たびこふれ

ロンドンで具合が悪くなってしまったら?旅行者が受けられる医療サービスについて

記事投稿日:2020/05/02最終更新日:2020/05/02

Views:

旅先で具合が悪くなることほど、不安なことはありません。ロンドン滞在中の旅行者はどんな医療サービスを受けることが可能なのか、まとめてみました。

目次

英国の医療システムってどんな感じ?

ロンドン、NHS病院

イギリスで受けられる医療は、大きく分けて二つ。国の公的な医療機関であるNHS(National Health Service、国民保健サービス)によるものと、その他のプライベートな医療機関によるものです。

NHSでは、英国内に在住し、保険料を納めている人は基本的に無料でそのサービスを利用することができます(一部有料)。まずはGP(General Practitioner、一般医、かかりつけ医)に登録し、GPの診断を受け、必要に応じて専門医へ紹介してもらうというシステムです。

NHSの施設・サービスを利用する

日本からの旅行者でも、各施設次第、かつ有料ではありますが、NHSでの診察や治療を受けることは可能です。受診料・サービス利用料については利用前に各自ご確認ください。

>>EEU圏外からのビジターに向けたNHSの情報ページ

ロンドン、NHS救急車

命に関わるような怪我や病気の場合には、「999」に電話をして救急車を呼ぶか、病院のA&E(Accident and Emergency、救急外来)に直接出向くのが良いでしょう。ただし、A&Eでは、救急とは言っても、怪我や症状によってはかなりの時間待たされることもあるので、注意が必要です。

急を要さない場合や、どう対処すべきか不明な場合は、「111」に電話をすると、適切なアドバイスを得ることができます。

また、予約や登録なしで診察を受けられるウォークイン・センターもあります。医師・看護師に会って話をしたい場合には、何時間も待たされる覚悟をしつつ、訪れてみるのもいいでしょう。

>>セントラル・ロンドンのNHSウォークイン・センター一覧

医者にかかるほどではないけれども、アドバイスが欲しい場合

ロンドン、街中のファーマシー

緊急ではない場合や、一般的な症状であれば、まずはファーマシー(薬局)を訪れて薬剤師に相談するよう、NHSでもすすめています。

ロンドン、鉄道駅のファーマシー

ファーマシーについての詳細は、以前ご紹介したこちらの記事をご参照ください。
>>「旅行者にも何かと便利!イギリスのファーマシー/ヘルス&ビューティー・ショップ」

日本語での診療を希望する場合

ロンドンには日系の医療機関もあります。日本人の医師やスタッフが常駐しており、日本語でやりとりできるのが、なんと言っても利点です。旅行保険、その他の保険を利用し、無料で診察を受けられるサービスもあります。詳細は受診前にそれぞれ確認してみてください。

無理せず助けを求めよう!

ロンドン、鉄道駅のインフォメーション・センター

博物館やショッピングセンターなどを訪問中にアクシデントに見舞われた場合には、まずは迷わず施設内のスタッフや、インフォメーション・カウンターにヘルプを求めましょう。鉄道や地下鉄で移動中であれば、次の駅に着いてから駅員さんに知らせるのが一番早く助けを得られる方法です。

ロンドン、ウォータールー駅

また、ロンドンでは、周りの人々も、意外と親切にヘルプをしてくれることが多いので、緊急時にはためらわずに声を上げてみてください。ただし、貴重品には常に気を付けて!

プロフィール画像
この記事を書いた人
ハル・リーチ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/05/02最終更新日:2020/05/02

Views:

イギリスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.