 住所:石川県金沢市広坂1-2-1
  • 営業時間:展覧会ゾーンは、10:00~18:00(金・土曜日は20:00まで)、交流ゾーンは、9:00~22:00(各施設の開室時間はそれぞれ異なります)、6月27日(土)から当面の間9:00〜19:00(金・土曜日は21:00まで)
  • 定休日:月曜日(休日の場合は直後の平日)、年末年始
  • 入場料:美術館の建物への入館(交流ゾーン)は無料。展覧会ゾーンへの入場は展覧会観覧券(有料)が必要。
  • URL:https://www.kanazawa21.jp/

歴史を感じる庭園で、ゆったりとしたひとときを「兼六園」

石川県 兼六園

次にご紹介するのは、兼六園。日本三名園の一つに数えられる、廻遊式の庭園です。広大な敷地の中には、様々な自然が溢れています。春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、1年を通して様々な景色を楽しむことができます。婚礼の撮影などにも向いていそうですね。

石川県 兼六園

園内の至るところには茶屋もあり、美味しい茶菓子や食事を楽しむことができます。情緒あふれる茶屋でほっと一息つきながら、ゆったりと園内を散歩することがおすすめです。

兼六園

  • 住所:石川県金沢市兼六町1
  • 営業時間:3月1日~10月15日は、7:00~18:00(退園時間)、10月16日~2月末日は、8:00~17:00(退園時間)、観桜期や紅葉期などライトアップ(夜間開園)を開催。
  • 定休日:年中無休(時雨亭除く)
  • 入場料:大人(18歳以上)320円、小人(6歳~18歳未満)100円
  • URL:http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

時間によって様々な輝きをみせる、ステンドグラスが美しい「尾山神社」

石川県 尾山神社

金沢市には、素敵な神社も存在します。尾山神社には、加賀藩初代藩主・前田利家公と正室お松の方が祀られています。見どころは、国の重要文化財にも指定されている神門です。最上階にはめ込まれたステンドグラスがとても綺麗で、時間帯によって様々な輝きを見せてくれます。

石川県 尾山神社 猫

香林坊という金沢市の繁華街の近くに位置しますが、そのことを感じさせないくらいの静けさがあります。かわいらしい猫もこちらを眺めていました。ゆったりした時の中で、自分と向き合う時間を過ごすことができます。

尾山神社

  • 住所:石川県金沢市尾山町11-1
  • 営業時間:お祓い時間9:30~15:30、授与所・御朱印受付時間8:30~18:00
  • 定休日:年中無休
  • URL:http://www.oyama-jinja.or.jp/

お腹が空いたらここ。新鮮な海の幸が楽しめる「近江町市場」

石川県 近江町市場

そろそろお腹が空いた頃ではないでしょうか?そんな時におすすめしたいのは、近江町市場です。観光客だけではなく、「金沢市民の台所」として親しまれている近江町市場。地元産の野菜や果物や、新鮮な海の幸を提供する店がずらりと並んでいます。

石川県 近江町市場

おすすめはもちろん、日本海で獲れた魚介を作られた海鮮丼。様々なお店で楽しむことができます。ネタの新鮮さと、その大きさにびっくりしました。丼はお店ごとに異なる、個性溢れるもの。是非お好みのものを探して、食べてみてください。

近江町市場

まるでタイムスリップ。情緒ある町並みが楽しめる「ひがし茶屋街」

石川県 ひがし茶屋街

最後にご紹介したいのは、ひがし茶屋街。金沢市には他にも茶屋街がありますが、交通便の良さと店舗の充実から私はひがし茶屋街の方を訪れました。
国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定される情緒溢れる古い町並み。それを体感することができます。着物姿の女性やカップルなども多く、古い町並みを背景に撮影を楽しんでいました。

石川県 ひがし茶屋街

茶屋街には、国の重要文化財も存在します。こちらの「志摩」という建物は1820年に建てられ、今も現存するお茶屋さんです。有料になりますが、見学も可能です。また、別棟の「寒村庵」では庭を眺めながら抹茶を頂くこともできます。

石川県 ひがし茶屋街

またひがし茶屋街は、カフェやセレクトショップなどの店舗も充実しています。私は「発酵美人食堂」というところでランチを食べました。行こうと決めていた訳ではなく看板を見てふらっと入った感じでしたが、味噌汁もおにぎりも素材の良さが感じられるもので、本当に美味しかったです。他にも金箔を使ったソフトクリームや写真映えしそうなフルーツ大福など、金沢市らしいグルメを楽しむことができます。情緒溢れる古い町並みで、お腹も心も満たされること間違いなしです。

ひがし茶屋街

週末に金沢市に出掛けてみよう

金沢市のおすすめスポットについてご紹介してきましたが、いかがでしたか。ワクワクするスポットがたくさんありましたね。金沢市は意外にもコンパクト街で、上記で紹介したスポットは1日で回ることができました。市バスなど公共交通機関が発達しているためレンタカーの手配をする必要もありません。学生さんや高齢の方でも訪れやすい街なのかなと感じました。興味関心に合わせて様々な楽しみ方ができる、金沢市。ぜひ、週末に訪れてみてくださいね。

プロフィール画像
この記事を書いた人
南谷有美
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2021/03/20最終更新日:2021/03/20

Views:

石川のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.