たびこふれ

ジェノヴァ地元民もおすすめするトラットリアでシーフードランチ!

記事投稿日:2018/08/26最終更新日:2019/07/30

Views:

ジェノヴァの名物、と聞いて「ジェノヴェーゼ」を真っ先に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。ジェノヴェーゼと言えばバジルや松の実をペースト状にした鮮やかな緑色のソースが特徴的なパスタで、日本でも多くの方に知られていますね。

ですが、それ以外にもシーフードが美味しいこともジェノヴァ料理の特徴。今回は、ジェノヴァに住む人からおすすめされたトラットリア(レストラン)で、絶品のシーフードランチを頂いた様子をご紹介します。

目次

海洋都市ジェノヴァとは

ジェノヴァは主に貿易港として栄えてきたイタリア有数の港町で、海の幸が豊富に獲れます。ジェノヴァはリグーリア州の州都にあたりますが、リグーリア州は西側がフランスと隣接しているため、ヨットハーバーやリゾートが多く存在します。

その中でもジェノヴァは山と海がどちらも素晴らしく、訪れる人に魅力的な風景を見せてくれる街です。リグーリア海岸では、時間帯や季節ごとにさまざまな表情を見ることができます。

ジェノヴァのおすすめレストランでランチ-01.JPG

ジェノヴァのおすすめレストランでランチ-02.JPG

ジェノヴァのおすすめレストランでランチ-03.JPG

こちらの写真は、ピサからジェノヴァへ向かって移動する電車の中から撮影したものです。このように海沿いの美しい眺めを味わいながら移動していくので、一人旅でも退屈することはありません。特に夕方の移動は夕日がキラキラと水面に反射している風景を見ることができ、ロマンチックなひとときを味わうことができます。

海を見てロマンチックな気分になった後は、シーフードを食べて身も心も海に浸ってみましょう。

ジェノヴァのシーフードはどんなものがある?

ジェノヴァのおすすめレストランでランチ-04.JPG

海の近くなので、ジェノヴァではいろいろな魚介類が手に入ります。特に料理でよく使うものや、魚介を使った有名な料理をご紹介します。

アンチョビ

まずは、塩漬けしたイワシをオイルに漬けたアンチョビ。イタリア料理では調味料としてとてもポピュラーな食材です。ジェノヴァの近隣のラ・スペツィアのものが有名ですが、もちろんジェノヴァでもイワシは獲れます。

bianchetti al limone(ビアンケッティ・アル・リモーネ)

シラス(イワシなどの稚魚)を茹でてオリーブオイルとレモンで味付けしたシンプルな料理「bianchetti al limone」(ビアンケッティ・アル・リモーネ)は、シンプルながら間違いない美味しさです。日本でいえば、シラスにすだち醤油をかけたものという感覚に近いです。

buridda」(ブリッダ)

スープ類も見逃せません。トマトベースの「buridda」(ブリッダ)はリグーリア風の魚介スープ。塩抜きしたアンチョビをたっぷり使い、濃厚な味わいに仕上がっています。

baccala(バカラ)

そして、船乗り文化のあるジェノヴァにおいて、忘れてはならない料理が「baccala」(バカラ)です。バカラは主に北イタリアで親しまれる保存食で、干したタラのことです。これを塩漬けにして水で戻して、フワフワの状態にしていただきます。

独特の味わいがありますが、魚文化に親しんでいる日本人には身近に感じられるのではないでしょうか。ツナサラダのさらにアッサリしたもの、もしくはハンペンを細かくしたもの、と言うとなんとなくイメージできるかもしれません。

シンプルな味付けなので、日本人にも食べやすい!

このように、ジェノヴァをはじめとするリグーリア地方の料理は、魚文化に親しんだ日本人にとって食べやすく、親しみやすいものが多いです。味付けは、魚のグリルにジェノヴェーゼソースとオリーブオイルをかける、といったシンプルなものが好まれる傾向があります。

ジェノヴァ地元民おすすめの店に行ってみた!

加工済DSC00314.JPG

それでは、ジェノヴァにある美味しいお店をご紹介しましょう。こういった情報は、地元に住んでいる方の意見を参考にすると隠れた名店を見つけられることが多いです。今回は滞在していたホテルのオーナーから、おすすめのレストランを紹介してもらいました。

いくつかのお店をおすすめしてもらったのですが、この日は年末の時期だったため、少し予約が取りづらかったです。ホリデーシーズン、バカンスシーズンに旅行を考えている方は、気になるお店を早めに予約しておいた方が安心ですね。

この日は「Trattoria Rosmarino(トラットリア ローズマリーノ)」でランチをすることに決定。早速行ってみましょう!

Trattoria Rosmarinoの立地について

お店はドゥカーレ宮殿のすぐ横にあります。ドゥカーレ宮殿は美術展などを開催しているので、予約の時間に合わせて美術鑑賞をするのもいいですね。場所はフェラーリ広場の角で、広場から路地をのぞくと看板が見えるので見つけやすいです。

開店と同時に入ったので最初は空いていましたが、あっという間に満席になっていました。本当に人気店なんですね!私のような海外からの旅行客のグループも何組かいましたが、その他は地元のおじいちゃん同士の集まり、家族連れ、カップルなどジェノヴァ地元民と思われるお客さんが多い印象でした。

それほど席の数は多くないうえに、とにかく人気のレストランなので、行きたい日時を予約しておきたいところです。

それでは、料理を注文していきましょう! 店内の黒板には、オススメのメニューがびっしりと書いてあります。

ジェノヴァのおすすめレストランでランチ-05.jpg

フワフワのバカラは意外とボリューミー!

