たびこふれ

ハワイの超定番!ロコが愛するファミリーレストラン「ジッピーズ」ってどんな店!?

記事投稿日:2019/01/29最終更新日:2019/01/29

Views:

「ハワイのロコたちって普段どんなところで食事するの?」と質問されたら、必ず「ジッピーズ」の名前は出てくるでしょう。あのオバマ前大統領も思い出の味として懐かしむハワイにしかないファミリーレストラン。2018年時点で創業52年と、半世紀以上にも渡って愛されています。

そこで、今回は社長のポール・ヨコタさんにもインタビューし、ジッピーズの歴史や人気の秘密を徹底調査しました!

目次:クリックで見出しに移動します

ハワイの定番チェーン「ジッピーズ」の歴史

ハワイ-02-ジッピーズ-Zippys Paul.jpg
<インタビューしたポール・ヨコタ社長>

ジッピーズは、1966年にフランシス&チャーリー・ヒガ兄弟が始めたお店。もともと家族は食肉店を営んでおり、たくさんの兄弟がいましたがこの2人は「何か自分たちのビジネスをやりたい」と思うようになりました。

そこで、フランシス&チャーリー兄弟はレストランを始めました。それが現在も第1号店として営業しているマッカリーのジッピーズです。兄弟はレストラン業の経験は皆無に等しく、まさにトライ&エラーの繰り返し。

2人で全ての業務をこなしたので、毎日深夜3時に起きて、夜の21時まで働いたと言います。そうして試行錯誤していく中、メニューや店の内装も工夫して今のジッピーズの土台を作りました。

それから店の拡張をして、店内で飲食できるダイニング・エリア「サイミン・ラナイ」と、店頭にファーストフードのセクションを設けました(サイミンとは、ハワイ独自の麺のこと。ラナイは、ハワイ語でベランダという意味)。

この形態がまさに大当たり。ファーストフードのエリアは、高校生が学校帰りに友達と寄ったり、近所の人たちがそこで交流するなど、とっても気軽に寄れる雰囲気になりました。

つまりこれで、さっと食事を済ませたい時やテイクアウトしたい時はファーストフードエリアを利用し、家族や友達とゆっくり食事を楽しみたい時はサイミン・ラナイを利用するという選択ができるようになったのです。

2018年時点では全部で24店舗を展開!

サイミン・ラナイのスタイルがロコたちのライフスタイルにぴったりはまって人気となり、そのうち「違うロケーションでも開いてほしい」という要望が増え、2号店はカイムキに開きました。それからは続々とチェーン展開し、現在はハワイ島とマウイ島も含めて全部で24店舗展開しています。

ハワイ在住歴8年の私にとってジッピーズは、「チリ」で有名なファミリーレストランというイメージですが、もともとは「プレートランチ店」としてロコたちに知れ渡ったそうです。

兄弟のルーツである沖縄料理もあれば、ポルトガル、韓国、フィリピン料理と、まさに移民たちが持ち込んだ各国の料理を取り入れ、バラエティーに富んだおかずがたくさん。それがまた幅広い人たちの心をつかんだのでした。

Zippy'sと言う名前の意味

私がずっと疑問に思っていた店名「Zippy's」の意味をポールさんに伺ったら、ちょうど店をオープンした1966年は、ハワイでZip Code(郵便番号)の制度が取り入れられた頃だったそう。

そこでフランシス&チャーリー兄弟は、Zip Codeは「モダンな文化の到来」でさらに「早いサービス」の象徴と思い、それをもじって「Zippy's」と名付けたのだそうです。これで長年の謎が解けてスッキリでした!

