たびこふれ

絶景の連続!北海道礼文島でトレッキングを楽しもう!~桃岩展望台コース編~

記事投稿日:2020/02/05最終更新日:2020/02/21

Views:

みなさんこんにちは!礼文島シリーズ第二弾でございます。

前回は「日本最北の離島!礼文島って知ってる?」と題して、礼文島についてご紹介しました。

「まだ読んでいないよ」という方は、是非こちらからお読みください。
>「日本最北の離島!礼文島って知ってる?」はこちら

さて、今回は礼文島で大人気のトレッキングコース「桃岩展望台コース」を紹介します。

目次

1. 桃岩展望台コースって何?歩き方と魅力に迫る!

桃岩展望台コースとは、礼文島にあるトレッキングコースの一つです。

季節に合わせてたくさんの高山植物をみることができ、景色も綺麗です。

礼文島のトレッキングコースの中でも比較的歩きやすいため、礼文島に初めて来た方からベテランの方まで、幅広い層に愛されているトレッキングコースです。

今回の記事では、実際にこのコースを歩きながら写真を撮影してきました。初めての方でもわかりやすいように、コースの地図や詳細も載せております。

是非最後まで読んでいただけると幸いです。

礼文島民は省略して「桃展」、「フラワーロード」、「桃知」などと呼んだりします。

1.png

位置としてはこの辺りです。フェリーターミナルのある香深から公共交通機関を使わずにトレッキングを開始することができます。

桃岩展望コース地図.png

全体で7.1km。全て歩くと3時間40分程かかります。

ゴールの知床からフェリーターミナルまでは歩いて1時間程度。路線バスも走っています。

桃展2.jpg

アップダウンはこのようになっております。登山ではないので高低差は比較的少ないです。
コース内は土の道です。手すりや柵、ロープなどで区切られています。基本的に一本道ですが、迷わないように一定の間隔で標識も設置してあります。

それでは実際に桃岩展望台コースを歩いて行きましょう。

DSC02191.jpg

出発は香深港のフェリーターミナルから。

DSC02193.jpg

礼文島に行く手段はフェリーしかないので、ここは文字通り礼文島の玄関口です。

_DSC0009.jpg

フェリーターミナルの1階には観光案内所があります。

礼文島にきてわからないことがあれば、まずこちらにいくことをお勧めします。

DSC02195.jpg

フェリーターミナルを出て右に向かい、海沿いの道を歩きます。

離島ならではの街並みが広がっています。

2.png

「海鮮処かふか」というお店の横をまがり、

3.png

4.png

どんどん登っていきます。

5.png

すると左側にトンネルが見えてきました。

このトンネルを抜けてしまうと反対側の西海岸に抜けてしまうので、トンネルを通らずに直進します。

6.png

すると左側に入口が。こちらから入っていきます。

7.png

しばらく登ると、下の方に「桃岩登山口」というバス停が見えます。

その場所までバスで来ることもでき、その場合はこの場所までの道をショートカットすることが可能です。

DSC00502.jpg

そして、桃岩展望台に到着しました。

DSC02218.jpg

下を眺めてみると、香深のまちを見下ろせます。

手前にある赤い屋根の小屋はトイレとレンジャーハウスです。展望台から200mほど下った場所にあります。

少しここで休憩していくのも良いかもしれません。

DSC02217.jpg

桃岩見下の景色。奥に見えるのは猫岩と呼ばれる岩です。

展望台を越え、知床に向かって歩きます。

_DSC2165.jpg

天気が良い日は、海に浮かぶ利尻島を見ながらトレッキングを楽しむことができます。

DSC00315.jpg

どこまでも続く、青い空と、青い海は圧巻です。

DSC00314.jpg

DSC00318.jpg

こちらは「キンバイの谷」と呼ばれています。

桃岩展望台からおおよそ1.5kmほど。1時間弱歩くと到着します。

DSC00321.jpg

途中にあるツバメ山からの景色。異国情緒を感じる風景が広がっています。

とっても景色が綺麗ですよね。
個人的には礼文島で一番好きな場所。
手前に見える赤い屋根の建物は桃岩荘というユースホステルです。

DSC00333-2.jpg

元地灯台まできました。

ここまでくると、後は一本道を下っていけば、ゴールの知床にたどり着きます。

フェリーターミナルから写真を撮りながらゆっくり歩いて、知床までたどり着くのに、合計で3時間半~4時間といったところでしょうか?

