たびこふれ

旅行者にも何かと便利!イギリスのファーマシー/ヘルス&ビューティー・ショップ

記事投稿日:2019/01/28最終更新日:2019/01/28

Views:

イギリス滞在中に、もしも具合が悪くなってしまったり、ケガをしてしまったら? 医者に行くほどでもないのだけれど、という場合には、街中に数多くあるファーマシー(Pharmacy)を訪ねてみるのがおすすめです。日本やアメリカ英語でいうところの「ドラッグストア」にあたるのがファーマシーで、ケミスト(Chemist)とも呼ばれます。緑の十字が薬局の目印です。

目次

英国を代表するヘルス&ビューティーのチェーン店、ブーツ

イギリス、ブーツ店舗

イギリスでファーマシーと言えば、まずは何といってもブーツ(Boots)が挙げられます。ヘルス&ビューティー分野では、1990年代末から2000年代初頭には日本でも出店していた時期もあったため、ご存知の方もいるのではないでしょうか。

イギリス、チャリング・クロス駅のブーツ

英国中のハイストリートはもちろんのこと、鉄道の主要駅のコンコースにも、必ずと言っていいほどブーツの店舗があります。

二番手を行くスーパードラッグ

イギリス、スーパードラッグ店舗

ブーツを追う、イギリス第二のヘルス&ビューティーのリテイラーが、スーパードラッグ(Superdrug)です。こちらも各地のハイストリートやショッピング・モールなどで欠かせぬ存在となっています。店舗の中には、診察室を備えているところや、さらには看護士がいるところもあります。

軽い症状なら薬剤師に相談

イギリス、ファーマシー

ファーマシーには薬剤師さんが常駐しており、処方箋による薬を出してくれるほか、簡単なアドバイスもしてくれます。医者にかかるほどではない症状や怪我などであれば、ファーマシーに立ち寄って、おすすめの市販薬や応急処置を聞いてみるのもいいかもしれません。

イギリス、スーパーマーケットの市販薬コーナー

また、スーパーマーケットの大型店舗でも薬局が併設されているところが多くあります。薬剤師がいない店舗でも、鎮痛剤をはじめとする市販薬は購入が可能です。

代表的な市販薬は?

鎮痛剤で代表的なのはParacetamol(パラセタモル)。ちょっとした頭痛や、熱っぽいといった風邪のひき始めの症状にもすすめられるのがこれです。一箱50ペンスくらいからの値段で購入できます。また、イブプロフェン(Ibuprofen)のこちらでの発音は、「アイビュプロフェン」です。

パラセタモルの入ったレモン味の粉末をお湯に溶かして飲む、Lemsip(レムシップ)も、風邪の症状が出たときにすすめられる市販薬の代表選手です。レモン以外の味もあります。「レムシップ」は商品名ですが、この手の市販薬の代名詞的に日常でも使われています。絆創膏=「バンドエイド」と同じ解釈です(ちなみにイギリス英語で絆創膏は、plaster=プラスター、です)。

「3 for 2」やPB商品など、お得なプライスも要チェック!

イギリス、セールアイテム

ブーツやスーパードラッグの店内では、常に何かしらのセールが行われています。「3 for 2」は、対象商品を3つ買うと、3つのうち一番値段の低いアイテムが無料になるサービス。ビタミン剤やスキンケア用品など、さまざまな分野の商品でセールが行われています。また、プライベートブランド商品の展開の広さにも驚くばかり!鎮痛剤や風邪薬にサプリメント、シャンプー、スキンケア用品などなど、ありとあらゆる種類のアイテムが、同分野の他ブランド商品よりお得な価格で手に入ります。

コスメのPB商品で定評があるブーツ

UK_01.2019_07.JPG

特に、ブーツでは、化粧品やスキンケアの分野でPB商品が高い評価を得ています。ブーツのコスメを代表するNo.7のシリーズでは、女性誌の一押しアイテムのひとつに選ばれることもしばしば。店頭の試供品をチェックしたり、店員さんのおすすめを聞いたりしながら、自分へのお土産を選ぶのも良いかもしれないですね。

ブーツに立ち寄って朝食やランチもゲット!

UK_01.2019_08.JPG

ブーツの多くの店舗では、サンドイッチやパスタ、ミニ寿司セットなどといったフードアイテムも購入できます。ドリンク、スナック、デザート類も充実しており、ミール・ディールとよばれるランチセットを提供している店舗もあります。加えて、シリアルやヨーグルトなど、朝食用の商品も品ぞろえはバッチリ!フードやドリンクでもブーツはPB商品を展開しており、こちらもまた守備範囲の広さに脱帽です。

ブランドものも少しお得に!

UK_01.2019_09.JPG

その他、有名ブランドのコスメ商品や、香水など、見ているだけでも楽しくなるようなアイテムがたくさん並んでいます。体調の良し悪しに関わらず、ぜひ気軽にファーマシーへ立ち寄ってみてください。

UK_01.2019_10.JPG

プロフィール画像
この記事を書いた人
ハル・リーチ
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/01/28最終更新日:2019/01/28

Views:

イギリスのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.