ジッピーズが愛されている理由

現在はフランシスさんの息子のジェイソン・ヒガさんが2代目のオーナーですが、創業当時から労を惜しまず働いてきた結果が成功につながっているとポールさんは言います。また、コミュニティーに還元しようと、店がある場所のコミュニティーとつながり協力をしていくことも積極的に取り組んでいます。

そして、味の品質が常に一定であるように管理も徹底しています。仕込みも手を抜かずにやっており、たとえば、ロコが大好きなフライドチキンもマリネードして、きちんと味を染み込ませてから揚げています。

それには、毎日各店舗一体どれくらいの注文が入るかを統計して、どれくらいの量のチキンを仕込みすればよいかを計算しているそうです。そして、必ずエグゼクティブシェフが各店舗にデリバリーされる前に味をチェック。

こうやっていつ行っても「変わらない味」を提供できるように努めているのです。店舗が増えても、細部にまで心血注ぐ姿勢がきっとお客様にも伝わっているのでしょうね。

それから、「200種類以上のバラエティーに富んだ料理の品数がある」というのも人気の理由。ジッピーズでは、3世代に渡って一緒に食事ができるようにメニューが用意されているのです。

特にハワイの土地柄として、民族も年齢層も幅広い家族構成であるため、どんな家族が食べに来ても、"全員が何かしら食べたいものがある"というのが、ジッピーズの大きな魅力と言えるでしょう。

第1号店のジッピーズ・マッカリー店を紹介!

ハワイ-サムネ01-ジッピーズ-Zippys 外観.JPG
<1号店のジッピーズ・マッカリー店外観>

取材当日は、第1号店でもあるマッカリー店へ行きました。午後3時というランチには遅すぎ、ディナーには早すぎるような時間帯ですが、それでも店内には次々とお客とやってくるのに驚きます。

フランシス&チャーリー兄弟が望んだ通りに、地域住民の人たちの憩いの場にもなっているんですね。

ジッピーズのファーストフードセクション

ハワイ-03-ジッピーズ-Zippys テークアウト_censored.jpg

店頭にはファーストフードセクションがあり、基本的にテイクアウト向け(容器も全て持ち帰り用)ですが、店内でも下の写真の様に食べられるテーブルはあります。

ハワイ-04-ジッピーズ-Zippys-内観1_censored.jpg

短時間でカジュアルに済ませたい人たちがこちらを利用しています。ダイニング・エリアで食べるよりも、お値段が若干安くなっていますよ。この裏手にはダイニング・エリア「サイミン・ラナイ」があります。

ハワイ-05-ジッピーズ-Zippy's 内観_censored.jpg
<サイミン・ラナイ>

この店のダイニング・エリアは、創業当時に建てた骨組みが残っているので、とても天井が低いのが特徴的。椅子や壁もとてもシックな色合いで落ち着いた風合いになっています。新しくオープンした店舗ほど、もっと鮮明な色合いの内装で天井も高いところが多いですね。

そして、全店舗共通の人気メニューを伺いました。

人気No.1メニュー:Zip Pac(ジップ・パック)

ハワイ-06-ジッピーズ-Zip Pac.JPG
<Zip Pac(ジップ・パック)$12.20>

ロコに断トツ人気だというのが、こちらのジップ・パック。フライドチキン、照り焼きビーフ、スパムに魚と、ロコが大好きなおかずが全部のったお弁当です。

あれもこれも食べたい欲張りさんにぴったり!? ロコに人気の理由がよくわかります(笑)。

人気No.2のメニュー:Zippy's Chili (ジッピーズ・チリ)

ハワイ-07-ジッピーズ-Zippy's Chili.JPG
<Zippy's Chili (ジッピーズ・チリ)$10.65>

ジッピーズといえば「チリ」といわれるほどの店自慢の料理。なんとこのレシピは秘伝中の秘伝で、ジッピーズ従業員の中でも、ごくわずかの人にしか明かされていないそうです。しかも、レシピは厳重に金庫に保管されているのだそう。

写真のメニューは、フランクフルトを乗せた「ジッピーズ・チリ & フランク」。ほかにも、チキンミックスプレートとのコンボや、またはベジタリアン用のチリもあります。同じチリでもまたさらにいくつものチョイスがあるので、お好みで選んでみてくださいね。

