たびこふれ

エーゲ海サントリーニ島で私が一番好きなレストランのギリシャ料理!

記事投稿日:2020/04/17最終更新日:2020/04/17

Views:

こんにちは!現役添乗員のYUZUです!

今やエーゲ海クルーズも「ハネムーンの定番」なんて言われる時代となりました。私もいつか王子様が現れたら、ハネムーンはエーゲ海クルーズかサントリーニ島がいい!と思っている今日この頃ですが、今日はそんなギリシャの人気島であるサントリーニ島で一番おすすめのレストランと、おすすめギリシャ料理をご紹介しちゃいます!今回ご紹介する料理は大体どのお店にもあるメニューなので、ぜひ現地で試してみてくださいネ!

①.jpg

ところでサントリーニ島といえば、この景色が頭に浮かびますが、こちらは三日月の最先端、「イアの村」なのでお間違いなきよう!イアにも良いレストランは沢山あるのですが、一般的にツアーで訪れるスケジュールはイア村での滞在時間が少ないのが難点...。

お食事は島の中心でありクルーズ旅行の玄関口である「フィラ(またはティラ)の村」が便利です。でもフィラの村はレストランがたくさんありすぎてどこに入ったらいいのか分からない!というお声も多い町。適当に選んで入ったらぼったくられた!などお客様のがっかりした声もよく聞かれます。

②夕陽.jpg

それでは、クルーズ船と共にこーんな感じで夕日が見れて、なおかつコストパフォーマンスが良いレストラン...いくつかある中の1つをご紹介しましょう!

添乗員イチオシのレストラン

私がいつもお薦めするレストランがこちら「Niki Restaurant(ニキレストラン)」です。ケーブルカー乗り場から徒歩10分ほどで行くことが出来ます。

料理の値段は前菜が15~20ユーロ位(=約1,800~2,400円)、メインが30ユーロ位(=約3,500円)しますが、ボリュームたっぷりなのでお連れの方と割り勘にすれば、一人あたり5,000円位でお腹いっぱい食べることが出来ると思います。

③料理.jpg

それでは写真の左から順にご紹介していきます。

(ちなみに写真は大の食いしん坊4人組で食べたものですが、6名...いえ、約8名分の量です!ご注意ください!)

① サガナキ(チーズフライ)

レモンをさっとかけて頂くヤギチーズのフライ...お酒にもよく合います!4等分でちょうど良いです♪

② グリークサラダ(ギリシャサラダ)

トマトときゅうりが基本のサラダ。上にヤギのチーズがトッピング♪味を足したいときはオリーブオイルとビネガーで頂きます。メインも前菜も味が濃いので、付け合わせにお皿に添えておくとよいリフレッシュに!

③ シーフードリゾット

ライスをちょっと固めに炊いているのがお好きな方はさらに好きかもしれません!エビやムール貝のエキスがこれでもか!と詰まった1品。パンを頼んでつけながら食べるのも炭水化物×炭水化物ですが最高です(笑)

④ トマトボール(トマトフライ)

お店によってかなり個性の出る1品。コロッケみたいに具材を詰めて揚げるお店もありますが、ここはトマトをナチュラルに、そしてかなりハードに揚げてます。意外や意外、サワークリームがベストマッチします。

⑤ カラマリ(イカのグリル/お好みでフライ(揚げバージョン)にしてもらっても〇です!)

ご飯もサラダもついているので、多分小食カップルはこれ1品だけで十分...という量で出て来ます。近郊でとれたイカを素早く調理しているのでとても美味しい!でもとにかく大きいので、実は...私は日本から携帯ポン酢を持参して頂くようお薦めしていますが、店主公認の美味しい食べ方なのでご安心ください!小さなポン酢ボトルを店長にプレゼントしたたら大変気に入ってもらえましたので怒られません(笑)物凄い弾力に驚くかもしれません。極厚でかなりの食べ応え。今回お肉はオーダーしませんでしたが、お肉もこんなプレートで供されます。お肉も美味しいですがやはりイカがおすすめ!

⑥ ムサカ(ナスのグラタン)

「ムサカが美味しければそのレストランは大丈夫だ。」「ムサカは店の顔だ」と言われるくらい有名で、かつお店によって個性の出る1品ですが、こちらのムサカは可愛い器で熱々状態で運ばれてきます。インスタ映え♪小さく見えますが、かなりたっぷりの量が入っています。ナス、じゃがいも、チーズ、ミートソース等が入っていて、それを焼き上げたもの料理なのですが、ギリシャに訪れたらこれは絶対に食べてほしいお料理です。熱々の時はチーズがビロ~ンと伸びて更に美味しく感じます。

これらの料理に地元のサントリーニワイン(白の辛口と甘~いデザートワインが置いてありますが、お食事中は白の辛口をどうぞ!)か、VOLKANというサントリーニの地ビール(瓶は火山の柄で写真映え間違いなし!)で乾杯しています。景色も最高の引き立て役になり、美味しい思い出になること間違いなし!

崖側の席は人気があるので「絶対に屋根のある崖側の席がいい!」という人は事前に電話予約をするか、崖側に空席が無いときはちょっと暑いですが3階屋上もお薦めです。素晴らしい景色が約束されます。建物の造りは半地下の1階、地上の2階、屋上の3階となっています。

④.jpg

お店の場所に〇を付けてみました!どうです?絶好の場所でしょう!こんな場所で食事したら一生の思い出を作ることができますよ、あなたもぜひ!

それではまたお会いしましょう!添乗員ライターYUZUでした。

プロフィール画像
この記事を書いた人
YUZU
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/04/17最終更新日:2020/04/17

Views:

ギリシャのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.