2. 桃岩展望台コースで高山植物を楽しもう

いかがでしたでしょうか?
このコースでは、季節ごとにたくさんの植物をみることができます。

_DSC1284.jpg

レブンキンバイソウは5~6月に見られ、主にキンバイの谷周辺でみられます。

_DSC2178.jpg

画面右下のエゾカンゾウは7月のお花です。利尻富士と一緒に写ると映えますね。

P7111515.jpg

7~8月頃の花、キタノコギリソウ。

葉がノコギリのようにギザギザしているため、この名前になったそうです。

P7111533.jpg

同じく7~8月の花、ダイモンジソウ。

他にもたくさんの高山植物が咲き誇ります。

季節ごとに咲いている花が変わるので、訪れる時期によって違う景色が見れて面白いです。

3. 北のカナリアパークを楽しもう!

桃岩展望台コース終着の知床まで歩くと、桃岩展望台コースのトレッキングは終了となります。

このまま香深のフェリーターミナルまでは歩いて1時間程。
路線バスも出ているので、タイミングが合えば利用することも可能です。

そのままフェリーターミナルに戻ってもよいのですが、余裕があるのでしたら、その途中にある礼文島の人気観光スポット「北のカナリアパーク」にいくことをお勧めします。

DSC02307.jpg

2012年に公開された、礼文島を舞台にした映画、「北のカナリアたち」。

映画のロケセットと利尻富士の絶景を楽しむことができます。

DSC02303.jpg

天気の良い日は利尻富士を綺麗に見ることができます。

DSC02305.jpg

DSC02306.jpg

校舎の中は入れるようになっており、シーグラスと、貝殻でアクセサリーを作る体験コーナーもあります。

昔ながらの木造校舎は田舎の小学校を想起させ、映画を見たことのない人でも楽しめると思います。

もちろん、映画を見てから来てくだされば、もっともっと楽しいこと間違いなしです。

4. トレッキングで汗をかいたら礼文島温泉「うすゆきの湯」で癒されよう!

DSC02049.jpg

さて、トレッキングで汗をかいたら、香深港にある礼文島温泉「うすゆきの湯」で癒されましょう。

IMG_9357-2.jpg

IMG_2106-2.jpg

IMG_2386-2.jpg

IMG_3170-2.jpg

温泉は透明な泉質で、肌に優しく、入浴後も暖かさが長続きします。天気が良ければ露天風呂から利尻富士を眺めることもできます。
トレッキングをした後は温泉で汗を流すのもよいかもしれません。休憩ができる談話室や休憩所があります。

お風呂上りはこちらでリラックスすることもでできます。

礼文島温泉うすゆきの湯

  • 住所:〒097-1201 北海道礼文町大字香深村字ベッシュ961-1
  • 営業時間:4~9月:12:00~22:00/10~3月:13:00~21:00
  • 電話番号:0163-86-2345
  • アクセス:香深港フェリーターミナルから徒歩3分
  • 泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸温泉
  • 浴場:天然温泉・ジャグジーバス、サウナ、露天風呂、貸切家族風呂
  • HP:http://www.usuyuki.jp/

5. おわりに

礼文島のトレッキングコースのひとつ。桃岩展望台コースをご紹介しました。

礼文島にお越しの際は是非とも足を運んでみてはいかがでしょうか?

観光でわからないことがあれば、礼文島観光協会までお気軽にお問い合わせくださいね。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

6. 礼文島観光協会 基本情報

関連記事

>>>【阪急交通社】礼文島を訪れるツアー情報などはこちらから!

プロフィール画像
この記事を書いた人
礼文島観光協会の久光
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/02/05最終更新日:2020/02/21

Views:

北海道のアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.