人気No.3のメニュー: Korean Fried Chicken (コリアン・フライドチキン)

ハワイ-08-ジッピーズ-Korean Fried Chicken.JPG
<Korean Fried Chicken (コリアン・フライドチキン)$12.25>

「ジッピーズに行ったら絶対チキンを食べる」というロコも大勢いるほど、チキンも名物メニュー。その中でも、ガーリック風味の中辛醤油ソースにディップした韓国風のフライドチキンは絶大な人気です。

ここで、ジッピーズのメニューでもライターお気に入りのものを2つご紹介しましょう! ロコな味にトライしたいときは、ぜひこちらも注文してみてください。

ライターお気に入りメニュー:1. Zip Min ( ジップ・ミン)

ハワイ-09-ジッピーズ-Zip Min.JPG
<Zip Min ( ジップ・ミン) $10.95>

ハワイ独自の麺であるサイミンをジッピーズオリジナルレシピで作ったジップ・ミン。具材は、ワンタン、海老のてんぷら、かまぼこ、わかめ、卵にチャーシューがあります。麺類が無性に食べたくなる時は、このジップ・ミンを食べに行きます。

ハワイ-10-ジッピーズ-Zip Min.JPG

この蓋の上に長ネギがあるのですが、食べる時に自分でひっくり返してサイミンの中に入れる器を初めて見た時は驚いたものです。ジッピーズのためにどなたかが作ってくれたそうなのですが、この器を製造していた会社が閉鎖してしまったそうで、新たに作ってくれるところを探しているんだとか......。

ジッピーズのジップ・ミンといえば、この器で出てくると皆期待しているので、見つかることを切に願っています。

ライターお気に入りメニュー:2. Homemade Corned Beef Hash(自家製コンビーフハッシュ)

ハワイ-11-ジッピーズ-Zippys Corned Beef Hash.JPG
<Homemade Corned Beef Hash(自家製コンビーフハッシュ)$7.96>

アメリカではメジャーな食べ物のコンビーフハッシュ。日本でも沖縄ではローカルな食材として知られているようですが、沖縄県外では認知度が低く、私自身もハワイに引っ越すまで知りませんでした。

そんなある日ジッピーズに食事に行った時、気になってこちらを注文してみたら、想像以上に美味しかったので今ではお気に入りのメニューになっています。店特製で手作り感があるのが、また気に入った理由の1つです。

ナポレオンベーカリーのデザートもチェック!

ハワイ-12-ジッピーズ-Zippys Napoleon Bakery.JPG
<ナポレオンベーカリー>

ジッピーズといえば、「ナポレオンベーカリー」のデザートも有名です。バラエティーに富んだケーキやペイストリーが並びます。テイクアウトエリアにショーケースがありますが、ダイニング・エリアでももちろん注文可能です。誕生日などのパーティー用にここでケーキを買う人も多いんですよ。

ハワイの街中で見かけるジッピーズ。一体どんな店でどんな食べ物があるか分からないという理由で、立ち寄ったことがない人も多いのではないでしょうか?特に勝手がわからない海外では、知らないところは寄ろうと思わないですよね。

でも、ジッピーズこそ、ハワイに住む人たちにはなくてはならないレストランなのです。そんなロコに愛されたジッピーズ、ぜひ次回のハワイ旅でお試しあれ♪

ジッピーズ マッカリー店(Zippy's McCully)基本情報

■住所:1725 S. King St. Honolulu, HI
■電話番号:(808)973-0877
■営業時間:24時間営業
■ホームページ:http://zippys.com
■Facebookページ:https://www.facebook.com/zippys
■Instagram ページ:https://www.instagram.com/zippys/
※価格は2018年9月時点のものです。最新情報は公式サイトをご覧ください。
<写真: Miki Cabatbat>

プロフィール画像
この記事を書いた人
カバットバットみき
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2019/01/29最終更新日:2019/01/29

Views:

ハワイのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.