たびこふれ

【インド】心と体をきれいにしよう。アーユルヴェーダの旅

記事投稿日:2020/01/25最終更新日:2020/09/10

Views:

こんにちは。田澤ともきです。去年の今頃、ちょうどカンヌール空港の記事を書きました。あれからケララには三回ほどいきました。今日はなぜ私がインドに移住するほどアーユルヴェーダにはまってしまったのか、ケララの旅のレポートとともにお話したいと思います。

目次

アーユルヴェーダの効果とは

000 (3).JPGのサムネイル画像

アーユルヴェーダは、インドに約6000年前から存在する伝承医学です。この学問の背景には、ヒンズー教やヴェーダと呼ばれる古代インドの叡智がぎっしりと詰まっています。驚くべきことは、人間の体と病気に関する解決策は6000年前と今と比べてもあまり大きな違いがないということです。

アーユルヴェーダは予防医学とも呼ばれています。その理由は、西洋医学と比べかなり早い段階で起こる体や心の症状から「病気」とその原因を特定し、自然のハーブとミネラルだけで治すからです。万が一、病気がピークの時でも時間はかかりますが、再発を防ぐこともできるといわれています。

また健康の定義には、心がどういう状態であるべきかなど、しっかり定義され体の心の関係をきちんと理論立てて説明しています。そのため、近年インドだけではなく日本でもアーユルヴェーダを診察や治療に役立てている医師もすくなくありません。「健康な状態をどれだけ長く続けられるか」がアーユルヴェーダの最大の目的です。

心と体はつながっているのは本当?

000 (1).JPG

アーユルヴェーダでは、「心と体はつながっている」事が大前提です。アーユルヴェーダの考え方だと、睡眠不足や偏った食事を続けていると不安な毎日や、気分が落ち込んだり、イライラしたりするのです。

また健康な時は、前向きで新しいことに挑戦してみたり、笑顔が自然にでるように、人間は非常にシンプルな構造です。皆さんも、お風呂に入って気持ちいいとか、マッサージを受けて気持ちがいいとかありませんか?それは体がリラックスした状態に慣れている証拠です。

カンヌールならこれができる

000 (2).JPGのサムネイル画像

カンヌールのいいところは自然がいっぱいなところです。ここには、アーユルヴェーダドクターも在籍し、毎日希望者はヨガクラスも受けられます。また3食の食事はココナツや野菜をふんだんに使った南インド料理。また、昔から行われているごま油でのうがいや足湯などを行います。

私たちの体は、普段とても考えられないほどたくさんのストレスを抱えています。それをリラックスさせて、もともと持っている自己治癒力を引き出すためには最低でも7日。長くて14日必要です。ドクターの診察によってこの日数が変わります。そのためまずは診察を受けて必要な薬やトリートメントを決めます。

インドに行く目的が変わる

000 (5).JPG

今までインドの旅、というと「刺激」や「価値観を変える」などが多かったと思いますが、これからのインドは、「自分を癒す旅」も加えられるに違いないと思っています。なぜなら、科学的に根拠がある治療法で、自らの自己治癒力を最大限に引き出す、病気や健康の概念は西洋医学がもたらしたものだということを知ることになるでしょう。

もちろん、これらは病気の治療ではなく健康な方がより長く健康でいられるようにするためのものでもあります。結果的にアンチエイジングや内面からの美しさを引き出します。それだけではなく、肩こりや頭痛、暗かった性格も改善される可能性が多いにあります。

000 (4).JPGのサムネイル画像

また、食事とトリートメントだけではなくこの施設は様々な催しものを行っています。ハウスボートや、青空クッキング教室、アーユルヴェーダ講座などもできます。

プロフィール画像
この記事を書いた人
田澤ともき
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2020/01/25最終更新日:2020/09/10

Views:

インドのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.