たびこふれ

ギリシャ中部、ピリオ山の村ザゴラはハイキングを楽しみたいときにもおすすめ

記事投稿日:2019/06/01最終更新日:2019/06/01

Views:

少し前のことになりますが、中部ギリシャの方へ行く用事がありました。

日本人も多く訪れる中部ギリシャの人気観光スポットと言えばメテオラやデルフィですが、他にも素敵な場所がいっぱいあります。今回ご紹介するピリオも、お気に入りのひとつ。綺麗な村を訪れてみたいという方や、ハイキングを楽しみたいという方におすすめです。

目次

自然豊かなピリオ山で最大の村

ザゴラはテッサリア地方マグニシア県のピリオ半島にあるピリオ山で一番大きな村。県都の港街ヴォロスから東へ47kmに位置します。ピリオ山で観光客がより多く訪れるのはヴォロスに近いポルタリアやマクリニッツァですが、石屋根の伝統的な家屋が美しい村です。ザゴラはピリオ山の東の斜面にあり、エーゲ海を見下ろすように家々が建ち並びます。

IMG_5833.jpg

ザゴラという名前の由来はスラヴ語で「山の後ろ側」という意味だという説があります。この村がいつどのようにできたのかははっきりわかっていませんが、海賊を恐れて海辺の集落から人々が移ってきたのがはじまりだと考えられているよう。近くにはヴェネツィア時代の要塞や古代~ビザンチン時代の廃墟が点在しています。

近代でザゴラが最も栄えたのは17~18世紀。養蚕・絹産業をはじめ農業や商業により発展しました。近くの港町ホレフトからエーゲ海、黒海、地中海ルートでの貿易も盛んになり、これにより得た富を元手に海外に出てさらなる成功を収めた人も多数。富裕層による寄付金などの貢献により、文化水準も高い村です。現在は静かな村ですが、りんごをはじめとした果物やナッツの栽培が観光業と並んで主要な産業となっています。

自然豊かなので四季それぞれいつ訪れても美しい風景が楽しめるザゴラ。夏は避暑地として、また近くにスキー場があるため冬のリゾート地としても人気です。村の周辺にはハイキングルートも複数あり、軽く森林散策を楽しみたい人にも本格的に山歩きをしたい人にも満足してもらえることでしょう。

ザゴラの広場

IMG_5808.jpg

村の中心にある聖ヨルギオス広場。周りには伝統的なカフェやタベルナ、かつての繁栄の名残を感じさせる邸宅が建ち並びます。

IMG_5813.jpg

現在ゲストハウスとなっているドラコプル邸。一階はザゴラの女性アグロツーリズム協同組合の調理場になっていて、地元の食材を使いお土産用の食品を作ったりしているようです。

IMG_5822.jpg

広場にはザゴラ出身の歌手、ニコス・グナリスの銅像もありました。ギリシャ内戦後の50年代に活躍した歌手で、アメリカのギリシャ人コミュニティの間でも人気が高かったそう。

IMG_5838.jpg

文化水準の高い村だったと先に書きましたが、18世紀はじめピリオで最初に学校が創立されたのもザゴラでした。ギリシャの独立戦争に大きな影響を与えた詩人リガス・フェレオスを輩出したのもこの地であり、彼が学んだ学校は現在は博物館「リガス・フェレオス・スクール」となっています。

IMG_5809.jpg

IMG_5815.jpg

こちらは教会です。ちょっと見えにくいですが、壁に埋め込まれたプレートが可愛いです。

この春は例年より寒い日が多く天気も崩れがちだったギリシャ。ザゴラもそんな時期に行ったのですが、しんとした雰囲気で、これはこれでよかったです。個人的には秋に行って山歩きもしてみたいですね。

グルメとショッピング

IMG_5840.jpg

ピリオの名物料理はローカルソーセージとピーマンを煮込んだスペツォファイ、さまざまな食事パイ、豆のスープなど。今回あまり時間がなかったのでゆっくり食事はできなかったのですが、家族の希望で肉料理がメインのレストランで夕食をとりました。

IMG_5842.jpg

こちらはコンドスヴリという料理。大ぶりに切った豚肉を串に刺して炭火で焼き上げた料理で、アテネの肉料理店でもよく見かけるものですが山村で食べると格別です。

IMG_5843.jpg

前述のスペツォファイ。ハーブやスパイスの香る粗びきのソーセージとバナナピーマンが煮込まれています。地元の赤ワインと田舎パンが進みまくる一品。

IMG_5836.jpg

今回残念ながら来れなかったけど、ローカルな料理がいろいろ味わえるレストランもチェックしておきました。ワラビのフリッター、オレガノとたらこのフリッター、ズッキーニの花の米詰め、チチラヴラ(テレビンノキ新芽のピクルス)、雄山羊と豆の煮込みなど、気になるものがいっぱい。また来るかもしれないので、次回はぜひこちらで食事してみようと思います。

IMG_5810.jpg

IMG_5825.jpg

お土産は、果物のシロップ煮(フィリキという小さなりんご、未熟くるみなどがおすすめ)、自家製パスタ、ピクルスの瓶詰め、リキュール、ハーブなど。可愛い手作りアクセサリーや雑貨、ハーブティーを売っているお店も見かけました(上の画像)。

アクセス

車を運転できるならレンタカーでピリオ山の村々を回るのが一番便利でおすすめの方法ですが、ヴォロスからバスやタクシーで行ったり、ツアーを利用するのも手です。

プロフィール画像
この記事を書いた人
アナグノストゥ直子
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア

記事投稿日:2019/06/01最終更新日:2019/06/01

Views:

ギリシャのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.