たびこふれ

【パラオ】世界遺産の海を遊び尽くす!ロックアイランドツアー

記事投稿日:2020/09/02最終更新日:2020/09/02

Views:

パラオ共和国は小さな島々からなる国ですが、人が住む島はほんの一部であり、それ以外の多くの島は無人島です。その200から300の島々の総称を「ロックアイランド」と言い、2012年にはその美しさから世界複合文化遺産にも登録されました。それぞれの島の周りには世界でも有数の美しい海が広がり、その海を1日かけて巡るツアーがパラオで最も人気のツアーの1つとも言えるロックアイランドツアーです。今回はそんなパラオの魅力を詰め込んだツアーをご紹介します!

plw2008-02.jpg

目次

パラオの海で遊ぶ為の準備

パラオでは海で遊ぶツアーに参加する際、「海の許可書」と言われる許可書を購入する必要があります。

plw2008-03.jpeg

この許可書にはいくつか種類があり、どんな海のツアーにも必要になるのが「ロックアイランド許可書」と言われる物で$50で購入することができます。許可書は一度購入すると10日間は何度でも使うことができるためツアーの度に買う必要はありません。

その他にも「ジェリーフィッシュレイク許可書」や「フィッシング許可書」などそのツアーに合わせた許可書が必要になります。大体最初に参加するツアー会社が初日に揃えてくれるので特に心配することはありませんが許可書は基本的に現金でしか購入できないため、パラオで海のツアーに参加する際は現金も用意しておくと良いでしょう。

準備が出来たらいよいよ世界遺産の海に出発です!

テレビでも紹介された人気のスポット ミルキーウェイ

このツアーの最初の見所は「ミルキーウェイ」と呼ばれる場所。テレビなどでも何度も紹介されている場所ではありますが、パラオ以外で体験できる場所は世界中探してもなかなかない為、パラオに来たら一度は行くべきおすすめのスポットです。パラオの真っ青な海をボートでしばらく進むと、周りを岩と熱帯の植物に囲まれた静かな入り江にたどり着きます。

plw2008-04.JPG

パラオの海は透明度がとても高いのですが、このミルキーウェイでは海水の色はエメラルドグリーンで下をのぞき込んでも底は見えません。その秘密はこのミルキーウェイと言われる場所、石灰岩が長い時間をかけて海底に沈み、海の底を覆うのは白い泥なのです。

plw2008-05.jpg

この泥には美白効果があると言われ、化粧品なども作られています。ここに来たら全身にこの泥を塗って写真を撮るのがお決まりです。その後は海に豪快にダイブ!

plw2008-06.jpg

海で洗い流した後、肌を触って確かめてみるとスベスベになっているような気がします。天然の全身パックが楽しめるこの場所は世界でも珍しい人気スポットの1つです。

神秘の海 ジェリーフィッシュレイク

次にロックアイランドツアーで巡るのは無数のクラゲと一緒に泳げる湖です。この湖は海水と淡水が混ざった汽水湖になっていて、ここに生息するクラゲは毒を持たないと言われています。船で近くの桟橋まで向かい、そこから少し山道を歩いた先にあるこの湖の中は見たこともないような不思議な世界が広がっています。少し緑がかった水の中を無数のクラゲが泳ぎ、差し込む太陽の光によってキラキラ輝いているようにも見えます。

plw2008-07.jpeg

このジェリーフィッシュレイクは一度クラゲが全滅してしまったため、閉鎖されていましたが今はここへのツアーを再開しています。しかしクラゲを守るために日焼け止めの使用禁止などいくつかルールがあるため、ガイドの指示に従い自然を守りながら遊ぶことが大切です。

ダイビングじゃなくても楽しめる 迫力満点の海でシュノーケリング

plw2008-08.JPG

このロックアイランドツアーの魅力の1つはシュノーケリング。パラオは世界でも有数の海が綺麗な国であり、様々な海の生き物を見ることが出来るとして、ダイバー憧れの地の1つです。その迫力満点の海はシュノーケリングでも十分楽しむことができ、他の国ではなかなか見ることの出来ない生き物もよく見ることが出来ます。熱帯の海に住む色鮮やかな魚はもちろん、海ガメやサメもすぐ近くを泳いでいたりします。

plw2008-09.JPG

携帯を入れることの出来る防水ケースなどを持っていけば、ここでしか撮ることの出来ないような海中写真も撮ることが出来るかもしれません。いつまで見ていても飽きないような海の中をゆったりと楽しむ海中散歩はとても贅沢で忘れられない旅の思い出になること間違いなしです。

幻の海岸 ロングビーチ

パラオで有名な観光名所の1つにこのロングビーチがあります。潮が引いたときにしか現れず、海の状況や天候によって見える日が限られるため、幻のビーチとも言えます。

plw2008-10.JPG

満潮の時には海の中にあるビーチですが、潮が引くことによって現れ、海の真ん中に出来る道のように隣の島まで歩いて渡ることが出来るようになります。もちろんこのビーチの周りの海も真っ青のコバルトブルーで最高の写真を撮ることが出来ます。パラオでも人気の高いこの場所は、一度訪れたら忘れることの出来ない美しい景色に出会えます。

plw2008-11.JPG

そんなロングビーチがある島ではBBQをしたり、お昼を食べたりすることもでき、目の前に広がる美しい海を見ながらで食べるランチは日常では体験できない特別なものになるでしょう。

plw2008-12.jpg

パラオの多くのツアーではお弁当が含まれているツアーが多く、味も日本人好みのお弁当が多いため、ツアーの楽しみの1つとも言えます。

まとめ

パラオの海の美しさは世界中にたくさんある海の中でも特別で、死ぬまでに一度は訪れたい場所です!ここでしか出来ない体験や、普段ではなかなか見ることの出来ない生き物との遭遇を通して、一生忘れることの出来ない思い出を作れること間違いなしのパラオ。是非一度この世界遺産の海を体験しに行ってみてください!

プロフィール画像
この記事を書いた人
Mona
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/09/02最終更新日:2020/09/02

Views:

ミクロネシアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.