ジェノヴァのおすすめレストランでランチ-06.JPG

まず、前菜として「Baccara brandacujun(バカラ)」オーダー。お値段は9ユーロ。すると、思っていたよりも大きいバカラが登場しました。小食の方はもしかしたらコレだけでお腹いっぱいになってしまうかもしれませんね。

魚の旨味と塩気をしっかりと感じることができ、かつアッサリとしているので食べやすく、ワインにもよく合います。タラの白身の良さをとてもよく引き立てている料理だと感じました。上に乗っているものは干しタラの一部でしょうか。お煎餅のようなポリポリとした食感がアクセントになっていました。

日本のオシャレイタリアンでよく見るような、小さなスプーンなどに一口サイズの前菜では足りない!という人も、これぐらいのボリュームなら満足できるはず。

初めてのシーフードカルボナーラ。お味は......??

続いてはパスタを選びます。しかし、何を食べようか迷った私は、隣のテーブルのオーダーを参考にすることに......。

日本人の若いカップルは、それぞれ「パスタジェノヴェーゼ」と「ローズマリーノ風ラザニア」を一品ずつチョイス。一方、反対側に座っていた地元の常連さん風のおじさん2人組がオーダーしていたのは、「Taglierini alla carbonara di mare(シーフードカルボナーラ)」(10ユーロ)。

ローズマリーノ風、とお店の名前がついているメニューはとても気になりましたが、今回私はシーフードカルボナーラを選びました。一体どんなものが出てくるのでしょうか?ちなみにカルボナーラはローマ発祥で、パンチェッタ、卵黄、パルミジャーノレッジャーノもしくはペコリーノロマーノチーズと、黒胡椒を使った濃厚なパスタです。

そのシーフードバージョンというのがこちら。

ジェノヴァのおすすめレストランでランチ-07.JPG

こちらのお店で使われている麺「Tagllierini」(タリエリーニ)は平たいパスタで、日本でもおなじみの「Tagliatelle」(タリアテッレ)より少し幅が細い種類のものです。

日本では「サーモンとイクラのカルボナーラ」や「牡蠣のカルボナーラ」といったアレンジメニューを見かけたことがありますが、イタリアでは初めて食べました。魚介のダシがうまく麺に絡んでいて、クリーミーな味付けを邪魔することなく、お互いを引き立て合っているように感じました。

王道のカルボナーラももちろんですが、シーフードバージョンもとても美味しいので、見つけた場合はぜひ試してみてくださいね!

メインの「Spada alla ligure」とは。一体何が出てきたのか?

メインには「Spada alla ligure」を注文してみました。お値段は15ユーロ。実は注文した時、私のケータイの充電が切れかけていたので調べることができず、この一品は何かよく分からなかったのです......(笑)。

では、冒険で選んでみたこちらのメニュー「Spada alla ligure」は、一体何だったのでしょうか。

登場したのはこちら。

ジェノヴァのおすすめレストランでランチ-08.JPG

イタリア語で「Spada」というのは、英語では「sward」、日本語で「剣」のことです。どういうこと?と引き続き調べていくと、答えが見つかりました。

答えは「カジキマグロ」。なるほど~!カジキマグロは上あごが剣のように鋭く伸びた形状をしており、このメニューの名前にも納得です。

カジキマグロを食べたのは初めてだったのですが、アッサリしていてトマトソースとの相性が抜群でした。なんとなくキシキシした食感なのかな、と思っていたのですが、身がシットリと焼き上げられていて柔らかく、とても美味しかったです。

ジェノヴァにはたくさんのレストランがありますが、お手頃なお値段で美味しい料理を楽しめるお店も見つけることができますよ。地元の方からもおすすめも聞いてみながら、ぜひ行ってみてくださいね!

Trattoria Rosmarino 基本情報

住所:Salita del Fondaco, 30, 16100 Genova GE, イタリア
公式Facebookページ:https://www.facebook.com/Trattoria-Rosmarino-183774641648273/

撮影:yukaco

この記事と一緒に読みたい関連記事

潜水艦にガレー船...海洋共和国ジェノヴァの観光スポットが面白い!

焼いてから茹でるパスタ?ラ・スペツィアで頂いた名物パスタとは?

※たびこふれ編集部註

2019年7月29日、以下の文章を修正いたしました。

<誤:「Spada alla zigure」>
<正:「Spada alla ligure」>

<削除:つけ合わせのポテトも、思わずおかわりしたくなるほどよく合っていました。>
当メニューの付け合わせにつきまして、再度確認を行いましたが確証を得ることができませんでした。詳細が不明の状態であることから、記載を削除いたしました。

この度はご迷惑をおかけし、申し訳ございません。お詫びを申し上げるとともに、謹んで訂正いたします。

プロフィール画像
この記事を書いた人
yukaco
  • Facebook シェア
  • twitter シェア
  • はてなブックマーク  シェア
  • LINE シェア
  • instagram

記事投稿日:2018/08/26最終更新日:2019/07/30

Views:

イタリアのアクセスランキング

    © 2017 TabiCoffret Co.,Ltd.