たびこふれ

気分転換におすすめ!外国人も訪れるエクアドルのビーチリゾート「モンタニータ」

記事投稿日:2020/03/18最終更新日:2020/03/18

Views:

休みがあればやっぱり海に行きたい、暖かい所が好きという方。エクアドルにも、ビーチリゾートがあります。外国人も多く集まるビーチ「モンタニータ(MONTAÑITA)」。

今回は、モンタニータの町とアクティビティーを年末のイベントも少し含め紹介します。

目次

モンタニータ(MONTAÑITA)とは

ECU2001_02.jpg
<モンタニータのメイン通り>

モンタニータとは、エクアドル最大の都市「グアヤキル」の隣県内にある海沿いの町。

グアヤキルから180kmに位置し、約3時間で訪れる事が出来ます。

1960年以降少しずつ、外国人が訪れ有名になりました。サーフィンの大会が年に数度行われ、若い人にも人気のサーフ・ビーチとして知られています。

ECU2001_03.jpg
<モンタニータ中心地の地図>

観光客が訪れる中心部はそこまで大きくないものの、お店やレストランが密集しており、食事も買い物も困りません。主要な場所は歩いて回る事が可能です。

モンタニータは海辺のリゾート。海水浴をしながら一日中ビーチでリラックスするだけでも十分楽しめます。

しかし、日本より比較的物価が安いエクアドル。せっかくなので、アクティビティーを行ってみるのはいかがでしょうか。

アクティビティー

バナナボート

ECU2001_04.jpg
<鮫デザインのバナナボード>

バナナボートに乗る為には、通常のボートで海の沖まで出ます。

その後、バナナボートを海に浮かべ乗ります。そして、通常のボートがバナナボードを牽引します。

ECU2001_05.jpg
<バナナボードの上>

何度もカーブをまぜながらの牽引。バナナボートは引きずり回され遠心力に耐えきれず、乗っている人は何度も海に放り出されました。(牽引の強さは調整出来ます。)

移動も含め30分程度のアクティビティー、手軽なお値段で楽しむ事が出来ました。

パラグライダー

ECU2001_06.jpg

お次はパラグライダーの紹介。

モンタニータから車で10km先の丘まで行き、そこから飛行します。ライセンスを持っていない人はガイドの人と一緒の空中散策になります。飛行時間は約20分。ガイドの人が運転・方向操作をしてくれるので、ゆったりと景色を楽しむ事が出来ます。

希望によっては、動画のようなサービスも。沢山スィングされていますね。ゆったりと優雅に...ではなく、ジェットコースターのようなスリルを求める方でも十分楽しめるアクティビティーです。

値段は大体$30-50で楽しむことが出来ました。

PARAPENTE GUAYAQUIL ECUADOR

サーフィン

SAUF.png

サーフ・ビーチとして知られるモンタニータ。

町の中に、そしてビーチにもサーフボードのレンタルショップがあります。事前予約なしでも、当日にレンタルやレッスンをする事も可能です。

サーフィンではなくボディボードなら...という方。ボディボードのレンタルもありましたのでご安心ください。

ECU2001_09.jpg

サーフボードは1時間$5~10程度でレンタル出来ます。サーフレッスンは1.5~2時間で$20~30くらいから可能でした。

是非はじめての方も良い機会になるかもしれません♪

食事について

ECU2001_10.jpg

食べる場所も様々。

カフェでゆったりとしたひと時を過ごす事も出来れば、道端の屋台で椅子に座り、町の雰囲気を感じながらトーストやワッフルなど軽食を味わう...もしくは地元の人と肩を並べながら、ローカルフードをお店でもしくは、道端で立ち食い....なんて外国ならではのひと時はいかがでしょうか。

ECU2001_11.jpg

ローカルフードを食べるなら、やはり新鮮な魚介類。

魚介たっぷりのご飯「アロス・コン・マリスコス(Arroz Con Mariscos)」や以前の記事【エクアドルの各地郷土料理】で紹介した魚介のココナッツスープ炒めの「エンコカード(Encocado)」、魚介マリネの「セビッチェ(Ceviche)」など。

