たびこふれ

デンマークのレゴハウス「ミニシェフ・ファミリーレストラン」に行ってきました!

記事投稿日:2019/05/30最終更新日:2019/05/30

Views:

レゴが生まれた小さな街ビルンにある、レゴランドとレゴハウス。今回は、街で一番レゴらしいファミリーレストランをご紹介します。

目次

ミニシェフって?

DK_201905_01.jpg

レゴハウスの1階奥にあるミニシェフは、レゴのミニフィグシェフのレストランというコンセプト。あちこちにレゴを使った仕掛けがあり。特に子連れのみなさんにおすすめです。

一番人気のミニシェフへは早めに入店を!

ミニシェフはとにかく人気。予約ができないこともあり、 12〜15時ごろまで混雑します。入店から食事までの時間もかかるため、早めにレストラン前まで行ってみてください。この日はデンマークの冬休みだったため、空いているように見えましたが、名前を聞かれて呼び出しブザーを渡されました。12時少し前に行き待ち時間は15分ほどでした。

メニュー

DK_201905_02.jpg

食事のメニューは選べるレゴボックスランチ。大人169dkk、子供98dkk。ドリングは別なので大人は200dkkほどになります。

※dkk(デンマーク・クローネ)のレート:1dkk=17.09円(2018年12月現在)

注文方法

DK_201905_03.jpg

レゴのピースが入った袋が配られ、メニューを見ながら食べたいもののピースを組み合わせます。メインは肉、魚、ベジタリアンもあり。サイドや付け合わせは野菜メインでヘルシー。主食はフレンチフライ、ヌードル、ポテト、パンから選べます。

大人は4つのピース、子供は3つのピースを組み合わせテーブルにあるスキャナーにセット。ディスプレイに選んだ食事が表示されます。あれこれ遊んでいると時間がかかるので、先に飲み物だけ注文するとよいとスタッフさんよりアドバイスあり。

ミニシェフが作ったランチが到着!

DK_201905_04.jpg

ランチボックスの出来上がりが近くなるとディスプレイでお知らせ。店内中央のロボットのところまで自分で取りにいきます。次々にベルトコンベアーで降りてくるボックスは見ているだけでワクワクします。

いただきます!

DK_201905_05.jpg

まずは大人メニュー。ハッピーな豚肉の焼き鳥ソースグリルという謎のメイン、クレイジーヌードル、ズッキーニのグリル、サラダ。

DK_201905_06.jpg

子供メニューは3種類の組み合わせ。クリスピーチキン、フライドポテト、スティック野菜。これに選べるミニフィグのセットがもらえます。ポテトはタイムとチャイブのスパイス付き、子供にはちょっと向いていなかったようです。

DK_201905_07.jpg

もう一つ大人メニューは、ハッピーな豚肉の焼き鳥ソースグリル、コールスロー、クレイジーヌードル、カリフラワーのグリル。彩りを考えなかったので全体が白くなってしまいました。

大人も子供もボリュームがありました♪ 日本のランチセットの1.5倍はあります。楽しいランチとなりました。

ミニシェフに入店できなかったら・・・

DK_201905_08.jpg

手前のカフェBrickaccinoではスナックやサンドイッチを販売しています。行列にはなっていましたが、レストランより時間がかからなそうです。もしくは、レゴハウスは食物、飲物の持ち込み可。指定の部屋で食事ができます。

詳細情報

MINI CHEF family restaurant(ミニシェフ・ファミリーレストラン)

HP:https://www.legohouse.com/en-gb/explore/eateries/mini-chef
住所:Ole Kirks Plads 1, 7190 Billund, Denmark

関連情報

プロフィール画像
この記事を書いた人
mig
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/05/30最終更新日:2019/05/30

Views:

デンマークのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.