朝食の場合、道端で販売している魚介スープの「エンセボジャード(Encebollado)」をぜひ試してみてください。

ECU2001_12.jpg
<カフェレストラン TIKI LIMBO>

おしゃれでおすすめのカフェレストラン「TIKI LIMBO」。

足を伸ばしくつろげるソファが、いくつも配置されています。一人でゆったりと過ごしたり、友人と話しあったり...海で遊び疲れた身体をリラックスさせる事が出来ます。

ECU2001_13.jpg

TIKI LIMBO

  • 住所:Calle Guido Chiriboga Solar 2, Montanita, Ecuador
  • 電話番号:(+593) 99 954 0607
  • ホームページhttp://www.tikilimbo.com/en/

ECU2001_14.jpg

夜は、ビーチへ続く道の端々に屋台バーが立ち並びます。

テンポが良いスペイン語の音楽が流れる中、わいわいとお酒を飲み現地に溶け込むのも面白いでしょう。

年末のモンタニータは最高に楽しい!

ECU2001_15.jpg

今回は、年末のモンタニータを体験。

モンタニータでは、タイや台湾、ベトナムで有名な「ランタン飛ばし」が年末に行われます。道の至る所でランタンが1~2ドルで販売されており、私も一つ購入しました。

ECU2001_16.jpg

スペイン語でランタンは、「Globo del Deseo」。

訳すると「願いの気球」。つまり、願いを込めてランタンを飛ばします。

風が急に萎え、落下しそうな場面もありましたが、結果的に「願い」は無事空へ飛んでいってくれました。

ECU2001_17.jpg

カウントダウンの時が近づくにつれ、ビーチはその時を待つ人々で賑わいます。

前回の記事【エクアドル流「年越し」と「カーニバル」水かけ祭の過ごし方】で紹介した「アニョ・ビエホ」も海岸の至る所で燃やされ、新年を祝う準備は更に華やかさを増します。

少しずつ花火が上がり始め、新年が訪れた瞬間を皆で盛大に祝いました。タイミングが合えば、モンタニータで楽しい年末を過ごしてみてください。

※非常に楽しいイベントですが、至る所で火気が扱われます。ですので、十分注意して参加ください。

モンタニータへの行き方

主要都市、キトとグアヤキルからの行き方を紹介します。

ECU2001_18.jpg
<グアヤキル発モンタニータ行き時刻表 ※2020年 1月時点>

グアヤキルからの行き方

グアヤキルバスターミナルから所要時間約3時間

【主なバス会社:CLP】 が上記写真通り時刻で運行しています。(運賃通常$6、臨時$8.25 ※2020年1月時点)

バスターミナルの3階の端にチケット売り場があります。

※CLPホームページ : https://clp.com.ec/

キト、キトゥンベ(Quitumbe)ターミナルからの行き方

様々なルートがありますが、その中から3つを紹介します。

一番分かりやすく本数も多いルートはグアヤキル経由なので、慣れてない方にはこのルートをおすすめします。

グアヤキル(Guayaquil)経由
「グアヤキル」行きバスに乗車。【主なバス会社:Transporte Ecuador】。
そこから、上記グアヤキル発のとおり。

プエルト・ロペス(Puerto Lopez)経由
「プエルト・ロペス」行きバスに乗車【主なバス会社:Transporte Reina del Camino】。
そこから、Salinas-Libertad(サンタ・エレーナ - リベルタッド)行きのバスに乗車し、途中のMontañita(モンタニータ)で下車。【主なバス会社:Transporte Manglarlto】

ポルト・ビエホ(Port Viejo)経由
「ポルト・ビエホ」行きバスに乗車。【主なバス会社:Transporte Reina del Camino 又は、Trans Esmeraldas】。
そこから、Montañita行きのバスに乗車。【主なバス会社:Transporte Manglarlto】

※Transporte Ecuadorホームページ:http://transportesecuador.com.ec/servicios/
※Transporte Reina del Caminoホームページ:https://reinadelcamino.ec/
※Trans Esmeraldasホームページ :https://www.transesmeraldas.com/

注)キトには、キトゥンベ、カルセレン、オフェリア、3つのターミナルがあります。間違えないよう気を付けてください。

ECU2001_19.jpg

波のリズムと同じように、モンタニータでゆったりとしたひと時を過ごしてみてください。

プロフィール画像
この記事を書いた人
KITAMUCHO
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/03/18最終更新日:2020/03/18

Views:

エクアドルのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.